やっぱり来た、抜け殻タイム

昨日の記事、言いたい放題なのに関わらず訪問してくださって本当にありがとうございます。とっても励みになります(*^_^*)。

ただいま次にプレイするゲーム検討中。

もし神、早く終われー(°_°)って思いながらプレイしてたんですけど、いざ終わったらまさかのもし神ロスになってしまったみたい。自分でも信じられないけど。

それだけ濃かったんだなあ、内容が。

イマイチ次にするゲームを選ぶ気分にならない。抜け殻状態だ。タマシイがもし神と共にどこか行っちゃった。

いつもならウキウキしながらゲーム並べて物色するのにな。

今の所、二本収録してあるゲームで一作プレイ済みのStarry Sky〜After Spring~  か華ヤカ哉、我ガ一族幻燈ノスタルジィの黄昏ポウラスタにしようかなと思ってます。

まずは内容が予想できる気楽さに逃げて、十分にリカバリーした後また追い詰められ系のゲームに移動する予定です。

もし、この世界に神様がいるとするならば。ネタバレあり 感想

 おはようございます。こちらは『もし、この世界に神様がいるとするならば。』ネタバレありの感想です。

『もし、この世界に神様がいるとするならば。』を未プレイの方は読むと衝撃が減ってしまってもったいないので、ぜひゲームを終わらせてから言いたい放題言ってるこの記事を読んでいただきたいなあと思います(*^_^*)。

続きを読む

もし、この世界に神様がいるとするならば。ネタバレなし 感想

こんばんは。前回の記事へ訪問、拍手ありがとうございます。本当に嬉しいです。とっても励みになります(*^_^*)。

今回はvitaの乙女ゲーム、『もし、この世界に神様がいるとするならば。』の感想です。長くなっちゃったのでネタバレありとなしで分けることにしました。ネタバレなしの感想ってどこまで書いていいのかわからないので全く情報なしでプレイしたい方は読まずにいた方がよろしいかも。

続きを読む

謎は深まるばかり

こんばんは。前回の記事に訪問、拍手ありがとうございます(*^_^*)。とても嬉しく励みになります。

もし、この世界に神様がいるとするならば。1周目終わりました。でもまだ何がなんだか全然わからない。珍しく寝落ちしてないのになんで?

このゲーム、アマゾンレビューなどで評価が低いので今まで避けてたんだけど中古で買ってしまったんですよね。やはり乙女ゲー先輩方の忠告を聞いた方がよかったのか(´・_・`)。。。

プレイし始めた頃はそんなに悪くないじゃんと思ったけど進めれば進めるほど謎ばかり増えていって頭が大混乱。。。私の理解力が低下してるのかもしれん。結論出すのはもう少し周回してからで。2周目行ってきます。

次のゲームは趣向を変えて

こんにちは。前回の記事に訪問、拍手ありがとうございます(*^_^*)。とっても嬉しく思ってます。

ところで、ブログのテンプレートの模様替えをしてみました。色々あって迷いますね。とりあえずシックな物にしましたが、また変えちゃいそう。サイドバーのオススメゲームも足したけど画像のアドレスを貼ったりめんどくさいですね。灰鷹のサイケデリカのラヴァンだけ大きくなってしまったし。なんかもっと楽に編集方法はないんでしょうか(;д;)。


ま、それは置いておいてゲームの話に入りますが、前回の記事に書いた通りやっぱり次はプリンス・オブ・ストライドとは正反対な不健全なゲームがしたい。脳内イメージはニルアドっぽいやつ。

その思いを叶えるためにプレイ待機のゲームの山と向き合いました。(半分はバーチャルなダウンロード版だけど)

やっぱり不健全といったらCERO D でしょ、てなわけでD判定のゲーム探し。その中から悩んだ末選んだのは もし、この世界に神様がいるとするならば。でもこのゲーム、少し私が思ってた不健全と違うみたい。

