アムネシア V Edition 感想

こんにちは。今回の台風、twitterやニュースを見ながら心配してました。こちらでもニュースになっていて『ケーピーの日本の家族大丈夫?』と友人達から連絡が来ました。被害に遭われた方々が早くいつもの生活に戻れたらいいなと思います。本当に自然は恐ろしい。

さて、アムネシアのvita版、終わりました。ミニゲームに手こずったけど無事トロコン。

アムネシアは何回も移植された名作なんですが、面白かったけどキュンキュンはあまりしなかったかな。ミステリーの部分はすごく気になってやめ時がわからず夜更かしのオンパレードだったんだけど、恋愛の部分はいつもより第三者的な視点でプレイしてました。私は恋人らしき人とのやりとりより、両思いになるまでの過程が好きらしい。

それにしてもアムネシアはまったく金太郎飴感がないですね。どのルートも全然違ってマンネリ感がゼロなのがすごい。でも統一感はあるのがまたすごい。たまに各キャラのルートのシナリオが全然違うと、同じゲームの話じゃないみたいに感じる事があるんだけどアムネシアだとどのキャラのシナリオも世界観がブレてなくてアムネシア独特の息苦しさが保たれてるのが素晴らしいなと思いました。

私にとってこのゲームは深読みゲー。些細な事でも疑いながらプレイすると楽しかったです。鬱っぽい展開もあってプレイヤーによってはトラウマになっちゃいそうですが私にはストーリーの面白さでプラスマイナス、プラスだったかな(意味わからん表現で申し訳ない)。

攻略キャラの方々の奇抜な衣装と精神的に参っちゃう展開に耐えられる乙女には絶賛オススメしたいゲームでした。

ではここからネタバレ感想です。



















画像が見つけられなかったのでまた動画を貼ります。今回はswitch版のオープニングムービー。


ikki_m.jpg追記:PSPの公式サイトのキャラクターランキングをクリックしたら、画像がありました!なのでここに貼らせていただきます。イッキュウ様を。


アムネシアのヒロインって名前がないんですね。デフォルト名がない主人公って珍しい。途中で判明するかと思ったら私のふざけた名前のまま終わってしまった。ドラクエとかだと面倒なのでああああを使ったりするんですが今回はちゃんと本名+ぽん(たとえばけーぴーだったらけーぽん)と入力しました。でも真面目なシーンで〇〇ぽんって言われ続けるのはダメですね。案の定ストーリーに集中出来ませんでした。バカだ。皆さんはこんな時どんな名前を使ってるのでしょうか?

ゲーム開始時から恋人同士って言うのが私にはイマイチだったかも。私の好きな辛い片思いが報われるって展開がないんですよね。いつもより冷めた第三者の視点でプレイしてました。恋人の事を思い出せないっていうのは切ないって言えば切ないかもしれないけど、主人公が結構ボーッと攻略キャラなんてどうでもいい感じだったのでつられてこっちも攻略キャラに思い入れがないまま終わってしまった。。。でも記憶喪失ならしょうがないよね、ぼーっとしちゃっても。

オリオンが最初はウザい存在だったのに最後の方ではなくてはならない存在になりました。この感想記事を書くために撮ったスクショをチェックしたんですがほとんどがオリオンの攻略キャラに対してのナイスツッコミのシーンでした。

ミニゲーム、難しかった。特にエアホッケー。なんだか自分の丸(スティック?)の反応が遅くてパックにうまく当たらなかった。それにしてもせっかくトランプのモチーフを使ってるのにミニゲームがトランプゲームじゃないのが不思議。ま、ポーカーとかでもイライラさせられたと思うけどね




ではここからキャラ別感想です。


シン
シンルート、火曜サスペンス劇場、または金田一少年の事件簿みたいな展開で面白かった。真犯人を見つけるのが難しかった。というか全然わからなかった。みんなを集めて検証するシーン、最高に盛り上がりました。

プレイヤーは前情報がなんにもなくてまさにアムネシア状態なので主人公と一緒に徐々に事実を把握していけるっていいですね。これだと幼馴染ルートも普通に楽しめる。

グッドエンドの最後の最後で少年っぽい一面をみせてくれたシン。こっちが本当のシンの姿でいつもは年上の主人公に釣り合う為に背伸びしてたのかなと思いました。可愛げのなさも可愛く思えて来た。

