オランピアソワレ感想

こんばんは。 前回の記事に訪問、拍手本当にありがとうございます。オランピアソワレコンプしました。実は途中で中だるみ&寝落ちの危機に陥ったんだけれど最後で来ましたね、感動のビッグウェーブが。終わり良ければすべて良しで後味良く終わらせていただきました。

オランピアソワレは身も心もまっさらな『白』い娘のオランピアが初めて外気に触れ成長していく物語です。久方ぶりの箱入り娘系主人公。最初は突っ走るし、無邪気な故の空気の読めなさで周りを困惑させる所にイラつきましたが最後の方は可愛らしく感じました(視点が老人になりつつある)。

公式サイトに『もう一つの神話の物語』と書いてある通り、宗教っぽさと言うかファンタジー色が濃いなという印象を持ちました。でもプレイヤーは置いてけぼりにならずに設定についていける親切なゲーム。色層の仕組みがわかりやすいから世界にすぐ馴染めます。

このゲーム、私にとって好きなキャラとイマイチなキャラへのルート攻略への熱意の差が激しいゲームでした。好きなキャラは最初から最後まで画面から目が離せず最速で終えたのに対しイマイチなキャラのルートではオートモードでながらプレイ、いつの間にハッピーエンド到達っていうのをやってしまった。シナリオの内容に差があったからだと思うんだけどツイッターを見ていると私がイマイチだと思ったルートのファンがとっても多い(°_°)。ま、ツイッターの評判よりは人を選ぶ内容のゲームだと思う。私は最終的には気に入ったけど。

シナリオは金太郎感はなし。色々なルートに登場人物の話が散りばめてあり少しずつ人となりを知る事が出来るのが面白かった。キャラに多面性を与えストーリーをより深い物にしてくれました。

オランピアソワレの魅力ってバッドエンドにもあると思う。バッドエンドが粒ぞろい。どれもしっかりとした長さなので読み応えがあります。スチルもあるしバッドエンドを楽しめる方にはぴったり。どれもじーんとくる結末ばかりです。ううう、思い出すだけでも心が裂ける。

自分探し系の乙女ゲームが好きな人にはオススメのオランピアソワレ 。初々しさも抜群なので学園物とはまたちがった甘酸っぱさを味わえます。そしてここでも一言、言っておきたいのは松岡ボイス最高って事です。大人の囁きボイスをやらせたら世界一、いや宇宙一じゃないだろうか。未来永劫彼の朱砂音源を思い出してはニヤニヤ出来ると思う。フフフ。彼の声を聞くためだけでも買う価値あり。ニヤニヤ。




ではここからネタバレ感想です。言いたい放題言ってるので注意。そしてとっても長いです。

























olympia_twi_icon15.pngここにこいつを貼る?ってお思いでしょう。はい、貼ります。あはは。






オランピアソワレをただの交配相手探すエロ系乙女ゲームだと思ってたのでオランピアやアマテラスの神々しさに触れ汚れた自分を恥じましたね。ハハハ。エロより隣の村で婿探すんだべって感じの日本昔ばなし系ゲームだった。いや、エロもあったけど。

オランピアってすごいお節介少女ですね。でも正しい心を持っているから憎めない。世界を変えようと足掻く彼女をみてられなくて助けてしまう男性陣の気持ちをわからないでもない。健気で美少女でおまけに交配相手探してると来たら男衆はそわそわしちゃいますわな。

この世界って階級制度厳しいのね。カラフルな絶対階級学園。なんちゃって。ハハハ。生まれた色素っていう自分ではどうにも出来ない事で差別されるのは辛うございますよ。。。ううう。でも色に厳しい割には体の障害への差別はそんなにないみたいですよね。剥を患った上の層の人々は色が黒くなるよりは体の人部分が欠けた方がいいと思うみたいだし。不思議な世界。まあ差別ってそういう理不尽なものだけど。

共通ルートでは道摩殿がオランピアのお父上なのかなとすごい気になった。全然エロオヤジっぽいオーラ感じないから。乙女ゲーマーはそういう空気には敏感なんですよ。へへへ。

最初はネズミの洋風な名前や飲茶の種類の充実っぷりに頭がチンプンカンプンでした。ココはドコ、ワタシはダレ?って感じ。ハハハ。ま、そのうちハンバーガーやパエリヤ出て来て慣れたけど。時が歪んで古い物も新しい物も同時に着いちゃうのか。さりげなくSFちっく。

