イケメン戦国 vita版 感想

こんばんは。前回の記事に拍手やコメント、本当にありがとうございます(*^_^*)とっても嬉しいです。ところで皆様お元気でいらっしゃいますか。こちらは引きこもり2週間目。どこにも行けない生活にも慣れて来ました。私は出かけなくても結構平気な性格してるんだなと思い始めてます。でも人恋しい友人からの長電話に疲れ気味。家事以外の自分の時間は100%乙女ゲーの為に使いたいのに、、、イライラします。ハハハ。

イケメン戦国、結構あっという間に終わりました。アイキャッチあり+作業なしの乙女ゲームは楽チンですね。脳を使わずにプレイできるゲームナンバー1かもしれない、これ。

イケメン戦国は立ち絵の衣装を変えればイケメンルネッサンスやイケメン第二次世界大戦、またはイケメン原始時代に変われるくらい戦国っぽくないゲームでした。一番最初の本能寺の変イベント以外は歴史的出来事何もないからね(あ、よくかんがえると花朧も下天の華もそんな感じだったっけ?でもあちらの方がまだ戦国物をプレイしてる気分だったな。タイムスリップがないから?)。

武将達の話し方やボキャブラリーもあまり戦国時代っぽくないし堅苦しさはゼロ。それが受けいられるかがこのゲームを楽しめるかどうかの決め手かな。私は意外と平気でした。

このゲームでは武田信玄も織田信長も徳川家康も攻略出来る青年男子の年齢だけど、本当は年離れてるよね?伊達政宗は他の乙女ゲームで徳川家光の時代も生きてたからこの頃赤ちゃんでないの?(『◯が◯』で得た知識なのであってるかはわからん。ハハハ)そんなベビー武将を無理して入れないで柴田勝家とか浅井長政でよかったんじゃないかな?皆同じような顔してるから眼帯キャラを入れたかったのかな(ひどい)。

なんちゃって戦国モノかもしれないけど乙女ゲームとしては十分楽しめました。8人も攻略キャラがいるのにあまり金太郎飴感はなかった。戦の場面は多かったけど話の流れは結構違った。ハッピーエンドの結果(現代に帰るとか帰らないとか)は同じなんだけどそこまでの過程が色々だから思ったより楽しくプレイが出来た。

恋愛過程はまあまあ。意外と丁寧でキュンキュンしたけどなぜ武将が舞を好きになったかははっきり言うとよくわからない(失礼)。現代人の感覚が新鮮だったのか?

あと、地味によかったのが攻略武将の説明文。例えば武田信玄は『大人x女たらし』って書いてあるから好みのキャラの系統をチェックして『私は天邪鬼タイプもイケるんだな。。』という感じで自己分析が出来ます。私は小悪魔腹黒アイドル以外は大丈夫なタイプの乙女ゲーマーらしい。フフフ。

頭を使わずキュンキュンしたい方がいたらイケメン戦国オススメです。私はイケメンシリーズの他のゲームをアプリでやってもいいかなと思うくらいは楽しめました。本当に意外(最後まで失礼)。

ではここからネタバレ感想です。今回は面倒でプレイ中に感想をメモしなかったので大雑把な事しか書けなかった。。。残念。






















banner_180_150_yoshimoto.jpgセクシーx浮世離れが最高でした。
イケメン戦国◆時をかける恋 新たなる出逢い」のバナーに使用されている画像の著作権は、株式会社サイバードおよびアイディアファクトリー株式会社に帰属します。


最初は皆同じ顔で見分けがつかなかったけど最後は謙信様と光秀さん以外は分かるようになりました。

舞ちゃん、佐助がいるからかもしれないけどあまり戸惑わず戦国ライフを楽しめてすごい。すぐに馴染んで仕事してるのは見習いたいね。ところでタイムスリップしたって知らない武将たちが舞を保護するのって違和感あるよね。怪しすぎてすぐ始末される方が納得出来る。それじゃゲームが始まらないけど。

では唐突にここからキャラ別感想。攻略順です。

伊達政宗
最初に攻略したので戦国っぽくないイケメン戦国の世界に戸惑っている内に終わってしまった。いい人であまり印象に残らないルートだったな。戦好きと言ってももっと戦好きな謙信がいるし、秀吉の方がいい人キャラで売ってる気がするしな。。。。勿体無い。


森蘭丸
トロフィーをゲットした時間をチェックしたら森蘭丸攻略に1週間かかってた。年下系が苦手なので私好みの裏切り者ポジションのキャラなのにあまりエンジョイできなかった。残念。

