十三支演義 偃月三国伝2 感想

こんばんは。前回の記事に訪問、拍手、クリックありがとうございます(*^_^*)。十三支演義 偃月三国伝2終わりました。勿体無くてゆっくりプレイしたかったけど面白くてスローダウン出来なかった。FDだか続編だかよくわからないけど、今作の方が糖度が高めですね。顔はにやけっぱなしだったと思います。どのキャラのスチルも攻撃力高いです。私なんて何回見たかわかりません。1より切ない展開が多かった気がしました。キュンキュンしっぱなし。

このゲーム、どのルートも赤壁の戦いがメインになるのかなと思ってたけど違いました。行き先も展開も全く違ったルートがあって金太郎飴じゃなかった。バラエティに富んだシナリオでした。キャラによってはとんでもない展開が待ってましたが、この世界は猫耳族がいるので摩訶不思議展開もありかなと思いました。

十三支演義 偃月三国伝はシリアスな時代物と仲間内のコメディーっぽい要素がうまく混じった良作でした。薄桜鬼、百花百狼が好きな人に向いてるゲームかな。あと三国恋戦記の対のゲームとして是非プレイして欲しいです。


ではここからネタバレ感想です。





















jyuza_v_tw5.png

 相変わらず一番好きなキャラは趙雲なんだけど、今作は曹操様のルートに一番グッと来た。切なくて心臓抉られる感じです。

桃園システムが1000倍楽になってた。バンザイ。桃園の郭嘉のルートは趙雲のバッドエンドの後の話でしんみりする話のはずか郭嘉の趙雲への仕打ちがひどかったのであまり楽しめず残念でした。夏侯淵、孫権のルートは微笑ましくてグッドでした。

サブキャラ達の恋愛観やS、M、N談なども面白かった。劉備軍チーム面白すぎです。

ではここから唐突にキャラ別感想をどうぞ。




諸葛亮

劉備と話してる時は微笑してるのに、関羽と二人きりになると即真顔になり辛辣な言葉でグサッと言ってくるのがたまらないですね。もっと睨んでほしい。

独占欲が意外と強いのが可愛い。孫権が関羽を献上してくれると勘違いした時とかはっきり断ったりしてくれるのがいいです。

終盤の裏切り大作戦、いつもこういう展開で私は騙されて心が痛むのですが、今回も諸葛亮の性格からして本当に曹操軍に下るのかと思いました。攻略キャラを信じるって事が全く出来ません。まあ、うまくいってよかった。

それにしても諸葛亮が劉備軍に入ってくれて本当にホッとしました。➀ではブレーンがいなかったので周りの勢力にやられっぱなしだったから。効率よく劉備軍が動いてくれて嬉しかったです。2でイライラが減りました。

なんだか諸葛亮との恋愛を楽しむっていうより、彼の能力に感謝する謎の楽しみ方をしてました。



曹操
このルートはやばかった。涙が出て来た。今年の乙女ゲーム初泣き。曹操が不憫すぎて(;_;)。切ないルートですな。この世に生まれて来てはいけない存在だから今まで愛されず、同じ星の下に生まれた関羽なら自分を理解してくれると思って求める。ううう。かわいそうだ。

不器用な方法でしか人を愛せず、すれ違ってしまうのが切ない。夫婦なのに触れないようにしていて、たまに我慢できなくなり髪を梳いたりするのがグッと来ますね。前作の趙雲ルートもそうなんですけど好意を抑えなくてはいけない事情で苦しむ攻略キャラを観るの、私すごく好きみたいです(あれ、これってS?関定と蘇双に聞かなきゃな)。

今作だと心の内を明かしてくれるので、本当に救いたくなりますね。お父様の呪縛も悪化してるみたいだし、今回は関羽に何を求めているのかがさらによくわかった気がします。普通だったら大空を翔ることができる鳥は自由の象徴なのに曹操ルートではその反対として使われるのが興味深かったです。血ではなく心で繋がる事が出来てよかった(;_;)。涙。



