吉原彼岸花 vita版 感想

こんにちは。前回の記事に拍手やコメント、応援クリックありがとうございます。吉原彼岸花、無事終わりました。ちょっと短めかなと思いましたが遙かUにとても時間がかかったので私にはちょうどよかったです。

うーむ、あらすじ書くの難しいな(毎回言ってる)。真面目な花魁の初恋物語、ですかね。主人公の千早花魁は年季明け目指し働く真面目ないい子です。そんな子が恋に落ち、運命に翻弄されちゃうって話です。なんてったって吉原ですから運命が過酷です。昼ドラ系ドロドロ系悲恋ゲーム。

このゲームは今まで私がプレイした乙女ゲーには出てこない体を売る事への苦悩、自由の身ではない辛さの描写があり、かなり切ない気分にさせてくれました(;_;)。う、う、う、自由になりたい。。。とっても切ないのでサボテン系プレイヤーの私からも涙が抽出されました。

吉原彼岸花は「蝶の毒 華の鎖」と「月影の鎖」ぽいなと思いました。主人公が運命に逆らえない感じが蝶毒に似てて、薄暗くて息苦しい雰囲気が月影の鎖に似てます。この2作が好きな人には楽しめるゲームだと思います。

システムは超快適。三国恋戦記、絶対階級学園、大正x対称アリスと同じプロトタイプです。次の選択肢までスキップ出来るのは夢の様。セーブデーターをロードした後もバックログを確認出来るのもいいですね。

攻略キャラは皆さん魅力的です。吉原にふさわしい怪しいキャラや不憫なキャラばかりで、ひいひいさせてくれますがそれが醍醐味。金太郎飴じゃないので退屈しないけどルートのヘビーさや長さにはちょっと差があるかな。真相ルートがあるキャラもいますしね。どのルートも私は楽しめました。結構謎が出てくるので、それを追うのも面白かった。


背景は色が鮮やか。音楽も時代にピッタリでした。攻略キャラが最高で、シナリオもしっかりしてる。ミステリー要素もありとても楽しめるゲームでした。



ではここからネタバレ感想に入ります。











wp01_4x3.jpg 
うわ、大きい絵。でもいいや、綺麗だから。この方は廻船問屋の伊勢屋様。羽振りいいです。










あー、終わっちゃって寂しいけど謎が解けてスッキリした。これは良作でしたね。あまり突っ込みどころがないので感想記事が盛り上がりません。ハハハ。

攻略キャラがいい人は実は悪で嫌な奴が実はいい人っていう王道のどんでん返しシナリオなんだけど既視感がなく楽しめた。キャラが魅力的だからかな?

妖怪や鬼、土人形などは一切登場しないのが嬉しかった。でも登場する人間、鬼の様なお方もいたよね。人間でも十分恐ろしいわ。人間の怖さや自分勝手さに翻弄された。実は夜に一階に行く時に女の声が聞こえるシーンが登場した時に、ん?これは幽霊などが出てくるゲームなのかなと思ったら違いました。このシーンのおかげで時雨ルートをプレイするまで私も夜中にトイレに行くのが怖くなった。(監禁も幽霊以上に怖いんだけどね)。



ではここからキャラ別感想。



伊勢屋惣一郎
一番に攻略したのは伊勢屋様。パッケージを見ると彼のイメージが一番大きいのでメインヒーロー枠なんでしょうか?(トロコンしてもイマイチわからないけど)。最後の方に取っておいたほうがよかったのかもしれない。

穏やかないい男で、実は幼馴染。でも柚ちゃんや先輩の花魁はちょっと怪しいと思ってる。鋭い。序盤は微笑ましい幼馴染ルートだったのに、終盤はとてつもなくヤクザなルートになりました。幼馴染のこういう活用法、初めて(忘れてるだけかもしれないが)だったのでビックリ。徐々に不穏な雰囲気を纏って行く伊勢屋様、善人のふりしてた時は人間としてペラッペラだったので悪くなってやっと人間ぽいキャラになった気がする。生きるって綺麗事ではすまないって事がよくわかる。勉強になります。悪い顔が登場した時ゾクゾク、ワクワクしました。

メイン攻略キャラなのに他人ルートにおいて悪役、おまけにスチルに悪役で登場しちゃってるのって珍しくありません?でも悪い惣さんの方が生き生きとしていて好み。。。辰吉ルートでもっと暴れろ!!と心の中で叫んでました(ひどい)。でも辰吉ルートやってから惣様のベストルートオープンしても、あまりエンジョイ出来なかった。思いが人一番重く、運命の人ぽいのに関わらず、難ありの方なので千早は他の人と幸せになってほしくなる。不憫なキャラです。



神楽屋彰人
彰人はツンデレ枠?子供には興味ないって言いながらめっちゃ構って来ますね。私は年上ですぐにデレデレするツンデレは好きです。ギャーギャー喚かないツンデレが好きなので彰人は個人的に理想のツンデレだ。お金持ちだし(おい)。二人が意地はってる序盤は最高、彰人がしょんぼりした顔で好きだって言ってくるのも最高。とにかく最高です。

