遙かなる時空の中で3 Ultimate 白龍 将臣 リズヴァーン感想 ネタバレあり

おはようございます(*^_^*)。ブログに遊びに来てくれてありがとうございます。遙か3の記事、第四弾。今回は白龍、将臣、リズ先生の三人のキャラ感想です。

三人とも一筋縄ではいかないルートでしたね。時空越えまくって彼らを幸せにしましたよ。



では影のある将臣くんの画像の下からがネタバレ感想です。私が選んだ遙か3の画像は横顔ばっかりですね。
tw02.jpg
 



小さい白龍、可愛すぎです。仁和寺の桜イベントでの時空の狭間の話で「だから『さびしい』じゃないよ」ってニッコリしながら言う白龍は健気で天使そのもの。もしかしてこのゲームで一番好きなシーンかも。毎回同じ選択肢にしてました。大きいバージョンも美しくて素敵だけど、チビ龍になれてると、違和感半端ないですね。最初に大きくなった時は衝撃が走ったし、それからも毎回あーあ、大きくなっちゃったよって思いました。ピカチュウをライチュウに進化させたくない気持ちと同じですかね。。。

大きい白龍、傷を治すのに顔を近づけたりして、油断してると危ないです。これからは一緒に寝ちゃダメ、とあからさまに譲くんに牽制されるのもわかる気がする。これ以上ライバルを増やしたくないいんだな、君は。白龍ルートの鎌倉で景時さんに白龍への気持ちを聞かれるシーン、人間以外の存在に恋する大変さを知ってる人から言われると心にズーンときます。白龍ルートでは白龍が消滅してないだけで朔に申し訳ない気分でした。

白龍はとても素直で尽くしてくれる、ピュアすぎる存在。白龍は源氏側についてるわけではなく、神子と一心同体って感じでいつでも神子の味方なので神子が何をしても肯定的です。盲目的な愛を注いでくれました。

ところで、白龍の逆鱗ってなんかの拍子でパリンって取れちゃいそうですね。あれは包帯かなんかで保護したほうがよろしいかと。今思いついたんだけど、京の火災の運命を何回もこなせば、たくさんの人が逆鱗をゲット出来ますよね(゚д゚)?すごい人数の白龍をあの世に送っちゃうけど。便利だろうなあ。持ってたら。



将臣ルートはとにかく切ない(;_;)。普通の幼馴染ルートかと思ってたら、まさかの敵のボスルート。戦いでぶつかり合い、源氏として戦う神子を受け入れる将臣のスチルはなんとも言えない儚さがあって好きです。神子への気持ちを諦めて平家と運命を共にする決意を決めた後の顔、いつもの明るい表情ではなく憂いがあるんですよね(上に貼ったスチルです)。神子も平家を大事に思う将臣の気持ちがよくわかるから源氏側に来いと言えない。惹かれあってるのに、引き裂かれる運命。涙。この辺の切ない展開は最高でした。将臣のヘンテコヘアスタイルが気にならなくなるくらい没頭。

色々な場面で平家のシーンに切り替わるから平家の事情もよく理解できていいですね。神子が平家側につかないのに、感情移入できる作りってすごいです。終盤、平家が追い詰められてる頃の切ない事(;_;)。将臣がほうって置けないのがわかります。知盛、敦盛、将臣ルートプレイしてると平家側についちゃおうかなって思ってしまいます。そしてマップパートのおかげで平家の都落ちってのが理解しやすい。どんどん、京から離れていく(;_;)。小憎たらしい維盛や清盛まで不憫になってきます(それに比べて鎌倉側はだんだん本性を現していく、と)。

ところで将臣と戦う時、せっかくだから弟も参加させたんですが(非道)、敦盛くんをかばった際、『こんな敵にやられるわけにはいかないからな』と譲くんが言い放って、将臣が可哀想になりました。やっぱり兄は目の上のたんこぶ的存在なのか。でも倒した後、兄さん。。。。と呟いてたから深い意味はなかったのでしょう。



リズ先生ルート。これがまた、すごい内容で、この人のルートだけで一本ゲームできちゃうんじゃないかってくらいの壮大なシナリオ。そして未だかつて攻略キャラをこんなに追いかけたことはない。ザ・執念。by ストーカー神子。ちょっと恐ろしく思えてしまった(ごめん、神子殿)。

先生を好きになると神子が死ぬ運命に向かってしまうなんて非情ですね(;_;)。神子が自分を好きにならないように先生が突き放すのが切ないなあ。それでも先生ったらつい頭を撫でてしまったりするんですよ、(;_;)。心の距離が近づいてる気がするのに先生が離れて行きたがるのが理解できなくて辛いんです、神子も私も。

こういう立場のキャラっていつもだったら他のルート攻略中に救ってあげられないから後ろめたく思ったりするんですが、リズ先生の場合、自分を好いてくれない方が神子が助かって嬉しいって思っていそう(;_;)。ブワッ、切なすぎる。要所要所で意見を聞こうとしても神子に影響を及ぼすのを恐れて何も言ってくれないリズ先生。だから個別ルートに入るまではすごく素っ気なく感じてしまったし。。。損してます。本当に不憫な立ち位置です、先生(;_;)。先生の愛は無償の愛でした。

リズ先生の十六夜エンドへ到達するのが難しくて参りました。春の京都で九郎と一緒に過ごせばいいのか、いけないのかわからなくて。白龍の助言が理解できず時空の狭間で長時間迷子になりました。行けって言われた場所にたどり着くと、どこかで運命間違えてるよって指摘されるってのを何回も。春の京都と夏の熊野を行ったり来たり、10周以上はしたかな。



遙か3の記事は平泉のお二人と知盛くんを残すのみとなりました。ゲームが長いから、感想も長くなってしまう(゚д゚)。ここまで付き合ってくださりありがとうございました(*^_^*)。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

きぬさんこんばんは(o^。^o)。ブログに遊びに来てくれてありがとうございます!遙か愛が止まらなくて感想がとんでもない長さになってしまい申し訳無いです。

きぬさんのおっしゃる通りで、1周目どうにかいい方向に持っていけるのかな思ってるプレイヤーにびっくりの強制バッドエンドですよね。面白くてやめられませんでした。

相変わらず好みのキャラが似ていて嬉しいです(^▽^)。でもね、まだまだいるんですよ、好きなキャラが。フフフ。

んん、BASARA?前に友達に借りて読んだ気がします。将臣設定の方がいたんでしたっけ?髪型で思い出したんじゃ無いですよね。内容忘れちゃいました。また借りないと。

本当にリズ先生は見守り系のお手本のような人です(*^_^*)。神子に人生捧げちゃってるので、幸せにしないと申し訳ない。

感想を書き終わったら、きぬさんのブログの遙か3の記事を読みに遊びに行っちゃうと思います(*^_^*)。その時はよろしくです(^▽^)。
非公開コメント

プロフィール

けーぴー

Author:けーぴー
乙女ゲームやめられません。
好き勝手にプレイ済みの乙女ゲームの感想書いてます。
ネタバレ感想ばかりです。

ブログ村

ブログ村参加してます。

カテゴリ

ブロとも申請フォーム