ではここから攻略順にキャラ感想。


璃空
olympia_twi_icon4.png
凛々しいのに可愛らしいってどうなってるんだ??彼の凜とした美しさ本当に好きです。まさに透き通った青。綺麗。

ずっとツンケンされると思ってたら意外と早くデレデレして来た。オランピアの行動力のおかげですね。青の踊り見に行ったおかげ。あれで運が開けました。

踊り子が自分なのを隠すのが子供っぽくて可愛い。周りの皆の態度も笑える。朱砂も言いたくなっちゃいますよね、璃空のあの態度みてたら。

オランピアが素直に舞を褒めるのも璃空が自分の非を認めすぐに謝れるのも素敵だなと思いました。二人とも純真で素晴らしい。好感度ぐんぐん上がりました。若人はこうでなくちゃな。フォフォフォ。

璃空の言動を彼の出自を知ってから読み直すと胸が痛むね。どれだけ思いつめてたんだろうか。自分の今の位置が自分にふさわしくないと思う人が大勢いる事をとっても恐れていそうですよね。あんなに優秀なのに可哀想。まさにインポスター症候群。嘘の自分を演じてるように思えちゃってたのかな。辛い。黄泉落ちした時の清々しい態度をみるといつも無理してたんだろうなと思います。




天草四郎時貞
olympia_twi_icon5.png
あざとい。この年下はあざといぞ。終盤までお姉さんって呼び続けるなんて罪でしょう。やめなさい。ハハハ。

なんでこの人だけ実在する人物の名前なのかなと思ってたら本当に天草四郎が流されて来ちゃってたんだ。ただの天草四郎ファンで同じ名前を名乗ってるのかと思った(それもよく考えたらおかしな設定だわ。ハハハ)。

初デートでオランピアソーダを選ぶ時貞は生まれながらのデートの達人だわな。どんだけさりげなくオランピア様をドキドキさせんだよ、年下くんのくせに。。。。オランピアソーダはオトカフェデビュー確定ですね(勝手に断言)。皆絶対飲みたいですよ、これ。

このルートだとオランピアもまんざらではない様子(璃空ルートのツンケンした態度とえらい違いだ)。『彼の心をとらえて離さない技50選』なんて本を璃空ルートの序盤で貰ってたら道端のドブに捨てたんじゃないかしら。ハハハ。

時貞ルートは時貞の暴走以外は順調だったなあ。ただただ時貞が空回りして終わった気がする。

実は柑南の顔とっても私好みなんですよね。。。なんで攻略キャラじゃなくてめんどうくさいサブキャラなんだ。腹黒い感じもいいし、オレンジ色に染まりたいよう、なんて思ってた頃もありました。ハハハ。あ、よく考えてみたら笑い事じゃないや剥の病のせいで交配出来ず染まりたくても染まれないんだからね。哀れだ。それにしても白いバッドエンドの3Pすごくニヤニヤしてしまった。オトメイトさんったら攻めてるね。柑南とってオランピアは可愛さ余って憎さ100倍。柑南は小学生の男子が女子の気を引きたくていたずらしちゃうっていうのをとてつもなく拗らせたキャラでしたね。病んでるわ。。。

柑南方面に脱線しちゃったけど時貞バッドエンドのスチルもセリフも美しかった。二人の体が朽ちもせずずっとあのまま海を漂っていそう。

それにしても時貞のスチル口づけスチル多くて羨ましい。璃空はツンケンしてる分損しましたね。。。イチャイチャする時間が削られちゃったよ。。。

ところでゲームに何も関係ない話なんだけどオランピアソワレが発売されてから急に天草四郎を検索する人が増えてグーグルの社員が不思議に思ってるんじゃないかな?ハハハ。



olympia_twi_icon6.png
なんだか複雑なお話だった。チャラ男が本気になってめでたしめでたしで終わるルートだと思ってたんですよ。そんなに人生甘くはなかった。縁も一族が滅亡した後の最後の一人なのか。オランピアと同じくらい孤独な境遇の人だった。

顔と人当たりがとにかくいい。そして察してくれる能力に長けてるので他のルートでは大事な相談役ですよね。でも縁自身のルートだと縁もオランピアも相談する人がいなくて悩みまくりだった気がする。他の人達あまり頼りにならんのよね。ハハハ。

白の女が紫の男を殺したから恨む云々の下りがちょっと消化不足で終わった気がする。大姉と叉梗の話がビッグすぎてこちらが霞んでしもうた。白の女が縁の姉を殺したって誤解してるんならともかくあんなルートの半ばに急に新しい情報がもたらされて困惑したよ。おまけにあっさりその事については許すし(許してたよね、ちょっとオートモード連発してたから見忘れたかも)。

縁のお姉ちゃんの真相は大姉の女としての辛さなどがわかって苦しかった。縁のお姉さんも不憫だしなんでこうなってしまったのか。。。涙。でもこの真相に辿り着くのってオランピアが登場する前に縁が一人で探れたと思うんだけどなんでしなかったんだろ。オランピアが何事にも一生懸命なのに背中を押された?でも別に縁って無気力ってわけじゃなかったし、謎。叉梗の毒牙がオランピアを狙っているのを見過ごせなかったのかな。それにしても本気だすのが遅い。

