Re:BIRTHDAY SONG〜恋を唄う死神〜 シュン感想

こんばんは。前回の記事に訪問、拍手ありがとうございます(*^_^*)、本当に嬉しいです。

最近ブログの↑のアドレスバーに南京錠がないのが気になったのでHTTPSに変えてみました。ブログが進化したみたいで嬉しいのですがこのおかげでプラグインがおかしくなってしまいました。カテゴリをアイウエオ順にたためるのがお気に入りだったのに(;_;)。HTMLいじったりするのはできないので公式のカテゴリに戻しました。

そしたらご覧の通り右側のコラムがとても長くなってしまった。長さ対策のためにオススメゲームを減らしてもいいけど、どれも捨てがたい。消すならアイコンのサイズが一つだけヘンテコなサイドキックスですかね。でもサイドキックスを宣伝したいし困ってます。

そんなわけでブログの右側は色々変化すると思います。目障りで御免なさい。


さて、今回はRe:BIRTHDAY SONG〜恋を唄う死神〜 シュンのキャラ別感想です。攻略順に感想書きました。

感想というより自分のプレイ日記になってる気もします。
色々ネタバレしてるので、ここから先はプレイ後の方のみ進んでくださいね。














180_syun.png 

シュンルートはお花畑で鬼ごっこしたりして微笑ましい。一番イカツイからアンバランス。よくいるガサツだけどピュアなハートの持ち主担当のシュンくん。ですから動物に優しかったりするエピソードが含まれてますね。ベッタベタだけど許す。

シュンくんが料理上手なのは前世で苦労してたからなのか。彼の前世は本当に可哀想でした。子供は親を選べないもんね。ちょっと主人公との縁は薄い気がしたけど、主人公の存在は春斗の救いになってたんだろうな。

シュンルート一周目、うまくベストエンドへ向かってると思ってたら唐突にナミ先生に鎌で殺されるエンドになり呆然。バッドエンドが鎌のお陰でいつもより数段容赦ないバッサリ感でした。お先真っ暗、目の前真っ赤。

2周目は1周目と正反対に嫌われそうな選択肢を選んでたら今度は死神エンドへ。これはグッドエンドの一つって感じですよね。ちょっとはシュンのお気に召したらしい。死神エンドは個人的にハッピーエンドとは違う気がして複雑な気分になりました。他人の成仏を阻止するのって結構罪深いんじゃないかな?それでなくとも冥土の人口増えてるのに。本当に好きなら自分から解放してお母さんと一緒に転生させてあげたいと思いそうだけど。それにシュン死神エンドの後日談はどうでもいい後輩の話で長くて辛かった。

シュンの転生エンド感動的でした。でも、一周目である事や、たどり着くまでにえらく苦労したのも評価に影響してるかもしれない。生まれ変わるためのお別れってのは死別の悲しさを減らして切ない部分だけ残したみたいで結構好きです。

引き止めたいけど、逝って(生きてかな?)幸せになってほしいなとも思わせる複雑さが乙女ゲームにぴったりの設定だ。相手の未練がなくなって本当に良かったと思うと同時に自分の未練が晴れるまで会えないのがわかるから本当に切ない。向こうは自分の事を忘れてしまうのも切ない。

余韻にひたる訳でもなく主人公もすぐ後を追う展開は、もうちょっと切なさを引っ張ってもいいんじゃないかなと思いました。

ところで一番シュンルートでダメージ来たのはシュンが昭和生まれだと知らない主人公がお母さんのl事をおばあさんだから人違いでしょうって言い放った時ですね。無邪気なお言葉だから余計にグサッと来ます。ああ、オイラも昭和の生まれさっ(°_°)。っていうかこのルートではお前の前世も生まれは昭和だろ(゚д゚)。シュンは私と違って全然気にしてませんでした。彼は人間出来てるんです。

コメント

非公開コメント

プロフィール

けーぴー

Author:けーぴー
乙女ゲームやめられません。
好き勝手にプレイ済みの乙女ゲームの感想書いてます。
ネタバレ感想ばかりです。

ブログ村

ブログ村参加してます。

カテゴリ

ブロとも申請フォーム