シンルートは豹変したウキョウ様がすごく怖かったのが一番印象に残ってるかも。あ、トーマの恐ろしい顔もトラウマだ。

シンはプレイした時は好きでも嫌いでもなかったんだけど他のキャラを攻略するたびに、『シンの方がよかったな』『このキャラのルートからシンに助け出してもらいたいな〜』と思わせる頼り甲斐があってまともなキャラでした。珍しい。



トーマ
なんじゃ、この犯罪者ルート。軟禁されるのはあまり好みじゃないし、なによりいつも背景がトーマの部屋で眠くなっちゃう。。。と思ってたら檻登場で目が覚めた。オリオンの『手錠キタ!!』ってセリフが能天気で息抜きになった。ハハハ。

シンルートでは危うい感じだったけど自分のルートではシンみたいに頼り甲斐があるのかな??と思って始めました。今思うとなんでそんな期待しちゃったんだろ。アホだアホアホ。へんな期待せずにプレイすればよかった。

とにかく序盤から不穏。病院がちょっとおかしい。MRI直らなすぎ。でもすぐに退院出来たからトーマは濡れ衣?看護婦さんもグルなのかと一瞬思っちゃったよ。

なんだかトーマは囲いまくって逃げ道をなくす感じで怖い。人当たりがいいから騙されちゃう。何もかもコントロールされていて全然自由に行動できない。息苦しいルート。

我が乙女ゲー史上、初めてエンド回収のための周回をしたくないと思ったキャラ。周回が面倒だなとか攻略キャラが好みじゃないから気が進まないなとか思う事はあったけど、今回はもうトーマに出会いたくない、と思っちゃった。

ほかの乙女ゲームの監禁キャラのルートだと監禁までに何かしら信頼関係やらを築く事が出来る時間があるから、監禁されても本当はいい人だから、とか大人しく相手が正気になるまで待とう、とか思ってなんとか続けられたけどトーマルートは過去を主人公がすっぽり忘れちゃってるからいきなり監禁で参った。

私がオリオンだったらベストエンドでもお別れするのがとてつもなく心配になると思う。。。また監禁されちゃうんじゃないかなって思っちゃって後ろ髪引かれる思いだよね。精霊にも気苦労かけてトーマはどうしようもない奴です。



ケント
トーマに比べたらとてもまともでびっくり。シンとトーマが兄弟なのにもびっくり。今回トーマの妨害は入らなそう。ほっ。

真面目で誠実で普通にいいルートですね。真面目すぎて浮世離れしたキャラに石田ボイスがぴったりです。

じわじわ仲良くなって行くのが微笑ましいし、すごく大事にされてるのがはっきりとわかるからケントルートはいいですね(どのルートもトーマルートの後は聖人ルートに思えちゃうけどね)。

トーマのお陰で荒んだ心がケントの優しさで癒されたわ。ケントは自分が人付き合いが下手でズケズケ言って人を傷つけちゃうって気にしてる様だけれど、トーマに比べたらコミニュケーションスキル抜群ですから。何も話さず檻に入れるキャラのお陰で他の殿方達の株は爆上げですね。

今まで効率の良さだけを重点に生きて来たケントが主人公と接する事で人間らしくなっていくのが微笑ましいルートでした。



イッキ
序盤にイッキュウって呼んだら気を悪くされちゃった。ケントは呼んでもいいのになんで彼女だとダメなんだろ。

このルートでウキョウさんが「初めましてそれとも久しぶり?』って話しかけてくるんですけど、これって主人公を通してプレイヤーに話しかけてくるみたいで不思議。彼だけ、主人公が色々な世界線を彷徨ってるのを知ってるんですよね。残念なのは危険人物なので頼れない事!オリオンにしか頼れないのが辛い。

イッキ、ファンが怖いから主人公にそっけなくしてるのかもしれないけど、すごく冷たいですよね。他の人のルートのイッキの方が優しかったな。。。冷たいキャラも好きなんでいいですけど、理由がファンを怒らせないようにって言う間抜けな理由なのが少々格好悪いなあ。彼女の為に堂々とファンに宣言してファンクラブ解散してほしかったな。それで嫌がらせされたら警察に通報して守って欲しいよね。まあ、ゲームだからしょうがないけど。

