スイートクラウン 〜午前3時のオカシな道化師〜 感想

こんばんは。すっかりご無沙汰しちゃってましたがやっとスイクラ終わりました。

結構長いゲームだったな。。。私がどの攻略キャラも一周は自力でなにかしらのエンディングにたどり着かないと気が済まない人間なので余計クリアに時間が掛かってしまいました。調節するパラメーターが二つあると一気に難易度上がりますね。バランスが難しい。

あ、あともう一つ、スイクラには関係ないんですがリングフィットアドベンチャーを始めたので時間をそっちに取られてしまってるっていうのもあると思う。でも私はこのゲームを2、30分しか続けられないのでRPGの様にゲームの時間を全部費やさなくてもいいのがグッド(もっと運動を長く出来る様になりたいけど)。

ま、それはおいておいてスイクラ話に戻りますが全ルートの全エンディングをゲットしても何故かトロフィーがまだ40%で驚いてます(゚д゚)。こんなの初めて。そんなわけでトロフィーコンプは後回しにする事にして感想を書きに来ました。

このゲームはなんだかどんよりした曇り空のようなゲームでした。主人公の性格のせいかもしれないけどスカっとしないタイプのゲーム。とにかくうじうじしている時間が長い。でも真相はちゃんと明らかになるのでそちらの面でのモヤモヤはないかな。

攻略キャラの面々はよく乙女ゲームいるタイプって感じじゃなくて面白かったんだけど、残念ながら私の胸をキュンキュンさせるメンツは少なかったな。やっぱりほぼ全員が童顔だから?こういう謎が多いタイプのゲームは胸キュンイベントがおろそかになってしまうよね。それどころじゃないから。

思ってたよりも血しぶきが画面にバシャっとかかるシーンが多かったです。のんびりお茶をする乙女ゲーだと思ってプレイすると腰がぬけちゃいます。画面を手で覆いたくなる怖さですね。ハハハ。背景もホーンテッドマンションみたいだしほかにも沢山ビクッとさせる映像がありました。一人で夜プレイするのには向いてないかも。

攻略順、謎の少ない人からプレイするなら密原→久瀬か日ノ世(どちらが先でもよし)→古橋かな(白くしておきました)。攻略制限があってもいいかなと思うキャラが何人かいたな。でも始めに真相に近いキャラに当たって驚くのも面白いし本当に攻略順って悩ましい。

ではここからネタバレ感想です。





























SWEET CLOWN ~午前三時のオカシな道化師~ (2015年7月発売予定) 応援中![古橋旺一郎(CV:高橋広樹)]ダントツの一位。個別ルートもよござんした。






攻略キャラが全員双子!!!全く読めなかったな。完敗です。一人一人の過去の話などがとても練ってあってよかった。誰も彼も過去が壮絶でした。さすがゲーム(ひどい感想)。

プレイ前の記事で絵柄についてあーだのこーだの書いちゃいましたが、この絵柄はスイクラにぴったりですね。オトメイトのイラストレーターさんじゃさっぱりしすぎちゃうかも。このねっちょり感がパーフェクトマッチ。

ちゃんとなぜ柘榴が次のスイートクラウンに選ばれたのかもゲームの中で説明してくれたのがよかった。真相ルートまで本当に謎ですもんね、スイートクラウン様の柘榴への執着。乙女ゲームってそういう肝心な所を説明してくれないのが残念なんですがスイクラはその点最高でした。

柘榴ちゃんって不思議なキャラですよね。根暗で無口なのかなと思ったら結構積極的になったりしてこっちが戸惑いました。個別ルート入ると結構グイグイくるというかはっきり物言う時あって驚いた。一番掴み所がないキャラだったかも。


ではここからキャラ別感想です。攻略順。


久瀬蒼馬
まさかのプリン枠。おかしい言動もプリンならしょうがないよなあと思いました。でも今までほかの乙女ゲーで攻略した事がある男性キャラの中には泥人形や神様、鬼、ロボットなどがいたのでそれに比べたらプリンは卵だから一番生き物っぽいかも(思考がおかしい)。プリンが鯖の味噌煮食べたら大層生臭いプリンになっちゃうんでしょうね。スイクラ様に食べさせるの心配。私だったらビール飲む和牛じゃないけど生キャラメルをあげて美味しいプリンに育てたい。旨そうだ。

