ニル・アドミラリの天秤 クロユリ炎陽譚 感想

 こんにちは。前回の新年のご挨拶記事に訪問、拍手、コメントありがとうございます(゚∀゚)。2018年に入ってもう1週間か。あっという間ですね(゚д゚)。それなのにまだ今年に入って乙女ゲームをプレイしてません。9人9時間9の扉終了後続編の善人シボウデスを始めてしまったから。相変わらずアナログスティックが本調子でないのでまるで縛りプレイの様になってます(ほんとアホ)。

善人シボウデスはDS版をプレイした事があるのですが内容をすっかり忘れてしまったので第3作のZERO ESCAPE 刻のジレンマの前にもう一回おさらいって感じでやり直してます。騙されてばかり、バッドエンドばかりで苦しいです。こんな事を書いてますが、ゲーム性もストーリー性もあるので乙女ゲーム以外をプレイしたい時に結構オススメです。

さて、ここからは年末にフルコンしたニル・アドミラリの天秤 クロユリ炎陽譚の感想です。もうすでに両思いになってからのストーリーなので飽きちゃうかなと思ったけれど楽しめました。どのキャラも本編のイメージを崩さない行動をするので本編を楽しめた方にはオススメ。前作でツグミの行動にイラついた方は要注意。今回も相変わらず理解に苦しむ動きをしてました。

ではここからネタバレ。読み直したら辛口だった。言いたい放題感想です。 





















akira_m.png 
※「ニル・アドミラリの天秤 クロユリ炎陽譚」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社に帰属します。
滉は冗談も言える様になり、明るくなりました。今作はあまり苦しそうにしてないので良かったです(個人的には悩む滉が好きなのでちょっと物足りない。アハハ)。



ニルアド、相変わらず皆さん美男美女ですね。絵が綺麗で見とれちゃいます。

この続編、サブキャラの使い方が新鮮でした。複数のルートで重要な役どころだったりするのが面白かった。色々なルートで違う面を見せてくれる。例えば錐合蓮様。1週目が鵜飼ルートだったので第一印象は差し障りのない良家のお嬢さん(ちょっと髪型がヘンテコな)でしたが、他のルートで彼女の苦悩が視えてきて辛かった。


では唐突にキャラ別感想スタート。なんだかもう内容忘れちゃったな。。。

一人目鵜飼昌吾くんは、人間としてとても成長した気がします。前作の終わり方ではツグミとの結婚に何も障害がなさそうでしたが、鵜飼家と久世家って格がちがうんですね。上流社会は大変だなあ。前作は鵜飼くんにあまり心を動かされなかったのですが、今作は結構良かった。吹っ切れた雉子谷さんが鵜飼ルートをさらに楽しめる物にしてくれたんだと思う。雉子谷さんは今作でお気に入りサブキャラに昇格。翡翠ルートでの励まし方がすごくて感動した(らしい。覚えてないけどブログにメモしてあった)。昌吾くんとナイスコンビだ。牢屋から帰ってきてくれてありがとう。

二人目鷺澤累は前作では独りよがりで突っ走ってましたが、自分の不安などをツグミに言えるようになって心をちょっと開いてくれたのかなと思いました。ま、食えない感じは相変わらずですけどね。私にはよくいる俺様キャラよりよっぽど累の方が尊大な奴に思えてしまうよ。でも顔はいい。性格はいいけど人が悪い。鵜飼くんはその反対かな。性格は悪いけど人はいい。

三人目星川翡翠ルート。前の二人に比べるとシビアなルートに思えた。お父さんに会えて良かった。火の玉スキル前作であまり出てこなかったから忘れてた。なんだか取ってつけた様な能力だなあ(翡翠よスマン)。それにしても翡翠のヴィジュアル可愛すぎる。女の子に間違えられてもしょうがないね。本当に申し訳ないのだがフクロウメンバーでツグミが翡翠を選ぶって奇跡としか思えない。ゴメン。

