神凪ノ杜 五月雨綴り 感想

こんばんは。前回の記事に拍手ありがとうございます。神凪ノ杜やっと終わりました。始めた時は展開がノロくて『これは私に合わないかもしれない。。(°_°)』とハラハラしましたが3人目くらいからやめられなくなりました。神凪マジック恐るべし。

神凪ノ杜は病気のお祖父さんの代わりにオバケや妖怪関連で困ってる人を助けるよろず妖屋で働く事になった女の子のお話。妖屋の先輩達と事件を解決していきながら家族や仲間の過去と向き合っていく結構重めのゲームでした(あらすじが相変わらず適当ですまん)。

主人公にまつわる謎は徐々に明らかにされていくので、最初にやった個別ルートがイマイチだと思っても是非最後までプレイしてほしい作品です。徐々に面白くなって行くから、途中下車は勿体無い(゚д゚)私も最初は何回も寝落ちして辛かったけど最後までプレイしてよかったと今では思うので、皆様にも最後のキャラまで踏ん張ってほしい!(うざい主張ですまん)。

vita版はPC版で別々に売られていた妖狐奇譚と龍神奇譚が一緒になっていて収録されてます。選択肢の選び方によってどちらかに分岐していくので攻略順は比較的自由なのですが妖狐奇譚のキャラ(宋太、直、市丸)を先にプレイした方が話がわかりやすいと思います。

ゲーム内ではいつも雨が降ってるので梅雨にプレイするのにぴったりのゲーム。雨がテーマなのかな?とてもしっとりしていて落ち着いた雰囲気。元気いっぱいの明るいゲームをプレイしたあとにちょっとゆっくりめのゲームで一休みしたい時におすすめの作品です。後半シビアな展開待ってるので要注意ですけどね。終盤は休んでる暇ありません。

ではここからネタバレ感想です。


 




















ky_twicon05.jpg旭がすごくよかった。顔だけじゃないんですよこの方は。ニヤニヤ。




神凪ノ杜って邦画っぽいですよね。淡々としていて雰囲気が重め。縁側から原節子さんが登場しそう(古い)。インテリアも昭和っぽくていいです。テレビかPCだかわからないけどモニターに丸いレースのカバーがかかっているのが一周回って乙ですね。フフフ。あとピアノのカバーと椅子。昭和生まれの私のおばあちゃん家にあったものを今時の高校生が使っているのを見るのは感無量。黒電話と同じくらい絶滅危惧種だと思ってた。なんとも言えないレトロなインテリアがゲームに絶妙にマッチングしてます。背景係さんの仕事素晴らしい。


ではここからキャラ別感想行きます。攻略順です。


妖狐奇譚

このゲームって始まり方が唐突ですよね。でもこの事件に巻き込まれて行く感じがこの話のテーマって感じがする。運命の渦に巻き込まれて行く感覚。その青天の霹靂感を瑞樹とプレイヤーが共有出来るようになってるんでしょうね。製作陣が一枚上手だわ。


沢木宋太
ky_twicon03.jpg
あまり興味なかったんだけどいつの間にか宋太君ルートに入ってた。無難な幼馴染ルートって得意じゃないんだけど宋太君はピアノが上手いので少しは許せる感じ(何様だ)。ピアノ上手いキャラは各乙女ゲーに1人は欲しいね。ハハハ。

共通ルートでの最初の選択肢が『俺のこと覚えてない?』なんだけど、これプレイヤー的には全く記憶がないのに覚えてるって嘘をついて好感度を上げる事に罪悪感感じました。出会って(再会か)5分で嘘ついてるよ。いいのかね。

このルートの女友達(花山さんだっけ?)、ウザいですね。宋太君の事気になっててもあんなにおちょくられたら嫌になります。高校生のハートはデリケートなんですからからかわれたらうまく行きそうな恋もギクシャクしてしまうわい。

宋太君ルートはバッドエンドがあまりにも衝撃的すぎてグッドエンドの感想が吹っ飛んでしまった。だって安易に二人とも死んじゃうから。お兄さん、お母さんを亡くして残された者の辛さを知ってる二人だろうにすごく簡単に死を選ぶのが不可解。おまけに辰蔵の離れ家が事故物件になってしまうし、いい事ありません。攻略キャラに殺されちゃうバッドエンドは大歓迎(問題発言)だけどこういうのはちょっといただけないかな。鬱蒼としたエンディングでした。じめじめ。

宋太君は控えめであまりパッとしないままルートが終わっちゃいました。地味っていうのかな、ルートが。お兄さん関連の葛藤もお兄さんがもう死んじゃってるからドラマティックではないし。淡々と母の現状を受け入れて終わる、みたいな感じでした。多分。オートモード駆使してたから母との関係が良くなったか気づかなかっただけかな。でもエピローグで親戚のおじさんがサポートしてくれるって言ってたし、まだ未解決、ですよね??



