遙かなる時空の中でUltimate ネタバレなし紹介記事。

こんにちは。前回の記事に拍手ありがとうございます(*^_^*)。本当に嬉しいです。今回は遙かなる時空の中で1Ultimateのネタバレなしの感想/紹介記事です。

遙かなる時空の中では現代の女子高生が異世界に召喚され、お前は神子だからこの世界を救ってくれといきなり言われるゲームです。今回の遙か1、飛ばされる場所は平安時代の京です。怨霊と戦ったり封印したりしながら神子も仲間も成長していきます。RPGぽいですが乙女ゲームなので仲間の一人と親しくなり恋仲になります。(えらくはしょってるあらすじですが重要な所は抑えてるつもり。ハハハ)。

遙かなる時空の中でシリーズの原点なだけあって八葉、四神、鬼、星の一族などの遙かならではの設定がよくわかる作品になってるなと思いました。

ネオロマのいつものシステムで様々な場所に行って戦闘をしたり恋愛イベントを起こします。色々なイベントをチョコチョコとこなして行く内に徐々に仲が深まるので恋仲になるのが唐突って感じはしません。

今までプレイしたネオロマで一番恋愛描写が控えめな気がしました。初代遙かだから?それとも平安時代だから?文のやりとりや攻略キャラが歌を詠んでくれたりするのが風流で素敵で逆に新鮮でした。控えめ描写を大満喫出来るゲームですね。

やはり1作目であり、年季が入ってるので最新作の6に比べるとプレイ中の快適さは劣るなあと思いました。この遙かは作業がとても難しかった。多分ヒントの少なさのせいだと思います。恋愛イベントを失敗しても気がつかず、ずっとそのキャラの好感度をあげたりしてましたから。無駄に何周もしました。

酷い時は攻略サイトを7つもPCで開けっ放しにしてプレイ。ちょっと移動するたびに、間違えてないか攻略サイトでチェック。疲れました。(それでも色々逃した)。セーブスロットも全部使いました(遙か3に続き人生で2回目)。濃いプレイが好きな人、RPG好き、チャレンジャーにはピッタリのゲームです。

戦闘はRPGぽいのですがどこでも自由に行けるので、間違えて強敵がいる所に行き、全滅する可能性があるので要注意。ところで戦闘は避けようと思えば避けてボス戦だけでエンドまで行けるのですが戦闘しないと到達しないエンドがあるのでお気をつけ下さい(ラブラブなのに共通ルートに行っちゃいます)。世界を救うために異世界にいるのだから大人しく怨霊を倒しましょう(私の様に急展開エンドたどり着かない無限ループに入りたくなかったら)。

ミニゲームに神経衰弱があります。これは戦闘に役立つ回復アイテムなどがゲット出来るのですが、かなり精神が消耗されます。パーフェクトを取ると好感度が上がるので何回もやり直すのがベストですがゲームが嫌にならない程度に頑張って下さい。。。

今時のゲームに慣れた乙女ゲーマーに初めての遙かはどれにすればいいか聞かれたら悩むなあ(1、3、6しかプレイしてないけど)。いきなり1をプレイしちゃうと難しすぎて他のに挑戦する気が失せそう。vitaになった作品の攻略おすすめ順は6、1、3かな。続編ってわけじゃないから取っつきやすい6を最初にプレイするのをオススメします。そのあとに1を苦しみながら楽しんで下さい。

なんか褒めてるか褒めてないかわからない文章ですが、遙かファン、ネオロマファンにはオススメの作品です。

icon_twi_07.jpg 



コメント

非公開コメント

プロフィール

けーぴー

Author:けーぴー
乙女ゲームやめられません。
好き勝手にプレイ済みの乙女ゲームの感想書いてます。
ネタバレ感想ばかりです。

ブログ村

ブログ村参加してます。

カテゴリ

ブロとも申請フォーム