数分プレイするだけで夜に一人でプレイ出来ないタイプの不健全なオーラをひしひしと感じてしまうんですが(゚д゚)。なんか所々不気味で。音楽も怖いよう。

ううむ、私は一人でニヤニヤしながらプレイできるタイプの不健全を求めていたんだけどな。


でもせっかくだからこのまま神様がいるかどうか知るために続けます。

布団被りながら。

プリンス・オブ・ストライド 感想

こんばんは。前回の記事に訪問、拍手とても嬉しく思っております(*^_^*)。本当にありがとうございます。


今回はvitaの乙女ゲーム、プリンス・オブ・ストライドの感想です。延々と勝手に語ってます。長くて申し訳ない。


街の中をリレー方式で走るスポーツ、ストライド。ゲームはストライドに魅せられた主人公が憧れの方南学園ストライド部に入る所から始まります。部員達とエンド・オブ・サマーと言うインターハイの様な大会の優勝目指す主人公。そのうち気になる彼が出てきて❤️❤️。。。と昔りぼんで読んだような懐かしい展開に。青春だなあ(遠い目(´・_・`))。このゲームは今までプレイした乙女ゲームの中でダントツナンバーワンの爽やかさです。皆さん最初から最後までキラッキラしてます。眩しい、眩しいぞ( /ω)。

序盤は恋愛要素は少なめ。黙々と練習をするだけ毎日が続くと乙女ゲームをプレイしてるのを忘れてしまいそうになります。最初は控えめすぎて少々物足りないですが、相手はストライド命の高校生なので展開が早いより現実的かなと思って進めてました。練習に付き合って仲良くなり少しずつ相手を意識しはじめ、戸惑いながら恋仲になっていきます。ううぅ甘酸っぱい。こんな風に十代を過ごしたかったぜ( ノД`)。展開は皆さん似てるんですが、部活が軸になってるからしょうがないかな。葛藤が一人一人違うので結構飽きずに全員のルートをエンジョイ出来ましたが、一番気になるお方を最初にプレイしてしまった方が感動もひとしおかなと思います。

恋愛以外のストーリーも結構燃えます。一緒に何日も練習しているので気分はすっかり方南高校ストライド部員。試合の度にハラハラドキドキ。何周もしてると若干飽きてきますがライバルチームとのドラマには毎回惹きつけられます。おまけに相手チームに魅力的な男子達がたくさんいて目移りMAXでしたよ、私は。乙女ゲー主役になれそうなボーイズばっかりで困りました。マイ トップ オブ ザ サブキャラ、剣が君の辰影様の位置が危うくなるくらいピカイチのサブキャラばかり。。。

ストライドの試合中は選手の走る順番や、バトンタッチのタイミングをミニゲーム方式で操作するんですが、試合の結果に我々プレイヤーの技量は関係しないのかな?。ま、うまくいくとたくさんポイントがもらえてエキストラのおまけ画像や音声などをアンロックできます。試合によってはS判定もらえるのとっても難しい。反射神経試されて、肩に力が入ります。

少年漫画と少女漫画のいいところを取って乙女ゲームにしたらプリンス・オブ・ストライドが生まれましたって感じです。とにかく爽やか。青春を謳歌するゲームをお探しでしたらプリンス・オブ・ストライド、めちゃんこオススメします。

唯一気になるのは主人公ちゃんのいい子アピールですかね。とっても男子部員に尽くすからなあ。おにぎり作ったり女子力半端ない。私はひねくれ者なんでこの子が同級生だったら絶対友達にならないタイプだなと思ってしまった。でもこうすればモテるんだなってのはわかる気がする。こう書くとなんて私は嫌な奴なんだ。

ちなみにメニュー画面やユーザーインターフェースが洗練されていて、使いやすくて良かったです。スキップや好感度チェックのストレスはありませんでした。

ではここからネタバレ感想などを。

続きを読む

ストライド部、入部しました。

おはようございます。前回の記事に訪問、拍手本当にありがとうございます(*^_^*)。本当に嬉しく思ってます。

テロリストに占拠された遊園地から無事帰還した私はストライド部に入部しマネージャーとして甘酸っぱい青春を過ごす事にしました。

プリンス・オブ・ストライド、ダウンロード版がセールだった時に衝動買い。買ったはいいけど、私はどちらかと言うとクズ使用人になったり忍びになりきるのが好きなんで運動部にあまり興味なく、半年ほど開きもせずに放置してました。

