蝶々事件ラブソディック感想

こんばんは。前回の記事に訪問や拍手ありがとうございます(*^_^*)。本当にいつも嬉しく思っております。積みゲーの同志、takeさんとの共闘、楽しかったです。プレイ中の興奮してる時に語り合えて最高でした。ブログには書かないような些細な事を語れるのが嬉しかったです。

そしてよくわからなかった事を説明していただいたり、ボイス録音の仕方がわからなくて教えてもらったりしちゃいました。takeさん色々助けてくれてありがとう!また機会があったら一緒にプレイしたい(゚∀゚)。フフフ。

さてここから本題の感想なんですが蝶々事件、想像していたゲームと違いました。世間知らずのお嬢様が事件に挑むアドベンチャーみたいなのを想像していたのですが、そんな可愛らしいゲームではございませんでした。いざ始めてみれば気が滅入る系のゲームだった。

攻略キャラさん達がとにかく詰め込み過ぎ(゚д゚)ってくらい皆さん色々事情がありました。気になる展開があっても個別ルートの長さでは語り尽くせてない感じがちょっと残念。あのキャラのあの設定の話をもっと聞きたいのに。。。(;_;)と思う事があったな。

攻略キャラ一人一人は魅力的で、ルートも面白い。でも統一感がない感じ。新しい方を攻略する度に別のゲームをプレイしてる気分でした。蝶々事件をプレイしようか迷ってる方は公式サイトの登場人物をチェックして下さい。メインキャラは軍人、歌劇団のトップスター、陰陽師、学園長、ジャーナリスト、助教授。驚きのラインアップです。

不人気の漫画にテコ入れするために何でもかんでも読者が好きそうな設定を無理やり入れたけどちぐはぐで違和感が出てしまってるみたいな感じがしました(失礼だし、例えになっているかもわからん)。ゲームだからリアリティに欠けるのは当たり前なんだけど、設定がスゴすぎて唖然とする事もありました。でも退屈しちゃうよりは断然いいかなと今振り返ってみて思います。

様々な分野のキャラ達が活躍するゲームなので攻略キャラが全員同じ職業のゲームでは物足りなくなって来たお方に是非オススメしたいゲームです。あ、あとガッチガチに攻略順の制限があるのでそれが気になる方はお気をつけ下さい。



ではここからネタバレです。



























00_icon_sannin.png ゲームのタイトル画面もこの3人がメインっぽく表示されてるけど、別に意味なかったね。







共通ルートの序盤は朝ドラとあしながおじさんを足して2で割ったみたいな話だなと思ってたのですが、どんどん不穏になって行きましたね。立ち絵まであるお友達が2人とも死んだ時点で製作者側が本気を見た気がしました。2人ともイジメ役として共通ルートを荒らしてくれるのかとワクワクしてたのにあっけなかったな。加瀬さんにもう少し我慢していただきたかったですね。ハハハ。

非徒が登場した時「また乙女ゲームによくある主人公を襲っちゃうタイプのバケモノか。。。」と思ったんですが蝶々事件では遺伝子レベルで研究してる説明してくれるのであまりイライラしなかったかな。ちょっと気になったのは遺伝子捜査されたミュータントみたいな存在を陰陽師が退治出来る事ですかね。まあ多分、陰陽師と言っても長年してきた事は一族の男子を駆除してきただけだからお経ぽい呟きは関係なくて刀で急所をグサっとするだけだからいいのか。それにしても狐射堂家って自給自足の見本ですね。自分で化け物を生み出し、自分で退治して、その分野のエキスパートになる。ううむ、こうやって書くとメチャクチャな一族だな。

香月博士も、なぜ敗戦国のロシアで研究してたのかなとか、ふと疑問に思う事があった。日露戦争で捕虜として囚われていたわけでは無いんだよね?そして何故かロシアの皇族とお知り合い。わからん。別にロシアじゃなくても良かったんじゃないかな?えれなの西洋人ぽい外見云々って設定は必要なかった気がするし。

ではツッコミはここまでにしてキャラ別感想入ります。プレイした順に載せてます。



神藤将成
冷たい系のキャラだと思ったら結構イライラして八つ当たりするタイプだった。ちょっと小物っぽさがあるのが残念だったんだけど、他のルートをプレイすればするほど、将成の普通っぽさが恋しくなった。