そんなわけでちょっとグダグダしてるのが女々しいと思ってしまった。縁よごめん。想像してたより繊細だったからびっくりしたのかも。あ、あとクライマックスで叉梗に刺されそうになったのはちょっと残念だった(失礼)。黄泉育ちでも生まれがよろしいから脇が甘い感じ?実戦に慣れてないんだなって思ってしまった。



玄葉
olympia_twi_icon3.png
私もラクサ大好きなんで嬉しい。皆興味もったら是非食べてみてくれい。実は今夜もラクサのテイクアウト食べたわ。ハハハ。

玄葉って松坂桃李に似てない?黒子の場所も似てる。絵柄が玄葉だけちょっとリアル路線で違和感あり。例えば時貞なんてすごくキラキラしてるのに玄葉はかなり地味ですよね。嫌いじゃないけど。ところで私は松坂桃李の名前をど忘れし、名前に桃が入ってる事しか思い出せず『俳優 桃』で検索。そしたら一発で松坂桃李さんの名前が出ました。インターネットの検索機能って凄すぎる。

玄葉に黄色のシャツ着せてるのはわざとだったんですね。プレイ前にチェックした公式サイトで玄葉は黄だと勝手に思ってました。着てる服の色の方が目立ってそっちの色所属だと思っちゃった。でもプレイしたら髪の毛の色が大事だってわかって、服の色に惑わされたな、やられたやられたと思ってたら裏の裏をかかれてたわ。読みが浅かったな。私はまだまだです。

玄葉って黄の時から同じ名前だったの?他の人は黄泉落ちしても名前変わってないよね。元の色に何かしら関係する漢字は含まれた名前。でも玄も葉も黄色にはあまり関係ない気がする。玄葉だけ特別に改名したのかな。不思議。こういうつまらまい事がすごい気になっちゃうんだよね。設定のブレみたいなとこ。

色々玄葉ルートはツッコミどころがあるけどストーリーは私好みでした。始めは揶揄われて反発して、途中から意識しだすんだけどあまり玄葉に相手にされずヤキモキ。こういう駆け引き系ルートはキュンキュンする。でもやっぱり黒である事の引け目があるのか両思いになっても身を引いてしまうのがまた切ないったらなんの。玄葉はもっと自分勝手に生きて欲しい。

オランピアの髪の色が変わるのを初めて見た時、他のキャラは嬉しそうだったけど玄葉は白を汚してしまった事を気にしていたのがわかって胸が痛かった。黒である事の重さっていうのが玄葉が明るく振舞って隠すからピンとこないけどこの世界では大変な事なんですよね。

玄葉はほっぺ赤くせず平然と自分にオランピアの心を傾けさせるのが上手だったな〜と思いました。女慣れしてるってわけじゃなさそうだけどとっても気さくで親しみやすいのが嬉しかった。

ところで玄葉っていつでも奢ってくれて気前がいいのが最高ですね。縁ルートでも半年ツケていいって言われたし。オランピアは無料で郵便配達してそうだし多分金欠だと思うので奢ってくれるのは本当にありがたいです。



ヒムカ
olympia_twi_icon7.png
ヒムカルートの序盤、まだヒムカを気になってるくらいの時に仲間の死で涙を流す璃空に遭遇したら璃空ルートに方向転換したくなりますよね。こんなシーン入れちゃダメですよ!あああ、青のルートを今からやり直したい。

虹色のぐるぐる飴食べたくなった。とけないで島にたどり着くのが不思議でたまらん。

ヒムカルートは孤独な彼を包み込むシナリオでしたね。いつになく積極的なオランピア。そうしないとすぐ逃げちゃうもんね。

それにしても卑流呼様ルートだったとは全く思ってなかった。こんなに遠慮がちな神様にはいままでお目にかかった事ないな。体が醜いからなんだろうけど、第二の世界や代わりの太陽を作れるくらいなら自分の体をどうにか出来そう。

それにしても卑流呼様ったら職務怠慢。なんて素敵にジャパネスクじゃないんだから御簾の中をお留守にしないで色層制度を無くしたり黄泉の住人を解放したりハズシの処罰を軽くしたりやる事いっぱいあると思うんだけど、どうでしょう。葬い屋の仕事は他の人に任せたり出来ると思うし。ちゃんと神様の仕事してくれい。