仁科直
ky_twicon02.jpg
直先輩は面倒見がよくて嬉しい。葵君はいじらしくて可愛くてしょうがない。聞き分けいいし素直でちびキャラランキングでいい線行けそう。ひどい母が登場した時可哀想だったな。あんなチビになんて事言うんだよ。ううう。

宋太ルートよりもう少し込み入った話で面白かった。瑞樹の前の学校の子の話もグッときたし、仁科家の父が人柱になる件も感動した。いきなりエンディング来てちょっとびっくりしたけど。特にバッドエンド。宋太の時はスチルあったのにこっちはないのは直の事を瑞樹が忘れてしまったから終わりもさっぱりした物になってるのかな。記憶にない男とスチルになるようなイベント発生しないよね。納得。

直先輩ルートでも周りのモブ生徒におちょくられる。こういうのって他の乙女ゲーではあまりないから戸惑う。いつもの乙女ゲーでは命がけの生活してるからこういう微笑ましい学園のシーンはない(と思ってたら龍神奇譚パートに行ったら命がけのお話になり高校生活全く無くなっちゃった)



市丸
ky_twicon04.jpg
だめだ、線香花火イベントが可愛すぎた。今思い出してニヤニヤ。こういう大人キャラが大人気ないことするのっていいですよね。子供っぽいキャラがすると効果薄いけど。文化祭のコーヒー飲むシーンでも可愛かったし、市丸って可愛い枠なの?

囲碁を通して2人の距離が少しずつ近づいていく描写が丁寧で好きです。2人とも2人の時間を大切にしてるのがわかって微笑ましい。負けず嫌いな所も可愛いぞ、市丸よ。

てな感じでほのぼのルートを楽しんでたら一気にシリアス調に。黒雨の方がヴィジュアル的に好みなのが困る。三角関係ルートじゃないのに心は黒雨に奪われかけてるワシ。ハハハ。この展開は想像してなかったな。黒雨は狐のままこのゲーム終わると思い込んでた。よく考えたら日向も犬でしたね。ワンワン。忘れてた。

市丸って名前、最近つけたにしては辰蔵さんえらくレトロな名前つけたな〜とは思ったけど、ちゃんと理由があったんだね。黒雨とは別の人格なのはわかってるんだけど文乃さんの事どう思ってるのか気になっちゃう。

最後黒雨消えてハッピーエンドになったけど、なんで市丸が生き残れたのかよくわからなかった(ながらプレイやめるべき)。



龍神奇譚

こちらのパートに入ったら急に記憶なくしててこれまたびっくりしました。日向の余所余所しさが胸に刺さる。ううう。

龍神編に入ったら色々真相が出てきましたね。面白くなってきた。それにしても龍神編プレイすると母上が死んだ後旭についていかなきゃ良かったと思いますよね。ひどい事になっちゃった。瑞樹ちゃん可哀想だ。

それにしても龍神編では市丸も妖狐もおとなしくしてるんですね。不思議だ。



日向
ky_twicon06.jpg
とにかく声が無駄にエロい。ハハハ!キャンキャンうるさそうな外見してるけど声は落ち着いてる。

日向は瑞樹が記憶を無くしたおかげで二人は家族から恋人に昇格出来た気がする。高耶には不本意だけど感謝しないと。ハハハ。記憶無くさなきゃ瑞樹はずっと日向を弟みたいに扱ってたと思う。だって普通だったら飼い犬とどうにかなりたいなんて絶対思わない(ひどすぎ)。

日向の忠犬っぷりが有難いんだけどボロボロになっても守ろうとしてくれるのが辛かった。高耶の方が全然強くて歯が立たないのがいつもの乙女ゲーに出てくる頼り甲斐がある攻略キャラとは違って新鮮。結局他の攻略キャラに助けられる始末。でもこの情けなさがいい。なんだか飼い犬のチワワが暴漢から守ってくれようとしてるみたいで微笑ましかった(だめだ、もう攻略キャラじゃなくてペット扱いになってる)。

