殺し屋とストロベリー 感想

こんばんは。前回の記事に訪問やコメント、ありがとうございます。殺し屋とストロベリー、いい感じに短かったので一週間で終わらせる事が出来ました。バンザイ。

アマゾンでは厳しい2.5⭐️の評価をつけられているこのゲームですが個人的にはそこまで酷くはなかった。まあ、素晴らしいゲームでもなかったけど(失礼)、星3つくらいは差し上げたいですね。殺ストは世間の期待度が高かったからガッカリしたゲーマーさんから辛口評価が殺到しちゃったのでしょうか。

あまりに殺し屋とストロベリーが不憫なので短い紹介文をちょっと書こうと思うのですが、全くネタバレしたくない方は読まないほうがいいかも。

殺し屋とストロベリーは裏社会の喫茶店で匿われる事になったイチゴちゃんが殺し屋さんなどと親しくなりながら自分が保護された理由などを知らされていくゲームです。(相変わらずあらすじが下手でゴメン)。イチゴちゃんは受け身なので自分から謎を探る事なんてしません。謎を暴くというより周りに教えてもらう感じ。それが物足りないと思うプレイヤーがいるかも。でも反対に控えめな主人公が好きなプレイヤーにはぴったりだと思います。

殺し屋とストロベリーのセールズポイントは魅力的なキャラクター。攻略キャラが皆さん格好いい。さすが裏社会。ハハハ。チャランポランでも優しそうでも仕事の時は別人の様にキリッとします。そのギャップがいいんですよ。ニヤニヤ。

金太郎飴っぽい所もあるけど個別ルートは多様なのでそんなに飽きなかったな。短いゲームなので展開が唐突だったり、説明不足な所が多くて置いてかれ気味なんだけど、そういうのが裏社会っぽいのかなとも思った(適当)。続編とかFDとかが出ればもう少し色々な事がわかって面白そうなんだけどね。登場人物の何人かは敵だったのか味方だったのか未だによく分からん。もう一回プレイすべき?ハハハ。

恋愛過程もやや駆け足なのが残念ですが徐々に仲良くなっていく私好みのルートもあるしギリギリ許せるレベルかな(謎の上から発言)。

色々無理がある設定や展開があるゲームですが全くダメダメなゲームではないし、攻略キャラがみんないい味出してるんで機会があったらプレイしてください。

ではここからネタバレ感想です。



















korosuto_tw_icon_06.png 長谷川さんの真面目な仕事ぶりが好きだ。白川さんが羨ましい。私も連れ回したい。





ううむ、喫茶店。やっぱり無理があるよね。普通の喫茶店の乙女ゲームにしてもよかったんじゃない?。裏社会の人達の日常をゲームにしたかったんだろうけど、マフィアのボスや凄腕のスナイパーが毎晩喫茶で集うのはおかしい気がするな。バーだったらまだありそうかも。それか普通の表社会の喫茶店。アメリカのスパイドラマとかでも平気で普通の店で昼間に会ってるし。裏社会の人達は夜の方が怪しい活動は捗りそうだから喫茶月影に行く時間無さそうじゃないですか。どうでしょう?

アモンさんとマツリさんにとっての喫茶月影ってドラクエのルイーダの酒場みたいな感じなのかな。クエストをこなして報酬をもらってるのを想像しながらプレイしてました。となるとノインは武器屋か?

dq8_007_cs1w1_400x.jpg ノイン役はこども店長よりこういういかつい店長さんの方がいいですよね。誰もがビビってノインノイン詐欺も減るでしょう。電撃オンラインさんからお借りしました)。


イチゴちゃんは足手まとい系主人公なんだけど、このゲームでは同業者の女子以外は攻略キャラに頼るしかなさそうだからそんなに気にならなかったかな。でも話せない女子って男子向けゲームでは人気でそうだけど、乙女ゲームでは微妙ですよね。

攻略キャラの方々が皆さんプロフェッショナルなので安心してイチゴさんを任せられる所がいいですね。おっちょこちょいな見習いアサシンにハラハラするタイプのイベントがないのがいい。そんなキャラがいたらイライラするだけですから。皆さん殺し屋のお仕事中は格好良い。普段はグダグダなのに(長谷川さんを除く)。