乗り気じゃなかった囮捜査も兄と上司にヤキモチ焼いて強行したり、えれな1人置いて円タクを捕まえに行ってしまうエピソード、彼の性格からしたらありえないんじゃないかな。こんな注意力散漫な人じゃなかったのにどうしたんだろう。起承転結のためにはしょうがないかもしれないんだけど彼の性格の設定がぶれている気がしました。

あんなに女嫌いだったのにあっさりえれなを好きになったのも理解に苦しんだ。もう少し過程が欲しかった気がする。あまり好きになるイベントとか無いのにいつの間にかいい感じ(゚д゚)。でも可愛い許嫁が同居したら一気にほだされちゃうのは昭和初期の軍人だったらしょうがないかな。ピュアって感じだし。

えれなを好きになった途端すごく微笑ましい許嫁ルートになりましたね。他のキャラが強烈すぎてあまり書く事を思いつかないんだけど上位キャラでした。



遙(又の名を万葉様ルート)
遙様ルートは惜しい。とてつもなくときめくルートになれたと思うのに、何故ずっと女学生かモダンガール(私には年増のマダム風にしか見えん)の格好でいるのでしょう?

男性のお姿、素敵なのにいつも女装でおまけに話方も女性。辛い。スチルも女。立ち絵のバリエーションも女。女ばっかりで制作側の意図がつかめません。せっかく共通ルートで正体がバレてるのに何故女のふりを続けちゃうのか。乙女ゲーで攻略キャラが女のふりをするイベントは嫌いじゃ無いけど、ここまでずっと女装してなくてもいいです。

終盤やっと男の格好でいてくれるようになったけど遅いよね。男になってもいいシーンでいきなり女性ボイスになっちゃうし。勿体無い。

こんなわけで遙様は軽い気持ちで女装してるわけじゃないのに、女装姿を受け入れられず申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

ところで遙様ルートって他の方のルートのネタバレが多くありません?ながらプレイなので間違って覚えてるのかもしれないけど、シド様=天使発言も将成=許嫁エピソードも遙様の個別ルートで出ちゃわない?彼らのルートにたどり着いた時の楽しみが減ってしまうわい。それ以外にも狐射堂家の秘密や、オルガの秘密など色々と想像の斜め上の真相が出て来るので大忙しのルートでした。

ところでこのルート、万葉が素敵すぎて困りました。めちゃ好み。無口で忠実な有能忍び。あああバッドエンドが良すぎる。ニヤニヤ。隠し攻略キャラだったらゲームの評価も上がった事でしょう(無責任発言)。でも彼は女の遙様と幸せになって欲しかったな。このゲームで地味に1、2を争う被害者かも。



源イ織
私は松岡ボイスが大好きなんですが、彼はこう言う年下っぽいキャラを担当する事が多いですよね。。。年下キャラ苦手なんで悲しい。今回は共通ルートで印象最悪の学園長の担当なので更に苦しかったです。

主人公がここまで攻略キャラを嫌悪するゲームってあったっけ?乙女ゲーの悪人キャラは主人公が相手を更生させようと努力したり、本当はいい人なのを信じてたり、優しい一面を垣間見たりしますがイ織は長い間ただの嫌な野郎なのでプレイしていて全然楽しくなかった。主人公に対して思いやりの欠片も無いキャラなんて好きになれません。

最後の方で弱気になって切ない展開に突入し無事感動出来たのですが、そこまでが長かった。

松岡様の演技はいつも通り最高でした。



シドニーワトキンズ
始めはキャンディキャンディの丘の上の王子様ぽいなあと思ってたんですがあんな小金持ちなんて目じゃありませんぜ。なんてったってこちらは皇帝ですもん。

新聞記者で怪盗で二重スパイで皇帝で天使?なんだか中学生が考えたみたいなキャラだな。でも素敵キャラでいい人なので安心して進められましたね。やっぱり大人っていいわ。

従兄弟の伯爵様も素敵だな。私は下天の華の光秀様の様な髪型に弱いらしい。こういうチャラ男が攻略キャラの一員だったらもう少しライトなゲームになったんじゃないかい?彼も明るいだけの人ではなかったけど。