張飛
張飛ルートを趙雲の先にプレイしないと放置ゲームになってしまう可能性があるので三人目に抜擢。でも途端にゲーム熱が冷め困りました。やっぱり熱血年下キャラは苦手だ。

1より成長していて突っ走る所が無くなったのは好印象。イメチェンも成功して男らしくなりました。スチルもいいのばかりなので、張飛が頼れるお兄さんキャラだったらもっとハマれたのになあと思い悲しかったです。

関羽が張飛を意識し始めた時は張飛、報われて良かったねと心から思いました。張飛ルートでは私は蘇双と関定と一緒に二人の恋愛を見守ってた感じです。

ちなみに一番張飛ルートで心がえぐられたのは、バッドエンドで趙雲が曹操軍に切られた所です。すみません。




夏侯惇
夏侯惇が可愛かった。なんて純情な奴なんだ。

夏侯惇はしっかりとした芯を持った人ですね。関羽も夏侯惇を知れば知るほど、ただ十三支、十三支って喚いてるだけの人じゃないって気づきます。

監禁中、心の距離が近づいて行くのが微笑ましい。目を潰した事に負い目を感じる関羽に、気にするなと言える夏侯惇は人間として出来てますね。

守り、守られる存在ではなくライバルで戦友のような関係がすごくいい。今回も同じように信頼して戦う姿がよかったです。

ところで最後の戦場でのイチャイチャシーン、張飛と趙雲の前でしちゃってるのかなと思ったらお気の毒すぎで直視出来なくなりました。でもツッコミが入らなかった。ショックすぎて声も出なかったかな。

それと今回は夏侯淵が助かってよかった。一瞬、目覚めた後のほっぺ触るスチルの時ちょっと三角関係っぽくなるのかなと思ってたけど、違いました(残念)。と思ったら桃園でちゃっかり兄者の想い人に接吻しちゃってるよ(゚д゚)。どうしようもない阿呆だけど夏侯淵も好きです。



劉備
石田彰様の演技は素晴らしい。立ち絵を見なくてもどの人格が出て来てるのかわかりますね。最後、全部の人格が混ざった声なんてうますぎる。でも石田ボイス以外の感想はないな。1でのちびっ子姿を引きずって、あまり恋愛過程をエンジョイできなかった。小さいまま、サブキャラでいてくれた方が良かった気もする。

尚香が不憫なルートでした。劉備は関羽の方が好きってすでにわかってるからライバルとしてハラハラあまりしなかったし、化け物に取り憑かれたり自分を曹操の刀で切り入水とメチャクチャでした。いいとこの姫様なのにかわいそう。



張遼
土人形ルートはまるで大団円ルートみたいに皆さん勢ぞろいですね。最後はアニメの最終回みたいに盛りだくさんでした。

劉備ルートの次にプレイしたので、尚香に取り憑いた妖怪に乗っ取られたと思ったが違うみたいですね。張遼さんがまだ存在してるのに理由をつけなくてはいけないばかりに、ルートが定められてしまった気がします。

関羽の耳がなくなったのは木に浄化されたからなのかな?

生まれ変わっても巡り会うとは一番運命の相手みたいな終わり方で驚きました。もうそろそろ現代ってくらい時間が経っちゃってるのかな?鉄砲登場。

主人公自身がラスボス化し色々な町を壊滅して回る破滅的な展開は乙女ゲームで初めてだったので面食らいました。制作チーム、攻めてます。



趙雲
酔っ払ってせまるシーンなど、序盤からいい感じでニヤニヤしてた趙雲ルート、意外な方向に進みましたね。乙女ゲームって攻略キャラの心の傷を癒して乗り越えた先にロマンスがある事が多いので(曹操や諸葛亮ルートみたいなの)、趙雲ルートは反対でビックリ。こっちが介護される側かあ。ラクチンで嬉しいです。

