悠久のティアブレイド Fragments of Memory 感想

こんにちは。前回の記事に拍手、訪問ありがとうございます。神凪ノ杜のキャラ人気投票を見つけてウキウキしながら読みました。主人公が健闘してて驚いた。私はどうしても男に一票を貢いでしまうタイプなので、主人公に投票する方の票はまさに清く一票だなといつも思います。一位は大納得のキャラでした。ニヤニヤ。

話変わりますがやっとティアブレイドFD終わりました。ゲーム性ゼロなのに結構時間がかかっちゃったな。読み応えがあるFDでしたね。

ティアブレのオートモードはボタンでセリフを早送りしても解除されないのがすごくいい。長いセリフの時についついボタンを押しちゃうのでオートモードをつけ直す手間が省けて嬉しい(同じ悩みを持つゲーマーはいるかわからんけど)。

メニュー画面はとてもスタイリッシュ。未来っぽい(馬鹿丸出しの感想で恥ずかしい)。年表を行ったり来たりするのがややこしかったけど昔の話を知れるのはグッド。読めば読むほどスッキリしました。やっと完結するって感じでしたね。本編でさらっとしか触れていなかった過去を詳しく説明してくれて嬉しい。理解が出来るかどうかは別として(私の脳のキャパ問題)。

前作は3000年前何があったか登場人物達もよく分からずもがき苦しむシナリオだった気がしますが今回は一息ついた所で過去を振り返ってみよう、って感じだったな。ずっとしんみりムードではなくもちろんロボット戦闘には巻き込まれますけどね。ハハハ。

選択肢はないけど内容はとっても濃いです。ティアブレの世界観を理解する機会を作ってくれたオトメイトに感謝。前作が物足りないと思った方でもこの作品を手にとってもらいたいなあと思わせる良作でした。

ではここからネタバレ感想です。

















icon_c4.jpg悠久のティアブレイドはロウのロウによるロウのためのストーリーだったんですね。FDでやっとわかった(遅い)。



選択肢が全くないので緊張感がなく、寝落ちばかりしてしまいました。だからと言ってこのゲームに選択肢が必要かと聞かれたら答えは否ですよね。これにバッドエンドの選択肢とか入れても違和感いっぱいになりそう。ただの蛇足になっちゃう。

選択肢がない代わりにランダムに解放されるストーリー、どれから選んでいくのが選択肢みたいな物なのかも。貴方にとって過去と未来どちらが大事なのか問われてる様な気分でプレイしてました。私は最初に過去の話を出来るだけオープンしたなあ。

それにしてもイブが2人、クレイドルが2人でややこしい。イブ(姉)はイブ(妹)の事をイブと呼ぶし、クレイドルはお互いの事をわたしと呼ぶんでわけわからなくなります。


エクリプス編
月にたどり着くのに時間が1960年代よりかかってるのが逆にすごい。というか滅茶苦茶気になってアポロ11号が何日かかったか調べてしまった。4日と6時間ですってよ、奥様!!ティアブレイドは宇宙飛行用に作られてないからしょうがないんですかね。トイレ問題どうしてたのか教えて欲しい。ハハハ。まあそれは置いておいて荷物を置くところで揉めるイベント、わちゃわちゃしていて最高でした。

私は月のイベントより過去のサブキャラ達のお話が沢山読めたのが嬉しかったな。ロウのお父さんの話とかクレイドル・ワンと鼠の話。切ない。




ここからキャラ別感想です。あまりキャラ別感想に書く事、思いつかない。短いです。

シュド
声はとってもいいですね(どうしようもない感想でごめん)。すみません、ぼーっとしてたらfutureストーリー終わってた。ボロボロのティアブレイドを再稼働させる葛藤とかがあったような気がするんだけど、そのあとどうなったかは集中してなかったからわからない(感想書く資格なし)。
シュドって苦労性ですね。頼られる性分なのかな。シュドは他の人のルートのサポート役で光ってますよね。頼もしい。


アタルヴァ
彼のストーリーが一番面白かった。ミイラ取りがミイラになっちゃうのがアタルヴァらしい。自分が力不足ってわかっていても努力して結果を出す所がアタルヴァのいい所ですよね。本編では諦めちゃった事もあるけどもう今は自分を信じて進めるようになったのが素敵。やっぱりロウとアタルヴァって似てるかも。


ヤジュル
改めて2人を見ると保護者と子供みたいだな。でもヤジュルの方がイブの存在に癒されていて頼ってるみたい。お風呂シーンとかきわどくてハラハラした。マイカさんが向こう側のスパイだと思ったら操られてただけだったのが残念。ヤジュルルートはスリル満点なのにヤジュルさんが頼り甲斐があるから安心感たっぷりでもある不思議ルートでした。


2人のクレイドル
クレイドルのボイスがiphoneのsiriにぴったりじゃない?カッキーのボイスが採用されたら永遠にsiriとくだらない会話しちゃうね。『Hey Siri私の事どう思ってる??』なんて聞いちゃったりして。えへへ。(ごめん妄想のしすぎで阿呆になった)。

クレイドルが一番子供を作るのにこだわってる気がしたな。AIだからそういう機能に興味を持った、とかではなくとても人間っぽい理由だったよね。

人間になれた事が嬉しくてたまらないクレイドルを見るのはプレイヤーとしても嬉しいです。よかったね。

クレイドルがアタルヴァって言う時の『ヴァ』の発音がすごくよくて何回も聞いてしまった。本当にvだよ。ハハハ。


ロウ
ロウはこのFDのヒーローでした。他の攻略キャラは新イブをシェアしなくてはいけないのに旧イブを独り占め出来るのはずるい。アフターストーリーのロウの思考、相変わらずちっさい事気にしてるのがロウらしくて良かったです。自分に自信がないからこういう卑屈な思考になってしまうんでしょう。

前作では心がくしゃくしゃになっていて自暴自棄になってたけど今作では旧イブのおかげかとても落ち着いていて(ギルに告白した夢を見た時以外は)元の彼の性質に戻った気がしました。本当はとても素直で正しい人なんですよね。過去の自分が犯した罪を忘れず、ちゃんと向き合ってそして前向きに生きていける所は彼の長所であり、成長した部分ですね。

プロポーズのグダグダ感が微笑ましかった。イブの勘違いに気を落とさずちゃんとプロポーズを続けるロウが男らしくて感動。2人には本当に幸せになってほしいですね。

ギル
沢山の乙女がギルを攻略したいとアンケートに書いたから何故攻略出来ないかをFDで説明してくれたのかな。ハハハ。なんだか新しい手法。この2人ってマイナスからスタートの私好みの関係じゃないですか。やっぱり攻略出来ないのが残念。ううう。でもしょうがない気がしてきた。こういう思いを乗り越えてきたら今更恋愛とかではないですよね。絶対に恋仲にならないと決めたら好きにならない頑固な所、ありますよねこの2人。血は繋がってないけど似てますね。


こんなわけでティアブレFDは選択肢がないのに楽しめる不思議なゲームでした。本編より楽しめたと思う。アニメにぴったりな話だよね、なんだかアニメにならないのが勿体無い気がしてきちゃった。





 

コメント

非公開コメント

トラックバック

プロフィール

けーぴー

Author:けーぴー
乙女ゲームやめられません。
好き勝手にプレイ済みの乙女ゲームの感想書いてます。
ネタバレ感想ばかりです。

ブログ村参加してます。

カテゴリ

月別アーカイブ

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11