でもトーマルートでのファンの方がえげつない嫌がらせしてきたよね。こっちのファンの女達はまだまだだな〜。

イッキルートのオリオン、絶妙なツッコミ連発してましたね。最高でした。「アンタのせいだよ、アンタの」とか「アンタがゆーな」とかイッキに対してだけは手厳しい。トーマルートではドン引きしすぎて冴えたツッコミが出来なかったんでしょうか。

ちなみにイッキルートで私が一番戦慄したのはトーマの「…お前の彼氏、変わってるなー」というセリフです。オリオンじゃないけど、アンタがゆーな。



ウキョウ
すぐにウキョウかサキョウかわからなくなっちゃうんですが、剣が君にいるのがサキョウでアムネシアにいるのがウキョウですよね。ややこしい。

最初のシンルートで豹変して私をギョッとさせたウキョウさんでしたが本人ルートでは可愛らしい一面を見せて来ますよね。泣き虫枠。

不憫なキャラだとは思うんだけどとにかく主人公を殺そうとする思いが強すぎてあまり好きになれなかったな。。。あと謎が多くてそっちを追うのに忙しくて恋愛するどころじゃなかった。他のキャラは攻略する前に普通の脇役として登場してたから自分のルートになってもすんなり話についていけたんだけど、ウキョウさんは神出鬼没のあやしい人だったので本人ルートで出会っても恐る恐る選択肢を選んでました。信じない選択肢を選ぶと即死って感じだったのでしょうがなく信じる方を選ぶって感じ。

でもウキョウさんのルートが本来のルートだったんだよね。ウキョウさんと付き合ってる世界線で事故があって主人公が死んじゃった事でオリオンと主人公が衝突しちゃったんだし。他人ルートで冥土の羊に行き他の男とイチャイチャする主人公に生き残るためのアドバイスをするウキョウ。不憫。なぜ彼が発狂するの理解できました。


攻略キャラランキング、難しい。
イッキ→シン→ケント→ウキョウ→トーマかな。

ケントの話が可愛らしくていいんだけどシンの外見の方が好みなんでシンが2番になっちゃった。面食いですまん。

アムネシア、面白かったけど私が乙女ゲームに求めている要素は少なかったかな。両想いになるまでの過程をもっと詳しく続編やFDで描写してくれたら評価が上がるかもしれない(上から目線でスマン)。

それにしても続編、FD、プレイしたいけどトーマが怖くて躊躇しちゃう。どうしよう。皆さんはどうやってこのトラウマを乗り越えたんでしょう。ハハハ。




コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title



ikeさんおはようございます!たぶんikeさんだと思いました!ははは。いつもありがとうございます。

ikeさんは恋人同士になってからのお話も大丈夫なんですね。わたしはどちらかというとFDより続編で恋愛過程をやり直すのが好きですね。薄桜鬼の随想録みたいな両思いになる前の思い出話みたいなのも好きです。とはいっても結局プレイ済みのゲームのFD、ほとんどプレイしちゃってますが。

確かにいきなり最初から馴れ馴れしくされるのってアムネシアくらいかも。シンルート、最初からすごかったですよね!ウキョウさんは奥ゆかしかった!ハハハ。

ペットの名前!それもいいですね!シチュエーションによってはわらっちゃうかもしれませんけど!!

トーマって主人公を檻に入れる事が主人公にとって一番いい安全だと信じて疑わないとこが怖いですよね。本当にトーマに比べたら他の3人は普通ですよ。私もウキョウですらまだまだだな〜と思っちゃう。ハハハ。

主人公の父、本当にいい性格してますよね。それにしても3回結婚できるのってすごい。トーマがお兄さんっていう状態も危ないですよね。ドキドキハラハラしました。本当にトーマが人気があるのがわからない!!ハハハ。

イッキの甘甘はみたいですね!!FDもぜひ一緒にプレイしたいです。買ったら連絡します。檻のあとのトーマとの会話はどんな感じかすごい興味あります。それにしても主人公寛大すぎる!!

ではコメントありがとうございました!
非公開コメント

プロフィール

けーぴー

Author:けーぴー
乙女ゲームやめられません。
好き勝手にプレイ済みの乙女ゲームの感想書いてます。
ネタバレ感想ばかりです。

ブログ村参加してます。

カテゴリ

月別アーカイブ

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11