ピリオドキューブ〜鳥籠のアマデウス〜 感想

こんばんは。前回と前々回の記事に拍手ありがとうございます(* ´ ▽ ` *)とても嬉しいです。ピリオドキューブ終わりました。あっという間の出来事で呆然としています。前の記事であんまり進んでないって書いたばっかりなのに(°_°)。Historyというページのお陰でバッドエンド回収が簡単だったからっていうのもあるんですけどね。

ここからネタバレありの感想です。
period-cube_2_180x150.jpg
うーん、誰か一人選ぶとしたらラディウスかな。(何様のつもりだ)。アストラムも捨てがたい。

※「ピリオドキューブ ~鳥籠のアマデウス~」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社に帰属します。



MMORPGって設定なので自分がアルケイディアをプレイ出来そうで出来ないのが地味にストレス来ますね。レベルアップをしたいのに全然主人公のレベルが上がらなくて足手まといなのが悲しい。主人公は神剣スキルが発動しない時攻略キャラに頼りっきりです。もっと戦いたい(;_;)。そして私はドラクエとかプレイ中HPが減った時すぐに魔法やアイテム使って回復するタイプなんで攻略キャラや主人公のHPが減ってるのを無視して行動してるのを見てるのとハラハラします。好感度確認のページでHPをチェックしては早く回復してくれいと突っ込んでました(°_°)。

メインのテーマ、あんまり深く理解出来ないままフルコンしてしまった気がする。肉体の死によって精神が永遠に生きる道が開く、みたいな感じ?ルートによってはアカシックレコードも登場するのがさらに私を混乱させました。ゲームとアカシックレコードって私にとっては全然違うジャンルの物なのでわけがわからなくて。ポヨポヨルートでアカシックレコードの図書館みたいな所にになぜ子供の頃行った事があるのかとか詳しく説明してほしかったな。

このゲームかなり恋愛描写が唐突な印象を持ちました。攻略キャラがすぐに主人公を好きになる。好きになった理由がよくわからない。それにヒロヤとアストラムはともかく、ディメントやラディウスみたいな人が主人公を好きになるかな?お子様相手にしなそうだけど。ま、これ言っちゃあおしまいですね。

アストラムルートは周りが彼の事を良く理解しててよろしいです。エロ天使ルート結構気に入りました。こんなキャラはサブキャラでもあまりいません。ゲーム内での痛い彼と現実での挙動不審な彼のギャップがたまりません。筆頭天使様に幸あれ。

ラディウスルートは王道ヒーロルートですよね。一匹オオカミが嫌々主人公を助けてるうちに好きになる使い古された設定、大好きです。まあ、私はラディウスの外見も武器も好きなんですけど。ところでプラネタリウムデートってガラスの仮面の速水社長ですか、貴方。とにかくアイドルは結構面倒見がいいので安心して頼っていられます。

紘也ルートは幼馴染ルートで感想は特になし(ごめん)。ラディウスに任せっぱなしなのに関わらずいきなり戦いを挑んだりして考えなしだなあって思ったくらいかな。紘也くんがアストラムの事をエロ天使って呼ぶのは好きです。アダ名王。

ディメントルートは囚人とペンパルしてるうちに好きになって獄中結婚しちゃうアメリカ人女性を思い出させる展開でした(説明が回りくどい)。彼はアルバイトしてる間に無意識になったりしてるのかが気になりました。理解がある店長で数時間気を失ってる時はそっとしておいてくれるのかな?他のルートで普通にレジに立ってるっぽいし。

リベラルートはプロットが面白くて、特にお兄さん関連の話が良かったです。というか、お兄さんの方を攻略したい。石田ボイス。お兄さんが消えちゃうシーン悲しすぎです。このルートでも兄さん救済出来ればいいのに。こっちの兄様の方が志貴さんより断然好みです。

ザインは今私の中で流行っている無機質キャラ。ほんわかしていていいんですが、他ルートで兄さんに変わるのが不気味でちょっと引いちゃいます。彼相手だと兄さんが終盤で手こずるのが面白い。バイト君乗っ取っちゃってるエンド、主人公ちゃんが全然平気なのがまた怖いです。

兄様ルートは鳥海さんがポヨポヨ、大人の兄さん、子供時代、と演じ分けてるのは素晴らしいんですがポヨポヨが苦手な私にはほとんどがポヨポヨとの会話で成り立つこのルートが辛うございました。でもグッドエンドで子供の時にもらったぬいぐるみがポヨポヨだった事がわかった時は私だってジーンとしましたよ。ところで、私兄様がピリオドキューブを完成させるのに必死になってる理由は主人公が死んでるからなのかなとか色々深読みしましたがそんな事もなかったな。素朴な疑問なんですけど人格がデータになったら永遠に生きられるって言ってるけど、サーバーがある場所が火事になったり、停電になったらどうなるのかなってプレイしながら考えてたんですけどどうなんだろう?

ストックホルム症候群+吊り橋効果=ピリオドキューブってのが私のプレイ後に残った印象ですね。何気に未成年にお勧めできないゲームじゃないかな?プレイヤー簡単に死ぬし、病んでるキャラ多いし。ところで私がピリオドキューブを買った理由はずばりソードアートオンラインに設定が似ているから。色々設定が被っているのが私にはグッドでした。欲を言えばもう少しRPGのような自由度が欲しかったかなと思います。マップを回れるとか、ミニゲームで戦って経験値を上げ、レベルアップする事でアマデウスゲージが上がるとか。

ところで話は変わるんですがやっと横にtwitterのボックスをつけられました。twitterを通じてさらに乙女ゲームの世界を楽しめたらなあと思っています。早速相互フォローしてくださったブロガー様ありがとうございます!(^∇^)前に作ったアカウントなんで自分のプロフィールなどを久しぶりにチェックして見たらかなりの不審者ぶりを発揮していたのでちょこっと直しました。

次にプレイするゲームはCollar x Maliceにしました。社会人の主人公、楽しみです。


コメント

非公開コメント

プロフィール

けーぴー

Author:けーぴー
乙女ゲームやめられません。
好き勝手にプレイ済みの乙女ゲームの感想書いてます。
ネタバレ感想ばかりです。

ブログ村参加してます。

カテゴリ

月別アーカイブ

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11