それと蒼井翔太君の声、喧嘩番長乙女の金春君みたいな低い声の時の方が好きみたい。もっと落ち着いた大人の男のキャラも演じてほしいわ。

蘭丸がどっちつかずみたいな態度ずーっと取るのがイライラする。裏切るなら裏切る、信長様側に戻るなら戻る。さっさとはっきりしてくれい。

蘭丸ルートでは顕如様を攻略したくなったな。スチルの彼、かなりイケメンだったし。彼を救うエンド、欲しかったです。現代に戻って顔の傷治しちゃうとか。へへへ。


徳川家康
こういう冷静なタイプのツンツンは好きなので楽しめた。人格者っぽくない家康って珍しいけどどんな場面でも落ち着いてるから大物感はあるよね。徐々に舞を好きになっていく態度が可愛らしかった。最後に勝ち残るのは江戸幕府開いた彼ってわかってるから舞を任せても大丈夫な気がするしね(佐助目線)。


上杉謙信
ヤンデレってこういうキャラの事言うんですね。軟禁キャラ?そんなに病んでるとは思えなかったけど。カジュアルヤンデレ?冷酷そうな顔してるけど結構甘いところがある人だなと思いました。敵にも味方にも。救ってあげなきゃいけない感は1、2を争う感じでしょうか。


武田信玄
信玄餅、なぜか越後で居候。大人はやっぱりいい。賭けをもちかけておいて最後にふいにするところ、キュンキュンしました。とにかく大人はずるいってのを思い知ったルートでした。幸も攻略したい。


今川義元
他人のルートに全く登場しないので期待ゼロだった義元さんでしたが、最高でした。やる気がない攻略キャラがやる気出して戦いだす展開ってなんでこんなに最高なんだろ。

主人公が登場しなかったらずっと鉄扇もってフラフラしてたんだろうに舞ちゃんの為に本気になってくれて嬉しい。負けそうになったら信長様があっさり刀しまってくれて拍子抜けだったけどまあいいや(イケメン戦国ってこういう引き分けっぽい生ぬるい戦ばっかりですよね。ちょっと物足りない)。

壁ドンシーンも素敵。美しすぎ。

それにしても謙信、信玄、義元をプレイすると越後組にも愛着湧いちゃうので困りますよね。こちらの方がほのぼのしてる気がする。安土チームは秀吉と光秀がギスギスしてるし、蘭丸裏切ってるし家康はクールで殺伐としてんじゃん。


豊臣秀吉
お兄ちゃんに相手にされないルートは切ないですね。乙女ゲームのよくあるパターンって知ってるのにすっかり虜になってしまうわし。それにしても製作陣はすべての乙女ゲームをプレイし尽くしてるとしか思えない。ありとあらゆる攻略キャラのタイプをこのゲームでカバーしてる様。努力家。

信玄様よりモテてる感じはしなかったけどすごく気遣いが出来るお方だなと思いました。さすが信長様の右腕。

秀吉ルートでは光秀が大活躍で意地悪キャラ好きの私はそちらになびいてしまいそうになって困った。なんで光秀ルートがないのでしょう。涙。


織田信長
凄みのある杉田ボイスがとってもよろしい。偉そうに踏ん反り返ってる感じの立ち絵もグッド。魔王が愛を知り普通の男になってしまうのがジーンと来ますね。最初は遊び半分で舞にちょっかいかけてたのに本気になって行くのもプレイしていてニヤニヤしました。

タイムスリップの話が出るのも視野が広い信長様ルートにピッタリですよね。新しい世界を見せてくれる舞に惹かれるのはすごく納得できる。

タイプスリップしても順応出来てるしさすが信長様です。




そんなわけで最終的な攻略キャラランキングは

今川義元→武田信玄→豊臣秀吉→織田信長→徳川家康→上杉謙信→伊達政宗→森蘭丸

結構好きなキャラが多くてランキングは悩みました。上杉謙信まで同じくらいかもしれない。自分が浮世離れキャラが好きになるとは思わなかった(顔は初めから好きだったけど)。自分の性癖を知るのにはちょうどいいゲームですね、これ。

自分でもこんなに楽しめるとは思わなかったので嬉しい大誤算でした。やっぱり乙女ゲーは評判がイマイチでもプレイする価値ありますね。直感で買うしかない。ハハハ。








コメント

非公開コメント

プロフィール

けーぴー

Author:けーぴー
乙女ゲームやめられません。
好き勝手にプレイ済みの乙女ゲームの感想書いてます。
ネタバレ感想ばかりです。

ブログ村参加してます。

カテゴリ

月別アーカイブ

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11