シドルートは終盤に盛りだくさんでした。話を追っていて疲れちゃうくらい。亡命してる皇帝って亡命先でも有名人になってしまいそうだけど、こんなに自由に動き回れる物ですかね。

シドルートのハイライトは「いい子いい子」でした。無駄だと思っていた録音機能を使って即保存しました。このセリフを聞くだけでも蝶々事件を買う価値があると思います。ハハハ。


神藤理智
いやあ、オトメイトはとんでもないキャラを作ってしまった。

このルート、プレイすればするほど将成さんの事が好きになってしまったな。普通が一番だわ。ちびっ子の頃の将成可愛すぎる。

理智は乙女ゲームの攻略キャラとしてどうなんだろう。ヤンデレとか狂ってるキャラは今までにいたけれど理智は本当に恐ろしいキャラですよね。えれなを好きすぎて狂ってしまったのならなんとかなりそうだけどここまで異常な人は改善の余地なさそう。

最後には人としての心を得る事が出来たんだよね?あまりその過程がよくわからなかったな。もっとヘレンケラーの「ウォーター!!!!」みたいに派手なリアクションが無いと鈍いゲーマー(多分私だけ)は理智に人の心が生まれたのかがわかりません。

小説や漫画ならこんなキャラいたら抜群に面白くなるけど乙女ゲームの攻略キャラとしてはご遠慮していただきたかったかも。ラスボスとして倒せた方がスッキリしたと思う。最終的に理智の全てを受け入れるえれなが寛大すぎて泣ける。

理智ルートの怖い所はバッドエンドでも死んでくれない所ですね。他のキャラは潔くサヨナラするのに理智はいけしゃあしゃあと出会いからやり直そうとしてますよ。怖すぎ。

とにかく衝撃的な理智ルートで終わるのでスッキリするようなしないような変な感じの終わり方ですよね。真相はわかってスッキリするんだけど、理智の真相を知った事により、他のルートでは何も解決していないようなモヤモヤした気持ちになりました。特に将成ルートなんて、こんな悪魔と義理の兄妹の関係になってしまって大変心配です。他人のルートの理智は自分がえれなにふさわしくないと思っているので誰と結婚しても気にしませんが、非徒を使った計画は実行しそうな気がします。恐ろしや。


こんなわけで蝶々事件のキャラランキングは

将成/シドニー→遙様→イ織→理智ですね。私には珍しくまともな人ほど高い順位。ハハハ。



いいキャラはいるし、伏線っぽい事柄は回収されるし、一応辻褄は合ってるし酷いゲームではないのですが、プレイして楽しい気持ちになる乙女ゲームではなかったな。面白いんだけど、最後が恐ろしすぎて乙女ゲームで一番大事な恋愛模様の印象が薄くなってしまった。もしかしたら乙女ゲームじゃなくて一般ゲームのRPGにした方がいいストーリーだったかも。攻略キャラと一緒にパーティ組んで少女の秘密を解くために冒険に行くなんて面白そう。もちろん理智を倒す旅。素敵な笑顔の理智モンスターをコテンパンにしたいです。

なんだか辛口な感想になっちゃいましたが、色々な謎や秘密があり想像出来ない方向に話が行くので結構面白かったです。

結局は神藤父が理智の異常さに気づかず、自分の妻が長男を嫌悪しているのに察する事が出来ず、親友からの手紙を息子に盗み読みされ、音信不通の友の安否の確認を怠ったから悲劇が起こったって感じですよね。神藤パパは無意識に諸悪の根源になってしまったグランプリで一位を取れるでしょう。いっそ手紙のやりとりなんてしなきゃよかったよね。。。香月家滅亡の引き金はお前だよ。呑気に許嫁許嫁って連呼しないでお嬢さんに謝ってくれい。


コメント

非公開コメント

トラックバック

プロフィール

けーぴー

Author:けーぴー
乙女ゲームやめられません。
好き勝手にプレイ済みの乙女ゲームの感想書いてます。
ネタバレ感想ばかりです。

ブログ村参加してます。

カテゴリ

月別アーカイブ

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11