瑞樹が妖が見えなくなってしまうしか方法がないから今まで決断出来なかったのだけど、瑞樹を守るために勾玉を使うシーンに感動。自分の思いを抑えて相手を助ける攻略キャラの行動って泣ける。「俺の幸せは、俺の大切な奴が幸せでいることだ」と日向が言うシーンがあるんですが有言実行というか本当に瑞樹を幸せにするために自分の幸せを諦める事が出来るんですね。泣ける。さすが忠犬ハチ公(真面目な感想が最後の一言で台無し)。

これ以外も結構はっきりお前が大事とか言ってくれるのがいいですね、日向は。まっすぐに気持ちを伝えてくれるから安心して好きになれます。最初から最後まで一貫して味方だし。

グッドエンドがメリーバッドエンドみたいで印象に残りました。二人だけの世界でこれから生きていく。特に瑞樹は憑き物が落ちたみたいな清々しい表情をしてますよね。辛いことが多かった2人だから幸せになってほしいです。



ky_twicon05.jpg
旭ルートは最高でした。キャラ良し、ストーリー良し。ただの真面目人間(真面目妖?)だと思ってたらまさかの敵キャラ。だと思ってたらドンデン返しで味方だった。瑞樹のママを殺してのはではなくただの瑞樹一筋っ子だった。日向より前からの知り合いだしな。。そんなこといったら前世からの知り合いの市丸と東雲にマウント取られそうだけど。

瑞樹を守る二人の妖がアサヒとヒナタで太陽っぽい名前なのがすごくいいですね。そして瑞樹を傷つきかねない立ち位置の黒雨(市丸)と東雲は悪天候ぽい名前。ふむふむ深い(我が考察は浅い)。日向は堂々と瑞樹の隣で守ってるのに対し旭は日陰の身って感じなのが不憫。でもこの控えめなストーカーっぷりが健気で好きになる。ストーカーがいいと思っちゃうなんて危ない趣味に目覚めそうだ。

それにしても瑞樹ちゃん記憶失くしすぎ。旭との記憶消されて、龍神奇譚の序盤で消されて。脳にダメージ来ますよ。

ところサカキの外見って抜群じゃありません?私好みで困る。ハハハ。花山さんに悪いが是非攻略したい。



東雲
ky_twicon07.jpg
待ちに待った松岡ボイス。でもあまり恋愛してるって気分じゃなかったな。真相ルートって恋愛がおざなりになっちゃいますよね。いや、神様相手だからこそいつもと一味違った恋愛の方が信憑性があるのかも。終わり方もとっても綺麗だし。映画とかにありそう。神様と人間との恋だからこそこの終わり方。美しい。そしてスチルも乙女ゲーにはあるまじき被写体の小ささ。攻略キャラが豆粒サイズ(オーバー)。

東雲ってアホっぽいけど皆の事よく見ているし気遣ってますよね。さり気なさすぎて皆が気遣いに気がつかない。これが究極の気遣い。さすが神様。

優しくてムードメーカーで東雲さんがいなくなったあとの南条家のお屋敷ってお通夜みたいになっちゃったんじゃないでしょうか。。。


おまけ
充実していて感動。ボリュームがすごい!高耶のお話のお陰で彼の本編での行動を理解出来ました。でも理解は出来るけど賛同は無理。瑞樹への態度は八つ当たりですよね。瑞樹は前世の記憶がないしただ存在してるだけであんなに憎まれて可哀想です。

早苗も文乃も瑞樹より明るくてハキハキしてますね。瑞樹が一番落ち着いてるのが不思議。一番年下なのに。ハハハ。

早苗と高耶のやりとりは微笑ましい。私はこの話どうなるかわかってるから余計眩しく見えました。せっかく意地はるのをやめて両思いになれたのに。。。辛すぎる。(って書いたあとで他のブロガーさんの感想読んでたらこっちの話だと贄にならなくて済んだって書いてあって自分の読解力の無さが恥ずかしくなった。私はこのあと結局早苗は死んじゃったんだと思ってたよ。でもよく考えたらパラレルワールドみたいなものなのか。)

実は早苗の話読んでる時『こっちの時代の方が私の高校生の頃と近いんだろうなあ』と思ったら少々集中出来なくなった。ハハハ。もし生きてたら早苗は17歳の子の親世代だから20足して30代後半かな?とか考えてしまった。まあ、ゲームにリアルを持ち込むのはやめましょう。