菓子人形だから色々感性がずれていて面倒臭いキャラですよね(最初から姉、姉ってうるさ過ぎ)、でも柘榴に対して一途で誠実なのはよし。他の人達が何考えてるかわからないから柘榴が頼ってしまうのがわかる気がする。でも他のキャラは人間だから自分の事に精一杯なのはしょうがない気もするなあ。私だったらこんなへんてこりんな所に閉じ込められたら脱出する方法ばかり考えちゃってスイクラ様なんてほうっておいちゃうわい。やっぱり菓子人形は迷いがないね。

密原さんと双子だったというのと実はプリンって言うのが衝撃的すぎてキュンキュンがどこかに飛んで行っちゃいました。残念。


日之世武尊
イヒヒの印象が強すぎる攻略キャラ。最初は不気味すぎて本当に恋愛っぽいイベントが登場するのか心配しましたが個別ルートは意外と切なかった。

最初は柘榴に興味なさげで感じが悪かったけど、二人の好きになる、ならないの駆け引きみたいなのは結構私好みの展開でした。両片思いだとこんないけ好かない眼帯野郎のルートも楽しめるのか。。と自分に驚き(失礼)。序盤は危ない表情の立ち絵が多かったけど、両思いになり始めてからのしおらしいちょっと横向き気味の立ち絵、大変気に入りました。あの武尊をこんな表情にさせる事に成功した柘榴に万歳!!

それにしてもまさかのロバ=妹。衝撃的でしたね。ネージュ君、豹変すると怖いよね。夜中にプレイしてるとドキッとする。あの目は反則。他のルートでも豹変したけど、毎回ビクッとした。夢にみるわい。

グッドエンドでも妹が帰ってこないのが悲しいですね。久瀬くんみたいに菓子人形でもいいから存在していてほしいと私だったら思っちゃう。飴を埋めるって話す所がまた切ない。なんだか日ノ世君って普段は飄々としていて結構シビアな現実主義者だから悲しそうにしてるとこっちがグッと来ちゃうわ。


密原誠丞
実は始めに攻略しようと思ったんだけどあまりに興味がなさすぎていっぺんリタイヤ。今思うと彼が一番謎が少なくて一人目にはぴったりだったのに。。。でもゲームを途中放棄する危機に陥っていたので一回タンマしました。中断しないでちゃんと久瀬くんの前にやっておけばよかった。

チャラ男君。でも闇は深い。彼と柘榴の兄弟を亡くした話、可哀想だとは思うけど、だからと言ってご両親が生き残った方に思い入れがないわけじゃないのにね。もう少し家族内で話し合えば孤独感も無くなると思うんだけどな。。。



両親が蒼馬君の事しか思ってないと思い込んでいるから、恋愛対象に対して過剰なほどアピールして自分の気持ちを伝えようとするのが今思うと痛々しい。空回り気味なのがさらに痛々しい。

そしてクズ男の面を正直に出した時の清々しさ。これくらいどうしようもない男だっていうのを堂々とさらけ出してくれると反対に好感度上がりますね。潔すぎて。こんなどうしようもない奴、いつもだったら脇役枠でしょう。それなのに堂々と攻略キャラをやってらっしゃる密原君は尊敬に値します。ハハハ。


古橋
共通ルートで影が薄かったので全く先入観なしで個別ルートスタート。いざスタートしたら古橋さんの冷静で控えめな性格に落ちました。奥ゆかしい。この上品さは王子様だから?(ベタ誉め)

現代人じゃないからかもしれないけど、正装がとてつもなく似合いますね。あ、でもよく考えてみたら一人だけ大人っぽいから好きなだけかもしれない(適当)。

彼はシナリオに恵まれてる気がする。他のキャラは個別入っても菓子になって食べちゃっても別にいいかなって思っちゃったけど古橋さんはハッピーエンドにたどり着きたいと思った唯一のキャラ。