運動嫌いでロクな青春を過ごしていない私が楽しめるか不安でしたが、今の所とても楽しくプレイできてます。システム快適で楽チンです。

藤原くん(の顔)が好きなので一周目は彼を攻略中。何この流川くん、かっこよすぎ。スポーツ物だからなんとなくスラムダンクを彷彿とさせるゲームです。(ま、スポーツ漫画はスラダンしか読んでないだけかもしれないけど)

それにしてもプリンス・オブ・ストライドは攻略キャラの爽やかさが宇宙レベルです。これに私が物足りなくなってくるか、誰かが病んで私好みに変化するかの勝負が始まりそうです。ナンノコッチャ。

バクダン☆ハンダン 感想

こんばんは。前回の記事に訪問、拍手ありがとうございます。とても嬉しく思っております(*^_^*)。

なんとか老体のPSPに鞭打ってバクダン☆ハンダン終わらせました。PSPのバッテリーがもう消耗してるらしくて短いプレイ時間で電池切れのサインが表示。充電が切れるのを事前に予測するの難しいですね。いつもいきなり電池チカチカロゴが表示され、暗黒画面が来るのでびっくりします。

相変わらずシャーシャーうるさいしやっぱりPSPは苦痛だなと思ってたんですが、プレイ中に次世代機なんだからPSVitaの方が使い心地が良くて当たり前じゃんって事にハッと気づきそれからはあまり気にならなくなりました。使い勝手が悪ければ悪いほどそれほどVitaが進化したってことで喜ばなきゃいけないんだった。

ま、PSP語りはここまでにして、本題へ。

バクダン☆ハンダンはオトメイトのPSPソフト。テロリストに占拠されたテーマパークが舞台です。人質を解放するために主人公+攻略キャラでゲームに挑みます。かなり用意周到なテロリスト様らしくとてつもないドラマが沢山起こります。協力していくうちに信頼できる仲間になっていくのが、王道RPGみたいでいいね。気分はドラクエの勇者。冒険って感じでワクワクしました。

システムは独特。主人公のひらめきでゲームのヒントを得たり(選択肢が結構難しい)、怒り爆発した主人公が啖呵切る選択肢があります(うーん、逆転裁判の意義あり!みたいなもの?好感度に影響してる時もあるのかな)。これ以外にプレイヤーがゲームの勝敗に関与する事はないのでゲーム好き、アトラクション好きの私にはさみしかったです。もっとガッツリゲームを体験したかった。残念。

主人公のヘアスタイルは爆弾に似せてるんですね。設定は高校生ですが外見が小学生に見えるくらい。幼い感じでイチャイチャシーンが楽しめなかった。それ以外はさっぱりした面倒見がいい主人公、前向きで好感度高いです。

攻略キャラの名前を覚えるのに時間がかかりました。凝ってるから?全然覚えられなくて分岐する度に好感度のページに行って名前を確認してから選ぶから時間かかりました。攻略キャラが乙女ゲームらしくイケメン勢揃いってわけじゃなく、その方々の職業や年に合った外見なのが面白いんだけど購買意欲を掻き立てない。かな。

どんな趣向のプレイヤーにオススメしていいか分からない乙女ゲームの異端児です。謎解きが好きな人、さっぱりした主人公が好きな人には合いそうかな。いつもとは違う乙女ゲームをプレイしたい方にはオススメです。

ではここからネタバレ感想です。

続きを読む

プロフィール

けーぴー

Author:けーぴー
乙女ゲームやめられません。
好き勝手にプレイ済みの乙女ゲームの感想書いてます。
ネタバレ感想ばかりです。

ブログ村

ブログ村参加してます。

カテゴリ

ブロとも申請フォーム