戦国時代の次は大正。遙か6幻燈ロンドへ行きませう

こんばんは。花朧の記事と前に書いた記事などに拍手ありがとうございます!偏ってるし長すぎるし、このような癖があるブログに遊びに来ていただけてとっても嬉しいです(*^_^*)

花朧への愛がトロコン後も衰えずVitaのメニューページを信玄様のスチルにしたり楽曲の画面から好きな曲を聞いてたりしてました。アイコンとアイコンの隙間から見える信玄様に癒される。ニヤニヤ。ちなみにスタートページは灰鷹のサイケデリカ、他のメニューページは百夜綴りのスクリーンショットにしてます(誰も聞いてない。けどさらに詳しく言うとラヴァンと家光様と辰影様)。浮気性なので入れ替わりが激しいです。元のカスタムテーマは遙か6だったんですけど、少しずつ背景を変えてるうちに遙か6の画像はなくなってしまいました。BGMだけが寂しく遙か6を主張しております。

とにかく花朧を引きずりながら乙女ゲームをしては次に選ぶゲームに申し訳ないと思い、数日ほど真かまいたちの夜をプレイしてました。しかし金田一少年の事件簿の漫画でも最後まで全然犯人がわからない推理力ゼロの私にかまいたちの夜は無謀だったのかもしれない(;_;)。ずっと犯人がわからず何十回も殺されてしまいました。攻略サイトのヒントを見ながらプレイしてなんとか事件が解決。まだ既読率が29%なのですがこれ以上プレイしても辛いだけなので放置することにしました。やはり乙女ゲーム以外はトロコンする気が湧きませんね。

まあ良い気分転換にはなったので、乙女ゲームに戻る事にしました。選んだのは遙かなる時空の中で6幻燈ロンド。ところで、はるかって遙かって漢字書くんですね。私今まで遥かって書いてました。恥ずかしい。この前杉田さんが遙かなる時空の中でのことをtwitterで呟いてた時、どなたかが指摘していて知りました。前に書いた記事を直しましたが気をつけないと。すみませんでした。

遙か6、本編プレイしたのそんなに前じゃないのに幻燈ロンドで流れる音楽が懐かしくて懐かしくて。。。嗚呼、大正に戻ってきました。では銀ブラしたり浅草に遊びに行って参ります。

コメント

非公開コメント

プロフィール

けーぴー

Author:けーぴー
乙女ゲームやめられません。
好き勝手にプレイ済みの乙女ゲームの感想書いてます。
ネタバレ感想ばかりです。

ブログ村

ブログ村参加してます。

カテゴリ

ブロとも申請フォーム