四人目は汀先生。今作では他ルートであまり登場しないので、仲間って感じが全然しません。杙梛さんのお店を手伝ってる時にツグミがモヤモヤするシーンがハイライトですかね。ところで全く関係のない話なんですが杙梛さんって飯島愛さんに似てない?目が小さめだからかな。汀先生ルートは女優と鵠居にイライラした事しか覚えてません。嗚呼、残念。

五人目攻略は滉。滉ルートは兄様が色々しでかすのかと思ったら全然違った。滉が久世家に行きたくないのってよくわかるから急かさんでもいいのにと思った。ヒタキが滉にはキツイしお前の実家になんて行きたくないんだよ!察して差しあげろ。

六人目隼人。相変わらず別格のヒーロー枠ですね。他の攻略キャラはツグミとコミニュケーション不足で悩んだりギクシャクしたりしますが、隼人はなんでもツグミに話して誤解が生まれる前に対処。この人仕事できるわ。

最後はクロユリルート。このルートでの隼人が不憫すぎる。宙ぶらりんで我慢だよ。ツグミが本当に好きなんだなあ(;_;)。ここでは隼人と累の間に火花が。隼人にとって累以外は恋のライバルだと思ってないのかな。二人のあからさまな牽制が楽しい。私は隼人の味方だ。多分。

鵺野さん良い味出してるけど、他のルートであまり怪しそうではなかったので、真実が知りたいワクワクを感じなかったのが残念。それまでほぼモブみたいだったから闇落ちしても衝撃が少なかったなあ。燕野くらい色々助けてくれてたキャラならびっくりするけどさ。でも松岡ボイスは嬉しかった。

それにしてもクロユリルートではフクロウ全員危機管理が酷くて参りました。鵺野さんだってコロッと騙されてくれて拍子抜けだったんじゃない?


ここからは全体の感想:

フクロウの立ち位置が今作でさらに迷走?前回はまだ稀モノ関連の事件を追ってたけど今回は殆どの事件が稀モノに関係ないのに首を突っ込んでる感じ。フクロウが警察みたいに事件を追うのおかしいでしょう。燕野くんが辛い立場に立たされそうでお気の毒だ(いつも泣きそうな顔だよね)。

クロユリルートなんてもう警察に任せていいだろうって所まで来てるのにフクロウ四人(+野次馬のプリンス鷺澤くん)で解決しようと駆けずり回るのがおかしいでしょ。バックアップなしでサバトの会合に潜入なんて殺してくださいって言ってるのと同じだよ。。。と、フィクションなのに熱くなれちゃうのはストーリーが面白いって事なんでしょうかね。

ツグミは訓練も受けてないのに一人で行動しちゃって、危なすぎる。危機感ゼロ。私が彼女の父親だったら即お家に帰って来てもらいますよ。それで八代家にさっさと嫁いでもらいます。和綴じ本のチェックは皆さんに本を家に持って来てもらえばすみそうだし。

あと気になったのは悪役が簡単に説得されちゃう所。どのルートの悪人も最後諭されて改心するのが納得出来ない。今までの覚悟などはどこに行っちゃったの?

もう一つ気になったのはツグミの言動。ツグミがいわゆる女の勘よ、とか私の女の勘ではきっと大丈夫だわ、って言うたびに無責任な事言うな!と腹がたってしまいました。この根拠のない自信やめてくれ。

それにしても猿子さんのお面は今作でも外れなかったか。。。残念だ。

ニルアド続編、面白かったけどツッコミ所が多かった。辛口なことばかり書いてるけど好きです。トロコン後、スチルの画面を開いてニヤニヤ。やっぱり絵が綺麗な乙女ゲームはいいですね。

コメント

非公開コメント

プロフィール

けーぴー

Author:けーぴー
乙女ゲームやめられません。
好き勝手にプレイ済みの乙女ゲームの感想書いてます。
ネタバレ感想ばかりです。

ブログ村

ブログ村参加してます。

カテゴリ

ブロとも申請フォーム