トロコンへの執念

ラスト イーラのトロフィーを100%にしたい。ただそれだけなのに、どうしてこんなに難しいんでしょう。

トロフィーはコンプリートしなくても別にいいじゃん、と思う私と絶対全部ゲットしないと駄目だと思う私の戦いの場です。ほとんどの場合100%にしたい私が勝ち、自分を苦しめることになります。

100%に出来なくったっていいのに気になるんですよね。

ラスト イーラはシナリオコンプリートのトロフィーが取れてないだけなんですけど、大変な作業になりつつあります。ここまでは順調に来れたんだけどな。

辞書みたいなレスポンスも全部読まなきゃならないのかね。スキップして、赤い字が表示されたら止めて、観るって作業を永遠にしてるんですけれどもまだ足りないんです。

既読スキップ何十週もしている。でも駄目。キャラの立ち絵がチカチカしてサブリミナル効果で夢に出てきそうだ。

剣が君 百夜綴りをちょっと始めたんだけど、やっぱり気になってラスト イーラと百夜綴りを行ったり来たりしてます。

早く百夜綴りに集中したいよう。













ノルン+ノネット ラスト イーラ 感想

前回の記事に読んでくださった方、拍手、コメントありがとうございます!とんでもなく偏った意見ばっかりで出来ている記事なのに読んでもらえてとても嬉しいです、ありがとうございます。

さて、皆様はクリスマスをどう過ごしましたか。私はラスト イーラのトロフィーコンプ目指して励むクリスマスでした。未だに終わらずシナリオの読み損ねたところを探すのが不可能に近いので先に感想書いてしまう事にしました。ラップトップはグッドバイ、壊れてしまって使えないので、タブレットで書いてます。誤字脱字がいつもより更に多くなってしまいそうです。ごめんなさい。
追記:コンピューターを買い換えたので色々間違えてたとこ直しました。




ではネタバレ感想への旅へ一緒に参りましょう。好きな作品ですが所々辛口な感想になってしまうかも。すみません。

続きを読む

私的乙女ゲームランキング 2016

今までの記事に拍手ありがとうございます。読んでくださる方がいるのはとても幸せです。嬉しくてまいっちゃいます。

私事ですが昨日ラップトップにお茶を湯呑一杯分こぼしてしまい、焦って布巾で拭いたらキーに布が引っかかりとれてしまうという事件が起こり、乙女ゲームを思う存分エンジョイ出来ませんでした。今は縦にして乾かしているんですけどどうなるんでしょうね。。。iPadを変わりに使ってますがタイプするの難しいです。

さて、今回はランキングに挑戦してみました。本当は12月末に出そうと思ってたんですけど、もういいや、出しちゃいます。

私が今年プレイしたゲームを色々ランクづけしてみました。100%自己満足の世界です。私が順位を並べて悩んでニヤニヤするだけのために存在する記事です。すみません。このようにプレイ後も乙女ゲームは楽しめますね。

今年プレイした乙女ゲームはこちら:

下天の華 with 夢灯り 愛蔵版
鏡界の白雪    
黒蝶のサイケデリカ
CLOCK ZERO ~終焉の一秒〜 EX Time   
月影の鎖 ー錯乱パラノイアー
喧嘩番長 乙女                
剣が君 for V
源氏恋絵巻
三国恋戦記〜オトメの兵法!〜
忍び、恋うつつ 〜雪月花恋絵巻〜
7'scarlet
戦場の円舞曲
大正x対称アリス
蝶の毒 華の鎖 大正艶恋異聞
ニル・アドミラリの天秤 帝都幻惑綺譚
ノルン+ノネット ヴァール コモンズ
花咲くまにまに
華ヤカ哉、我ガ一族 モダンノスタルジィ
薔薇に隠されしヴェリテ
遥かなる時空の中で6
百花百狼 〜戦国忍法帖〜         二十本以上。結構プレイしましたね。

公式サイトに書いてあることしか触れないようにしてますがネタバレを無意識にしちゃってるかもしれないのでお気を付けください。では誰の参考にもならない適当なカテゴリーのランキングをどうぞ。


とにかく大好きなゲーム top 3
下天の華with 夢灯り 愛蔵版
剣が君 for V
百花百狼 〜戦国忍法帖〜


総合的にこの三作が一番楽しめたかな。シナリオが良くて飽きなくて、攻略キャラが素敵で、音楽が好き。


シナリオが良いゲーム top 3
三国恋戦記〜オトメの兵法!〜
剣が君 for V
華ヤカ哉、我ガ一族 モダンノスタルジィ


泣かされた作品をランクイン。三作とも恋愛の描写が丁寧に作られてるから終盤が切なくてウルウルくるんですよね。


早く謎を解いてくれい、と思ったゲーム top 3
蝶の毒 華の鎖 大正艶恋異聞
黒蝶のサイケデリカ
百花百狼 〜戦国忍法帖〜
 

一番ミステリーとして面白かったのは蝶の毒 華の鎖かもしれない。黒蝶のサイケデリカは恋愛要素そっちのけで真相が知りたくなりました。百花百狼は本当にフーダニットですよ。はやく進めて真実が知りたくなりましたよ。