どの個別ルートでも出てくるカガリさん(だっけ?)の依頼のエピソード、あれの意味がよく分からなかったな。わざとアモンを裏切らせて、撃って、蘇生って回りくどい方法取ってたけど最初にアモンを監禁でもして残りのメンバーで監視役を暗殺するとか、アモンに計画を教えないで実行してまるでアモンが計画を知ってたのに報告しなかったように見せるとか、どうとでもなったと思う。それかアモンが敵の組織を引き連れて喫茶月影を襲撃する展開とか面白かったのに。このゲームは会話で状況を説明するシーンが多くて、せっかく裏社会の設定なのにあまり戦いが見れなかったのが残念でした。もしかしたら殺し屋って案外そんな物かもしれないけど。遠くから撃っておしまい、みたいな。

ところで月影は長距離のスナイパーは少ないからアモン達に助っ人を頼むんだけど、それならツキミさんとイズナさんは喫茶スタッフとしてより月影のスナイパーとして活躍すべきじゃない?人事部間違ってるぜ。


では唐突にここからキャラ別感想です。

イズナ
イズナくんはキャラとしては好きだし、他人ルートでは頼れる同僚なんだけど、本人ルートのストーリーは理解に苦しんだな。いつの間にかイチゴ好きになってるし。あっという間に同棲生活してましたよ(違う)。

イズナはお兄さんの件があるので人と親しくなるのを避けようとするだろうし、仕事にストイックそうだからイチゴに手を出さなそうだよね。イズナは素敵なサブキャラとして登場して欲しかったよ。イチゴになびかないイケメン枠。

イズナは最初に攻略したので私はずっと「どこの裏社会の殺し屋がこんな足手まといを好きになるんだよ。。。」って思いながらプレイ。依頼人だってこんな結末怒るでしょ。このゲームって設定はハードなのに恋愛過程がピュアっていうか青春ぽいですよね。2人で地上デートとか、なんかおかしい。可愛いけど。

普通の喫茶店のバリスタとバイトちゃんの恋だったらいいんだけどね。微笑ましくて。


アモン
チャラいけれど一番悩んでそうなアモンくんは自分のルートもいばらの道でしたね。コウモリの様な立場なので、自分でも無意識に葛藤してる感じだったな。うざいけど不憫な複雑なキャラでした。

ところでアモンルートのクライマックス、盛り上がってる所を申し訳ないんだけど、なんで裏切って監視人を12人も殺してくれたアモンくんを撃っちゃうの?わざわざイチゴとアモンを街中で襲撃する意味ないよね??喫茶月影先生で監禁して口割らせりゃいいじゃん。ツキミさん(ノインかな?)は悪趣味だなあ。

ハッピーエンド、昏睡状態から目覚めてすぐイチャイチャしとるけど、点滴の管とか、気管内チューブとかどうしてるんでしょう??

アモンは呑気に他人ルートでアホやってるのが一番平和でしたね。どのルートでもバンバン撃たれてたから平和って言うとアモンは納得いかないかもしれないですが。


長谷川
3人目まで来ると急展開やトンデモ設定にほぼ慣れて来るのでトクですね。それでも彼もやっぱりイチゴを好きになった理由がわからなかったな。不憫で人魚姫の女の子に似てたから?人魚姫はイチゴにぴったりのストーリーでしたね。でももう一歩踏み込んで人魚姫に似たバッドエンドを長谷川でやって欲しかったな。悲恋好きにはたまらないエンドになった事でしょう。

序盤でイチゴに助言するから実は警察側の人間なのかなとか思ってたら全然違ってガッカリ。そして終盤長谷川がマフィアのボスってカミングアウトした時もこんなに面白い展開が待ってたのかと大興奮したのに嘘でさらにガッカリ。それでも長谷川さんを見捨てられなかったのは誠実で優しいからかな。真面目で上司思いだし、イチゴにもとても親切で裏社会には勿体無い好青年だ。珍しく顔に傷があるキャラを好きになった。忍恋の真田先生以来の快挙(誰も聞いてない)。

ところで「私は死にません」って言ったのは長谷川さんの事だからジョークでもなんでもないんだろうけど私には101回目のプロポーズの金八先生を思い出して辛かった。どうせならトラックの前に飛び出して、ボルトの指輪を用意してほしかったよね(うろ覚え)。


ツキミ
私の乙女ゲーム史上初めて好感度上げる方の選択肢をほぼ全て一発で選ぶ事が出来た私の運命の様なお方。なのにルートがそんな好みじゃないのが残念だ。。。でももしかしたら何を言っても受け入れてくれる優しい性格だからこそ好感度が上がる方の選択肢が簡単に選べるようになってるのかも(文章が下手だけど通じるかな、これ)。ううむ、深いな。