関羽が「‥‥」「‥ょ‥ぅ‥」しか言わないで何章も進んでしまうので甲斐甲斐しくお世話してくれる趙雲に申し訳なって来るルートでした。趙雲がキャンプ中にアウトドア料理を振舞ってくれるのが嬉しいです(違う)。料理が得意じゃなさそうな人が頑張って作ってくれたりするとキュンキュンしますね。(いや、多分趙雲だったら何をしてもキュンキュンするんだろう)。

優しい趙雲にはお世話ルートが一番しっくりきたと思いますが、なんかもっと二人で赤壁で戦ってるルートが観たかったな(戦闘中に髪留め取れちゃって立ち絵が変わるのをまた観たかった)。

関羽は今までも辛い事を沢山乗り越えて来てるから賈詡に難民の子供達を殺されてもあんなに心が壊れるかなあと疑問に思いました。

ところで趙雲が元部下に罵られてダメージ来ちゃうシーン、これからは関羽が趙雲をサポートする展開が来たのかと思いワクワクしてたら一瞬で立ち直っちゃった。趙雲本人と同じくルートも結構大雑把でした。大雑把と言えば、元部下(馬ナントカさん、名前忘れた)が関羽を人質にしちゃうシーンも、一人で行かせるのかよって驚きました。戦の計画は緻密に出来るのになんか抜けてるとこありますね。

それにしてもちゃっかり趙雲は毎晩関羽と一緒に寝てたのか。。。。張飛がかわいそう!やだ、いやらしい!(関定風)。この設定のおかげで素敵なスチルが生まれました。ありがとうございます。



周瑜
真面目になるチャラ男枠。私がいつも引っかかってしまうタイプは、馴れ馴れしくされた後に急にそっけなくなる展開(1の趙雲か)。こういう展開ってなんでこんなに切ないんでしょう。

病気持ちかあ。吐血するほど重症じゃ普段も辛くて戦場に出てこれなそうですが、これは気力でなんとかしてるんでしょうか。トゥルーエンドの最後、本当に死んじまって、天国で幸せに暮らすエンドなのかなと思いました。このゲームならこれくらいしそうだなと。

周瑜様って私好みの要素沢山持ってるんですが、曹操軍に偽の投降中に寂しげな曹操様のお顔を見てしまうと絆されてしまいます。自分以外のルートで寂しい顔しないで欲しい。。。おまけに趙雲もおちょっかい出して来るし、周瑜以外の誘惑が多いルートでした。


1も2も面白くて、本当に買って良かったです。オトメイトはサラッとした仕上がりのゲームが多いのですがこれはどっしりしていてプレイのしがいがありました。趙雲と曹操のスクリーンショット、私のvitaのメニューページに採用決定ですね。ニヤニヤ。

コメント

No title

あまり尽されたいって言うタイプじゃないんだけど
趙雲に何でもしてもらえるあのルートは
夢心地でした。www
鈴村の「おいで」最強説。www

二年前から鈴村大好きだったのかぁ・・・
いやきっと多分 全然もっと前だけどw

ねーねー カンテイかわいかったでしょ?
戦場をも和ますあのツッコミセンス最高。w

Re: No title

せーちゃんが関定がいいって前に書いた時、せーちゃんどうしちゃったのかと思いましたが、確かに最高でした!。2では絶妙なボケとツッコミ役でしたね。

趙雲よりいい攻略キャラはもう金輪際登場しないんじゃないかと心配するくらい良かったです。洗濯ほし手伝ってくれた時点からゴロンゴロンでしたよ。ダリウスや紫鶴先生より優しい鈴村ボイスにはホント降参です。


非公開コメント

プロフィール

けーぴー

Author:けーぴー
乙女ゲームやめられません。
好き勝手にプレイ済みの乙女ゲームの感想書いてます。
ネタバレ感想ばかりです。

ブログ村

ブログ村参加してます。

カテゴリ

ブロとも申請フォーム