黒雨と文乃の話もこれから何が起こるかわからないで幸せに暮らしてる2人を見るのはもどかしい。この2人はお互いを思う心が強すぎて悲劇が生まれてしまったんですね。そして結局何百年経っても子孫を苦しめてる。おまけを読んでいるとやるせなくなりますね。

ところで東雲って文乃の事なんとも思ってなかったんでしょうか?それがちょっと気になった。



そんなわけで私の攻略キャラランキングはこんな感じでした。

旭→日向/市丸/直→東雲→宋太

旭は第一印象から最後までトップで走りきりました。日向ルートが大健闘。ああいうタイプいつもだったら最下位なのにどうしたんだろう(失礼)。あまりに健気だったので好感度が上がりまくったんだと思う。

神凪ノ杜はどの人物も逃れられない運命を背負ってるゲームでした。瑞樹もお母さんが運命から解放するために雨月村から離れたのに結局は見つかってしまったし。

このゲームの登場人物達は市丸以外は運命を自覚しているけど諦め半分で生きてる感じがしました。瑞樹と思いを通わせる事で運命を跳ね除ける勇気を持つんだけど、よく考えてみれば東雲以外のルートだと瑞樹は両思いになったあと贄になって消えちゃうの?旭ルートと日向ルートでは逃げ切れたんだっけ?

田舎の閉鎖感、梅雨の息苦しさなどを肌で感じられる様なゲームでした。大手のゲームとは一味違った味のある作りでとっても楽しめました。キャラも魅力的だしプレイして良かった。ああ、もっとこのキャラ達のその後が知りたい。オマケの先のお話をFDか続編でプレイしたいなあ。

コメント

 

けーぴーさん、こんにちは。
うちの神凪ノ杜感想記事にコメントありがとうございました。
このゲームの雰囲気、しっくりくる言葉が思い浮かばなかったんですが、確かに昭和ですね!
本当に、原節子さんがでてきそう(笑

日向はヒロインの記憶喪失が功を奏したルートでしたね。 あれは確実に妖狐ルートじゃくっつきませんね。
「飼い犬とどうにかなりたいなんて絶対思わない」に笑ってしまいました。
でも私は最後まで日向のことは飼い犬ポジションから抜け出せず感想記事は辛口に書いてしまいました(ひどい

高耶と早苗のお話、私も前日譚的なものであの後早苗は死んでしまうんだと思ってました(恥

結論としてはやっぱり宋太くんの影が一番薄かったってことでしょうか(ひどい感想

パルマはお買い得になっていて私も悩みましたが結局手を出しませんでした。
でもカプコンの乙女ゲーなんて新鮮ですよね。
けーぴーさんのプレイ感想楽しみにしております。

Re:  

kyrieさんこちらに遊びに来てくれてありがとうございます!

背景昭和っぽいですよね。おじいさんのお家だからかな?瑞樹の部屋も落ち着きすぎてる家具が置いてあるなあと思ってました!渋すぎです。

日向が飼い犬ポジションから抜け出れないのわかります!私も終盤やっといいかなと思い始めましたが他の人のルートでは飼い犬そのものでしたよね!!ハハハ。

高耶と早苗のお話、はっきり助かったって言わないしスチルが悲恋っぽくてあのあと死んじゃうって思っちゃいますよね!どちらにしてもあのオマケはとても面白かったと思いました。

宋太くんは一番始めに攻略したから感想書く頃はわすれちゃったし、印象薄くなっちゃいましたね。ピアノは最高だったんですけど、普通すぎたのかも。

パルマ買っちゃいましたよ!!1本だけ買ってrefrainは楽しめるかを確認してから買った方が良かったかもと今思いました。セールにいつも惑わされちゃってます。

今はtwitterで遥か7の感想を読んでパルマじゃなくて遙か7を買えば良かったと後悔するんじゃないかと心配してるところです!

ではコメントありがとうございました。またkyrieさんのところへお邪魔させていただきますね!!ではまた。
非公開コメント

プロフィール

けーぴー

Author:けーぴー
乙女ゲームやめられません。
好き勝手にプレイ済みの乙女ゲームの感想書いてます。
ネタバレ感想ばかりです。

ブログ村参加してます。

カテゴリ

月別アーカイブ

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11