朱砂
olympia_twi_icon2.png
松岡くんを朱砂にキャスティングしてくれた人ありがとうございます。とにかくニヤニヤがとまらない。アマテラス様に祈りを捧げたい。ハハハ。囁く時の声が艶やかすぎて息が何回も止まった。本当に最高でした。書いてるだけでニヤニヤしてくる。

皆が朱砂が良かったとゲーム終了後にツイッターで呟いてしまうのを100%理解できる。顔良し、家柄よし、職業よし、スタイルよし、性格よしで本当に非の打ち所がナッシング。どおりで縁も玄葉も朱砂を勧めるわけだ。完璧すぎる。

私は冷静な仕事ができるエリートキャラ大好きなんで本当にこのルートはプレイしていて楽しかった。出来る男のルートは安心感があって大船に乗った気分になれるのもよし(ゲームでは小舟にどんぶらこだったけど)。安定感抜群のキャラは二次元でも三次元でも大歓迎です。

ま、朱砂賛辞もほどほどにしてルートの話に入ろうと思います。

なんだか赤ってそうとう呪われた色ですね?下手するとカラフルミックスや黒よりよっぽど煙たがれてる感じ。そういえば赤が混じった紫も災いがあったし、橙は怪しさ満点の柑南がいるし。。。やっぱり赤は災いの色じゃ(なぜか断言)。

朱砂が一番合理的なキャラっぽいのにルートの内容は一番神がかってるのが興味深い。運命に翻弄されているのに抗うことを恐れず辞めない姿が本当に男らしくて惚れ惚れしてしまう。こういう男子は現実にはいません。しくしく。

オランピアへの近づき方が結構あざとくてそれにもニヤニヤ。隠れた自信家なのかしらないけどグイグイ来ますよね。おまけに朱砂もオランピアソーダ作戦を使ったああぁぁ(私が暑苦しい)。時貞にアドバイス貰ったのか?オランピアはすぐ陥落しちゃうんですよ!!このソーダ使うと!!ハハハ。

あー、なんだかもう感想にもなってませんね。とにかく朱砂は仕事にもオランピアにも誠実で素晴らしい。信念を貫く強さも持っているし攻略キャラとして完璧です。もうだまれ、私。









こんなわけで私の攻略キャラランキングは

朱砂→璃空→玄葉→縁→ヒムカ→時貞


今はっと気がついて書きに戻って来たんだけど、私ってただのエリート好きなだけ?見事に高学歴のお方達が上位ですわい。ハハハ。

私の中のトップオブザ攻略キャラの座は朱砂がかっさらって行きました。早速ツイッタープロフィールのトップの絵を変えた私。ギスランごめんなさい。

残念な点は年下ぽい可愛子ちゃんが攻略メンバーに2人いた事かな。どちらかというと加齢臭を醸し始めそうなおっさんの方が好きなので。ハハハ。実は慈眼様や扶桑様の方がタイプかもしれない。2人の包容力にメロメロです。

あともう一つ残念だったのは攻略キャラが結局皆どこかいい所のボンボンだったって事。お坊ちゃまが大好きの私ですが明日羽の大人バージョンみたいな雑草の中の雑草(失礼)みたいなキャラもいたら面白かったと思う。




こんなわけで朱砂の魅力で走りきったオランピアソワレだけどシナリオや設定には色々ツッコミどころがあったよね。

この島の食料ってどこから来てるんだろ?輸入出来なさそうだし、島が狭すぎて米とか作れなそうだよね。サトウキビ畑とかありそうにもないのにラム酒飲めるのが不思議でしょうがなかった。ハンバーガー作れるってことは小麦も取れてるんだろうし。島にそんなに面積なさそう。

あと月黄泉の行動も矛盾があった気がする。朱砂ルートでは白夜をアマテラスにしたくないから鏡を盗んだにも関わらず、あとでアマテラスに会いたかったっていいだして、最後には全てを闇に包んでしまえって言いだすし、ちょっと理解に苦しんだ。

ヒムカ、アマテラス、スサノオ、イザナミなどの神秘的な存在をこんなにシナリオに練り込まなくても良かったんじゃないかなと思ってします。まあ、スサノオの呪いが無けりゃ朱砂ルートが順風満帆すぎちゃうからしょうがないんでしょうか。貝のペンダント交換したところでエンディング曲かかってしまうわ。

ちまちま細かい事書いてしまったけど、オランピアソワレは時間も忘れてプレイさせるパワーを持つゲームでした。特に朱砂、玄葉と璃空ルートは辞められなくて困った。最高でした。



コメント

非公開コメント

プロフィール

けーぴー

Author:けーぴー
乙女ゲームやめられません。
好き勝手にプレイ済みの乙女ゲームの感想書いてます。
ネタバレ感想ばかりです。

ブログ村参加してます。

カテゴリ

月別アーカイブ

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11