千早のご両親にお金を貸したのが神楽屋だったってのもビックリ展開でした。まあ、あまりにも順調すぎたか。巷のツンデレルートはデレた時点で終了なのでこのゲームはそこからさらに盛ってくれて嬉しいです。千早の葛藤が切ないったらありゃしない。このルートやってた時は黒幕の事知らなかったから余計全部彰人のせいだと思っちゃって辛かった。グッドルートも彰人が死ぬバッドルートも納得いける結末でした。



朔夜
お菓子ルート。カステラ食べたい。

朔夜くんがどんだけ冷たくしてくれるのか期待してたらほのぼのルートだった。想像と違ったけど朔夜くんがあまりに可愛かったので許す(何様)。とにかく美形で画面に出てるだけで幸せにしてくれるキャラだ。髪結いシーンやお化粧シーンがいちいち艶めいていて最高でした。最初はそっけないのに徐々に仲良くなっていく過程がまさに野良猫。このルートではネコちゃんを二匹飼いならす感じでした。

「ちはや」って何回も練習してるスチルが微笑ましいんだかホラーなんだかよくわからんかった(゚д゚)。もうこの時点で千早にメロメロなんですかね。字を教えてから慕ってくれて平仮名の手紙を渡してくれる展開、これ可愛すぎ。花魁は(私も)撃沈です。

猫の名前、始めは『くず』を選んだんだけど朔夜様渾身のジョークだったんですね。私、葛餅好きなんでいい名前だと思ったのに。。。

グッドルートで成長しててビックリした。別人に見えた。相変わらず美形。



辰吉
このルートは両想いなのに思いを告げられないもどかしさを堪能出来る至福のルートでした。オペラかってくらい悲恋要素たっぷりですね。禁断の恋で恩人の想い人、おまけ労咳(;_;)。。。一つのルートにこんなに切なさ詰め込むのは違法じゃないんですか(褒めてる)。滅多に泣かない私もこのルートにはやられました。

辰吉のさりげない気遣いが心に沁みますね。こういう優しさにやられない女子はいないでしょう。こんな方が同じ職場にいて按摩をしてくれるなんて極楽でありんす。按摩の予約で1日がいっぱいになって通常業務が出来なくなりそう。

辰吉が見目も、声も私好みだったのもプラスですね。ぶっきらぼうな低音ボイスが魅力的すぎて辛い。今まで興津さんノーマークだったんですが、これからは彼のCVキャラを探す様になってしまうでしょう。

辰吉ルートはベストルートが労咳ルートか。。。。二人が生きて一緒に暮らすルートがバッドルートだなんてすごい深いゲームです。吉原の遊女にとっては相思相愛の方が生きるより大切なのかも。だから心中する人がいたんだろうし。惣一郎の事がいつまでも心に引っかかってそうな辰吉は二人で幸せになるのは後ろめたいのかな。。。でも最愛の人が大事な姉と同じ職業で苦しみ、同じ病で散るってなんてお気の毒すぎる。制作チームは辰吉に過酷な人生を歩ませますね(;_;)。



大月忍
胡散臭そうなキャラでしたがただのおぼっちゃま侍だった。折紙が得意だったり、千早にずっと手を出さなかったりちょっと他のキャラと毛並みが違いますね。ガツガツしてない感じ?やっぱりぼっちゃまだからかな。千早が折り紙シーンで「腐っても武士」だなあと忍の事を思うんだけど、いくら何でもお客様に酷くない?アハハハハ。結構キツイとこあります、この主人公。

怪しさ満載の持ち込みのお酒が水だった件、酔いたくないから忍びなのかなと思ってた(名前が忍で忍者だったらひねりがなさすぎか)。

一応チャラ男枠?あまりにいい人すぎて私のチャラ男レーダーが反応しなかった。チャラ男っていうよりヘラ男だな。たまに登場する真面目顔にキュンキュンしました。気遣いの人その2。応急処置も出来る有能。それに意外と強い。

蛍のシーン、忍の人柄がよくわかるいいイベントですね。お部屋に放つなんてロマンチックでございます。蛍が無事だったかはちょっと心配。人に触られた時点でグッタリしそうだ。でも翌朝、部屋に蛍の死骸がいっぱい転がってたらやだなあと素敵なシーンなのに気が散ったので捕獲出来てよかった。

弟が可愛い。継母は怖い。側室バッドエンド、負のループで自分も鈴千代の母(名前忘れた)と同じ様に嫡子を疎ましく思ってしまうのが切なかった。

グッドエンドは爽やかさが抜群ですね。年季明けしてるんで後ろめたくないし、弟君は生きてるんで重圧からも解放される。幸せになれそうです。



時雨
優しそうでいて怖いお方その2。一番に攻略した伊勢屋ルートで色々ボロが出ちゃってたのでご本人のルートではそんなに驚かないかなと思ったけど、さらに色々出てきちゃった。