双子の片割れといつも比べられてしまうのって想像以上に辛そうですよね。自分達は気にしてなくても周りがうるさそうだし。でもこの話の古橋さんって弟の能力を認めていて妬んでいるわけでもないよね。勉学などに励むのも努力してえらいなあと思うし。ただ箱を開けただけで皆に恨まれてお気の毒に思えちゃう(古橋君が好きだからついつい贔屓目にみてしまうワシ)。

ハッピーエンドのエピローグ、まだぎこちない二人が微笑ましかった。CERO Dもいいけどこういうのもいいね。


真井知己
名前をよく見ると真実を知るって書いてあったわ。いい人止まりっぽい真井さんが真相ルートって、どういうこと?ってはてなマークが頭にいっぱいのままプレイ。

少しずつ二人の距離が近づいて行って、お、なんだ普通の可愛らしいルートじゃんと安心していたら懐中時計を出してきたのでこりゃもう恋愛どころじゃないなと思ってたら本当に大変な事になっちゃいました。

ううむ、真相のハッピーエンド(?)は考えさせられますね。知己にとって一番の幸せはスイートクラウン城での出来事や12歳以前の記憶、柘榴の存在を忘れ去って生きる事だと柘榴が思ってるって事ですよね。本人は忘れたくなかったかもしれないのに。メリーゴーランドで柘榴とすれ違った時無意識に涙がこぼれちゃったのも忘れたくなかったからかも。ううう。悲しいなあ。柘榴は知己の幸せを願いながら自分の願いを叶えちゃったのかも。どうしようもない状態から自分が逃げるために。うーむわからん。

そしてもしかして知也にとって一番いい結末は知己のままでいて柘榴と両思いになる事だったかもしれなくない?もう少し二人が双子だっていうのに気づかなかったら取り返しがつかないところまで二人の想いが行っちゃってたかもしれないし。それを知也は望んでいたかも。自分が体を取り返した時はもうすでに柘榴は自分を好きでいたら御の字でしょう。スイートクラウン様がそれを阻止したって感じでしょうか、知己に過去を思い出させて。彼も柘榴の事好きだし。

なんだか色々難しく考えちゃって感想が変な方向に進んで行ってしまった。うまく説明出来なくてもどかしい。言いたいことを正確に伝えられる表現力がほしいなあ。

てなわけで攻略キャラのランキングは
古橋→日ノ世→久瀬→真井→密原になりました。

それにしてもネージュの『ザクちゃん様〜』『スイクラ様〜』が忘れられない。あのキャラ強烈すぎました。攻略キャラより印象が強いサブキャラってどうなんだ?

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

こんばんは〜。トロフィー調べたら簡単にゲットできるのばかりでもうコンプしました!シナリオ再生をただ延々とセレクトしてみるやつです。ずっと見ないでトロフィーの音がなったら次に行っちゃってましたが。スイッチでトロフィーがないゲームプレイするのは嬉しい様な寂しい様な複雑な気分になりますよね。くるしめられてたけどなくなると物足りないかな?いや楽で気楽ですよね!!

乙女ゲーム初心者の時これプレイしたらびっくりしそうですね!私は今まで待っていてよかった〜ハハハ!!真井くんルートはしんどいですよね。救いがない展開。過去を思い出す前の彼とてもいい人だからかわいそうです。辛いルートでした。

あ、そういえば記事に書き忘れたんですが骸骨のスイートクラウン様にお肉が戻って隠れ攻略キャラになるのかなと思ったら全然でした。古橋さんが二人攻略出来たら最高だったのに。。。残念です。

ロバ、普通に登場した時もうすでに不気味でしたよね。怖かった〜。

ではコメントありがとうございました!


非公開コメント

プロフィール

けーぴー

Author:けーぴー
乙女ゲームやめられません。
好き勝手にプレイ済みの乙女ゲームの感想書いてます。
ネタバレ感想ばかりです。

ブログ村参加してます。

カテゴリ

月別アーカイブ

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11