次のゲームはイタリアマフィア

こんばんは。前回の記事に訪問ありがとうございます。今日はベルばら学園の感想を読んだり、スチルを眺めたりして過ごしてました。

ベルばら学園の感想はポジティブなのが多いですね。嬉しくてニヤニヤしてました。でもこのゲームどんなに評判が良くても売り上げ比例しないんじゃないかなとふと思ったんですが、どうでしょう。客観的に考えると私も読んだ事ない漫画をベースにしてるゲームは興味出なそうだしなあ。蝶々事件は買ったけど、漫画は前からあった物じゃなかったような。。。

まあ、ベルばら学園がいつか報われる事を祈りながらさっさと次のゲームへ移動しようと思います。次のゲームに選ばれたのはピオフィオーレの晩鐘です。





twitterset_icon01_dante.pngこのキャラの鋭い目がいいですね。外見は一番好みです。


このゲーム、楊さんがすごい人気なのかな?よくツイッターでは楊楊書いてありますよね。イタリアの話なのに中国人が一番人気なのがすごく気になります。どれだけ良いルートなんでしょうか。

私はタイトルがピオフィー オーレって抹茶オレみたいに読んでたんですが、ピオ フィオーレなの?イタリア語全然わからないからGoogleで調べたら敬虔な花って出たんだけど、それであってるのかな?花って主人公の事?このピュアなフラワーがこれからどうなってしまうのでしょう。揉まれてボロボロになっちゃうのでしょうか(ちょっとワクワク。ひどい)。

実は晩鐘も意味も読み方もわからないので参りました。教養も常識もないので辛い。このブログもインターネットでなんとかなってる様な物です。科学の進歩は偉大ですね。インターネットは私のくだらない検索のために発明されたんじゃないよなあと思う時もあります。ハハハ。でもちゃんと勉強にも使ってます。バンショウ覚えたもんね。

このゲームしてたらディズニーシーのメディテレーニアンハーバーに行きたくなっちゃいそうで怖いんですが(私は裏では乙女ゲームの鬼、表はディズニー命で生きてるんで)ハードボイルドな世界に行ってまいります。チャオ。



コメント

非公開コメント

プロフィール

けーぴー

Author:けーぴー
乙女ゲームやめられません。
好き勝手にプレイ済みの乙女ゲームの感想書いてます。
ネタバレ感想ばかりです。

ブログ村

ブログ村参加してます。

カテゴリ

ブロとも申請フォーム