時雨と千早の関係は依存しあってる関係なのかな?悪事露見した後でも時雨を見捨てない千早が痛々しい。糸里(だっけ?)のシーンや千早が桜華屋に来た経緯を知った後、時雨にキュンキュンするのは私には無理だった。私もまだまだ修行が足りぬ。

少年時代の時雨が彼岸花に囲まれてるスチル、美しかった。本当にこのゲームは美形が多い。少年時代のお姿と、共通ルートで唄が下手な千早に唄を教えてくれと言われ、一瞬引く時雨様にはニヤニヤしました。




こんなわけで攻略キャラランキングは

辰吉/彰人→朔夜→忍→惣一郎→時雨です。

序盤親切だった人ほど順位が低いという現象が起こりました(辰吉は例外)。

ところで私は自分の好みに関係なく一番主人公が幸せになれる相手を考察するのが好きなんですが、今回は彰人かな?ちょっと世間様がビビる職業してらっしゃるけど違法ではないし、身分もそんなに違わないので幸せになれそう。年季が明けてから忍と一緒になるのもまあまあかなと思いますが身分が違いすぎて辛そう。惣一郎、朔夜のエンドも逃げた果てだしね。。。

サブタイトルのー久遠の契りーが一番当てはまるのは惣一郎かと思うんだけど、製作者側としては時雨なのかな?かなり難ありな惣一郎だけど一番一途なんだよね。

このゲームをしてると火の元に注意しないとなと思います。火事怖い。






コメント

No title

けーぴーさんこんばんは(* ´ ∀ ` )
わたしは吉原彼岸花と蝶毒と月影も好きだから、傾向が似ているっていうのはなるほど!と思った。「運命に逆らえない」って蝶毒と吉原にピッタリだ!
驚きの真相が隠されてるのも似てるね。

夜にトイレ行くの怖くなるのわかるw
あのうめき声、真相がわかるまでかなり不気味だよね…。いや、わかってからも不気味だけど(笑)

惣さんは凛の為ならどんなに手を汚しても這い上がってすごいエネルギーだったよね。
凛への想いの強さを感じるけど、ほんとに悪い顔してるスチル多かったww そこも素敵だったけど!

辰吉の声色気があってかっこいいよね!
ほんと、このルートはめっちゃ心に来るけど辰吉を幸せにしたくて仕方ない(;_;)
辰吉と幸せな家庭を築ける完全ハピエンがFDとかで出ないかなぁ~…。

時雨はなかなか見ないレベルで業が深いお人だったねw
彼岸花を持ち帰ると火事になるって言い伝えと、タイトルが綺麗に回収されてて。

なんかみんな多難な恋だから最後幸せになる方法もバラバラだけど、ED後幸せになれそうなのは確かに彰人な気がする!
忍の最後のスチルも幸せ全開で好きだった(*・∀・)

Re: No title

ハリィさんこんにちは!こっちに来てくれてありがとう!

ホント蝶毒に似てるよね。主人公が両方とも裕福な家庭出身だし(凛の方がお気の毒だけど)。両方とも真相キャラが乙女ゲーム界1、2を争うワルですよね😃。確かに時雨様、業の深さピカイチですわ。あっちの真相キャラは好きなんだけど、こっちは無理でした。。。

彼岸花の言い伝えの回収、ほかの方のブログを読んでハッとなりました。よく出来てるシナリオです😭。あの時彼岸花をあげなければ良かったのかなと思っちゃう。。。

うめき声、こういうゲームじゃないと思ってたので余計ビックリしました。惣さんルートで死体をコッソリ運んでるっての聞いた時ゾッとしましたよ。ああ、糸里ちゃん可哀想。。こんな一見明るい遊郭でもやっぱり薄暗いとこがあるんだなって。

惣さんは他の乙女ゲームだったらシンプルな幼馴染ハッピーエンドに到達出来るのに可哀想だな〜と思いました!凛の為に何でもするファイトは凄いよね。それに比べると時雨さんは凛を自分のものにする為に何でもするって感じかな?。うーん、同じ様で違う。。。惣様は始めに悪を出しておいて最後の方で実は幼馴染でしたっていう流れの方がファンが増えたんじゃないでしょうか。

辰吉のハッピーなハッピーエンドが出たら私も即買う!声よかった〜色々保存しました、あとでニヤニヤする為に。

ハリィさんのいう通りハッピーエンドが多様なのがいいですよね。どのキャラにもピッタリなのがニクい。忍エンドは晴れ晴れしてていいよね。問題全部解決されてて。

あーこのゲーム語り始めると止まらないよ!!ではコメントありがとうございました😃
非公開コメント

プロフィール

けーぴー

Author:けーぴー
乙女ゲームやめられません。
好き勝手にプレイ済みの乙女ゲームの感想書いてます。
ネタバレ感想ばかりです。

ブログ村

ブログ村参加してます。

カテゴリ

ブロとも申請フォーム