期待以上に楽しめたゲーム top 3
喧嘩番長乙女
鏡界の白雪
忍び、恋うつつ 〜雪月花恋絵巻〜


喧嘩番長乙女は現代物だし、喧嘩などちょっと苦手な要素があるので不安だったのですが全然平気でした。どのルートも飽きずにプレイできました。鏡界の白雪は絵柄が特殊でハマれないかなと思いましたが大丈夫でした。絵は世界観にピッタリだったと思います。忍び、恋うつつ 〜雪月花恋絵巻〜 はシナリオには期待しない方がいいと評価しているレヴューをよく見かけたのですが、ストーリーラインは私好みだったな。攻略キャラも見目麗しいし。


内容が全く想像と違ったゲーム top 3
大正x対称アリス
花咲くまにまに
黒蝶のサイケデリカ
次点 薔薇に隠されしヴェリテ


大正x対称アリスはおとぎ話っぽいのを想像してたから衝撃的でした。おとぎ話はあくまでもモチーフです。花咲くまにまにのtop 3 入りは私の調査不足のせいですね。ウェブサイトみれば桂小五郎がいるんだから幕末の歴史物って普通の人は想像できたんでしょう。黒蝶のサイケデリカは単純に怪しいお屋敷からの脱出アドベンチャーだと思ってたんで。
薔薇に隠されしヴェリテは特別枠で。思ったほどマリーアントワネットの身代わりになってる時間長くなかったので。。。剣が君と下天の華の主人公達の方が姫様の身代わり生活満喫してる気がします。


絵が好みのゲーム top 3
ニル・アドミラリの天秤 帝都幻惑綺譚
剣が君 for V
百花百狼 〜戦国忍法帖〜


私好みの立ち絵とスチルの三作です。文句なしに絵が綺麗です。攻略キャラが美しすぎて、眩しいわ。


お洒落な雰囲気のゲーム top 3
ニル・アドミラリの天秤 帝都幻惑綺譚
黒蝶のサイケデリカ
鏡界の白雪  


雰囲気ゲームってわけじゃなくて独特のムード溢れる素敵な絵柄のゲーム達です。


サントラがよろしいゲーム top 3
百花百狼 〜戦国忍法帖〜
剣が君 for v
薔薇に隠されしヴェリテ


ヴェリテはOPの曲のボーカルがまだ始まらないイントロの所が好きすぎです。この曲で買うの決意したかもしれない(なんちゅう理由だ)。起動した時いつもイントロのボーカル前だけ聞いてからゲームをスタートしてました(ちょっとひどい)。
剣が君と百花百狼はウェブサイトの音源をつけっぱなしにしたくなる心地よさです。


作業が苦行なゲーム top 3
ノルン+ノネット ヴァール コモンズ
華ヤカ哉、我ガ一族 モダンノスタルジィ
花咲くまにまに


ノルンクエストはトロフィーのためだけにプレイするという無意味さも伴い私の中では頂点に君臨しています。
華ヤカ哉、我ガ一族 モダンノスタルジィはマップパート未だに放置中です。何故お屋敷内を歩き回るのがこんなに苦痛なのでしょうか。花咲くまにまには苦行というより不可能に近い難易度のお琴のミニゲームが心に残っております。


好きな攻略キャラ top 3
明智光秀(下天の華 with 夢灯り 愛蔵版 )
吾妻夏彦 (ノルン+ノネット ヴァール コモンズ )
汀紫鶴 (ニル・アドミラリの天秤 帝都幻惑綺譚 )


剣が君の左京様、 ニルアドの鴻上滉、蝶治郎兄様、望月里也くん、ルードくん、子龍殿などたくさん好きなキャラがいて選考は難航いたしました。悩みに悩んだ挙句大人の魅力を持つ三人をチョイス。私は兄様や紫鶴先生に弄ばれつつ夏彦に罵られたいんだと悟りました。


興味がなかったのに意外に良かった攻略キャラtop 3
ルイ16世 (薔薇に隠されしヴェリテ)
縁 (剣が君 for V)
孔明  (三国恋戦記〜オトメの兵法!〜)


これは陛下の為に作った様なカテゴリーです。陛下最高でした。あんなに一緒にいてつまらなそうなキャラがこんなに胸キュンを提供してくれるとは。。。国王陛下万歳。縁には騙されました。キャラ設定にやられたな。孔明は他人のルートでの彼とは全く違う面を自分のルートでは出してくれて、最後にはとても好きなキャラに躍り出ました。
これだから、お目当てのキャラだけではなく全員攻略しなければならないんですよ(使命感)。


