花咲くまにまに 感想

ブログに遊びに来て拍手してくださったお客様、ありがとうございます。本当に嬉しいです!

今回もネタバレ満載の好き勝手感想です。
 

http://5pb.jp/games/hanamani/





大まかなプロットはタイムスリップで江戸時代に飛ばされた主人公の七緒の自分のルーツ探しの旅 + ついでに長州歴史入門って感じですかね。うーん説明が難しい。この二つの要素はゲームの中でも独立して話が進んでいきます。おまけに双子のルートは家族ドラマもありでゴタゴタ。

とにかくただのタイムスリップ物ではないですよね。パッケージとウェブサイトの印象で想像していたゲーム内容とはちょっと違ってました。

全体的に綺麗にまとまってるゲームなのであまり突っ込みどころがないかな?(辰義ルート以外はね)私はどのルートも楽しくプレイしました。

七緒ちゃんはどんな主人公かというと、可愛くて、長年の修行に耐えた花魁も凌駕するスーパー花魁スキルを短期で習得できる子です。彼女のお大尽との接し方が勉強になります。清菊より初々しい七緒ちゃんが好きっていう殿方が多いのがリアルだ。(清菊さんはライバルになりかねない七緒に対してとても優しく育ててくれる粋な先輩です。)そうだよね、殿方は可愛げがない大人より隙がある若い子の方が緊張しないよね、楽しいよね。

この初々しい七緒ちゃんを辰義以外の攻略キャラが手取り足とりアシストしながら話が進んでいきます。万珠屋のスタッフ皆いい人。褒めて七緒を伸ばしてくれます。飴(辰義以外のみんな)と鞭(辰義)。

攻略キャラはみんないい味出しています。和助と小五郎は大人ですよね。この二人のルートは歴史が関わってくるのでかなり波乱万丈な印象を受けました。二人とも素敵で捨てがたいんですよ。女なれしてるからこっちが振り回される。この醍醐味、乙女ゲームならではです。

宝良くんは両思いなのに打ち明けられない、の王道ルートです。結構この展開好みなので楽しかった。明るい宝良が悩む姿は辛そうなんだけど、悶々としてる彼の方が素敵なのである。

辰義君はツンツンしていて助けてくれてもかなりそっけないです。兄妹とわかってからは、これは乙女ゲームかい???ってぐらい二人の距離が離れていきます。辰義ルートは救いがない方向に行くので精神的に疲れるルートですね。逆恨みっぽいと思ったので辰義の動機に共感はできませんがルートとしては面白みがあったと私は思います。監禁しても手作り羊羹持ってきたりする理不尽さが不憫ですね。本人も監禁なんてしたくないけど自分でここまで追い詰めてしまって、引き返せない。でも七緒を大事にしたい気持ちも忘れられない、だから心を込めて料理する。自分が復讐するのを見せたくないし七緒を守りたいからと理由付けして監禁してるけど本当は醜い復讐をしている自分を見せたくないのかなって印象を受けました。

楓のルートはずるいですよね。お調子が良くて、軽い感じだったのであまり期待していなかったんですが、今は自信を持ってお勧めできる! 楓のルートは最後までとっておこう!そうしないと他のルート(特に辰義)が霞む。お願いだから。(他のルート全部やらなきゃ入れないんだっけ?忘れちゃった)櫛を選んだ七緒に対して言うセリフとかさ。もうあとで振り返って苦しい。現代に帰ってきての櫛のシーン、切ないじゃないかい。もうこのシーンだけで買った甲斐があった!ありがとう!浪川ボイスもありがとう!

ちょっと力みすぎてしまいましたが、花咲くまにまにの感想を書くのにミニゲームの感想は避けられませんね。

ミニゲームの三味線、私にとっては苦行そのもの。 私自分の音楽的才能の無さに向き合わされたのは久しぶりです。ボタンを押したタイミングが合っていたのかもわからない内に曲が終わる。ろくに点を取れずにゲームが終わる虚しさはバッドエンドに匹敵します。流れている曲はいい曲なんだと思う。多分。全然聴けてない。必死で。

貝合わせは貝の模様を合わせるっていうのに気が付かずに、長い間神経衰弱としてプレイしてました。激ハードだなあ、と思ってた。気がついてよかった。

掃除は楽しい。現実だと一番嫌な掃除が一番好きになるとは。ミニゲームは奥が深い。。。おまけに大尽パートで選ぶ色に影響が出てしまうんだから、恐るべし仕様(不器用な私には)。でも皆を接待したいから頑張った!私ったら花魁の鑑。

長くなっちゃいましたが花咲くまにまに、私の中では好評価です。プレイしてる時楽しかったな。タイムスリップ物なのであまり深く考えずに楽しむのが吉。






コメント

非公開コメント

プロフィール

けーぴー

Author:けーぴー
乙女ゲームやめられません。
好き勝手にプレイ済みの乙女ゲームの感想書いてます。
ネタバレ感想ばかりです。

ブログ村参加してます。

カテゴリ

月別アーカイブ

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11