とにかく優しくて癒されるキャラでしたね。ちょっと抜けてるところがまた可愛い。女性の服の好みがすごく少女趣味の所が女慣れしてないっぽくて微笑ましい。フリフリの服をツキミさんの為に着てあげるイチゴちゃんは天使だ。

このルートはイチゴちゃんが重くて息苦しかった。バッドエンドの方がしっくり来る気がしました。こんな時でもツキミさんはイチゴちゃんの希望を叶えてくれるんだなと感動。

ツキミさんは殺し屋ルックも似合うけど、カフェでちまちまスイーツ作ってるのが一番幸せそうですよね。2人で喫茶店経営、大変そうだけど頑張ってほしい。


クラマ先生
白衣をいつでも着るTPOの概念の無さを気にしなければクラマ先生ルートは最高。始めはイチゴを研究対象として見ていたのにいつの間にか存在が大きくなっていく過程が丁寧だったな。ちょっと常識的な人間じゃない感じなんで、年が離れているイチゴとの恋愛も違和感があまりなかった。闇医者で人とあまり関わらないからこそ、久々に深く関わりを持ったイチゴを好きになってしまったか。。。いけませんね、先生(ニヤニヤ)。

失声症を治そうとしてくれる姿勢が嬉しかったな。ちゃらんぽらんなヤブ医者じゃなくてちゃんと治療に専念する姿がいい。ブラックジャックよりすごすぎるのが気になるけど。長谷川ルートやイズナルートで活躍しすぎです。白川さんとアモンさん、蘇生後に脳みそが普通に動いていてびっくりしました。

先生ルートのマツリさんが、唐突に真相ルートっぽいセリフを連発して驚いた。そういうサプライズはノインくんにとっておいてあげてくれ。私はバッドエンドを全員のハッピーエンドの後に回収したのでノインルートを楽しめましたが、先に先生のバッドエンド見ちゃってたらノイン真相ルートに有り難みも何も感じなかったと思う。

ところでイチゴちゃんはずっと室内にいてビタミンD不足になりそうだけどどうなんだろ?クラマ先生が対策取ってるかな。


ノイン
こども店長が実は月影のボスって聞いてちょっとびっくりしたけど、長谷川がリバーオーグのボスって言った時の衝撃には劣るなあ。やっぱりちびっ子ギャングのルートだとどんな面白い展開でもどうでもよくなっちゃう(失礼)。でもみんながノイさんって呼ぶのは上司だからだったんだ。こういう細かいディテールが凝ってるゲームは好きだ。

ボスルートだからもっと派手なのかと思ったら、結構こじんまりしたルートだったな。真相もイチゴの兄さんと会話してるだけだったし。ラスボスがサブキャラだったり攻略キャラだと盛り上がるのにプロローグにちょいと出た老け顔のおっさんがラスボスまがいなのはちょっと期待はずれだったな。。。マツリが女ボスかと思ったら違うし。拍子抜けが多いルートでした。




こんなわけで攻略キャラランキングは
長谷川、先生>ツキミ>イズナ>アモン>ノインの順になりました。


実は終了後、声優さん方の収録後のフリートークを聴いてたらすごく一生懸命ゲームを作ってるのが伝わってきて、感想記事でコケに出来なくなった(いや、結構ひどい事書いちゃってるか。アハハ)。なんだかゲーム本編より泣けそうな感じでした(感想がおかしい)。制作チームからの声優さんへの質問もゲームへの愛が溢れてる気がしたし、声優さんも皆さん色々考えながら役を作ってるのが改めてよくわかりました。こういう方々のおかげで私は楽しくゲームが出来るんだなと思うと感謝の気持ちでいっぱいです。

本当はネタバレなしの感想の所で、このゲームは中古かお友達に借りるんでいいんじゃないかって書こうと思ってたんだけど、書けなくなった(今書いちゃったけど)。すぐ忘れて次のゲームの感想平気でキツイ事書いちゃいそうだけど、今回だけはひかえるわ(またしても上から目線)。

ところでフリートークの野島健児さん、声が高くてびっくりした。下天の華の光秀様だよね。全然違う声ですごい。イズナ役の石川君はフリートークでもイケメンボイスだったわ。ニヤニヤした。

コメント

非公開コメント

プロフィール

けーぴー

Author:けーぴー
乙女ゲームやめられません。
好き勝手にプレイ済みの乙女ゲームの感想書いてます。
ネタバレ感想ばかりです。

ブログ村

ブログ村参加してます。

カテゴリ

ブロとも申請フォーム