隠れ攻略キャラだといいなと願ってしまうサブキャラtop 3
松平辰影様(剣が君 for V)
猟師 (大正x対称アリス)
猿子基史 (ニル・アドミラリの天秤 帝都幻惑綺譚)


辰影様はマイナスからスタートする攻略キャラに持ってこいの性質をお持ちで、攻略できないのが残念でなりません。
猟師はFDに期待しております。猿子はお面を取りたいだけ。お顔見せてちょうだい。


ではこれくらいで、終わらせないと、止まらなくなりそうです。アーーー勝手にカテゴリー作って勝手に悩んでランク付けして幸せです。






源氏恋絵巻 感想

先日の記事に拍手やクリックありがとうございます、本当に嬉しいです!拙い文章にお付き合いいただきありがとうございます! 今回は源氏恋絵巻の感想です。



では、ここからはネタバレ感想です。かなり前にプレイしたのでうろ覚えになっちゃってます。すみません。



クインロゼの最後の作品なのかな?私が初めてプレイした乙女ゲームはアラビアンズ ロストだったので寂しいですね。

このゲームは源氏物語の逆転版。帝の姫宮の光の宮様が行方不明になり姿見がそっくりな女房の主人公が光になりすまし、アピールしてくる公達の相手をしながら光の行方を探すゲームです。物語に出てくる光源氏の奥方様方が男性の攻略キャラとなって登場します。

葵の君が左大臣家の方だったり六条の君が生霊になったり元の文献の設定をうまく取り込んでいる所もありますが、話の流れは全く源氏物語じゃありません。

まあ、何人も伴侶を娶って、皆様のお屋敷に通うゲームを作るわけにはいきませんよね。究極のゲームでしか出来ない体験、それはそれで面白そうですけど。正室を大事にしつつ、側室や愛人の機嫌を損なわない様通う。。。Ceroレーティングがまずいことになるな。

設定が平安時代なので戦いなどはないし、平和でゆったりとした空気が流れております。雅やかな雰囲気が溢れておりますが、私にはちょっと退屈なペースですね。懐石料理屋のような、とんねるずの食わず嫌いに出てくるようなお琴ベースの眠くなりがちな音楽が多いので寝落ちを誘います。

少々ハラハラするのは宴での慣れない楽器の演奏して正体がばれそうになる時ですかね。千影さんトラウマになるでしょ、こんなの。でもこのおかげでお琴を攻略キャラに習うという映画に出てくる様なシーンが作られるわけです。ずっと下手なままで明石の君にお琴の特訓され続けたいわ。

主人公の千影は自分と殿方の距離を縮めるというより、光の宮様が帰ってきた時に差し障りが無い様に殿方のお相手をしております。乙女ゲームの主人公では珍しく仕事熱心です。ですが光様の行方探しが難航し攻略キャラに助けを求める頃から少しずつ乙女ゲームっぽくなり、攻略キャラと仲良くなっていきます。

主人公が光の宮様一筋すぎてプレイヤーの気持ちがついていけないと思う時が多くあったんですが、私だけですかね?
かなり自分勝手なご主人様なのになんでこんなに尽くせるんでしょうか。理解出来ません。終盤で藤壺様と光が出てきますが、こいつらの事なんてどうでもいいと思ってしまって困ります。

私の好みに一番合ったのは葵の君様ですね。女人だと鼻に付く気位の高さも見目美しい殿方だと受け入れられるんでございますよ。結構優しいし誠実でメロメロです。この時代設定ならではの身分の葛藤がプレイしていて苦しませてくれます(喜んで苦しんでますから)。結構悩んだわりにはあっさり乗り越えちゃうんですけどね。

朧月夜の君も平安時代の貴族らしい華やかキャラでよかったと思うし、明石の君は素朴でよろしい。紫の君の捻くれてるところや一途なところもグッドでした。夕霧と六条の君は特殊すぎてあまりエンジョイ出来なかったかな。常盤様も他ルートではムカつく奴なんですが本人ルートだとちゃんと切ないシーンを提供してくれます。

常盤ルートで暴かれる真相がかなり非現実的ですね。主人公が人間ではないって珍しすぎでしょう。救いがない設定だなあ。普通に女房が身代わりするんじゃダメだったのかな?

他の会社の歴史物のゲームだと程度は様々ですが言葉遣いが古風にはなんだけど、このゲームでは目をつぶっていたら現代物のゲームと間違えるぐらいほとんどのセリフが普通の言葉遣いなので気になりました。

倒産した会社のゲームなので値段がかなり高くなってしまっていますね。普通に楽しめますがそれほどの価値があるゲームではないかなと思ってしまいます。そのお金で他のゲーム二本買う方がコストパフォーマンスがよろしいかと存じます。






次にプレイするゲームを決めるとき

また感想だけ書いてコメントや拍手のお礼書き忘れてしまいました!感想書くのに必死になって忘れちゃって情けないです。拍手、コメントとても嬉しく思っております。

ブログ始めてからはゲーム終了後、自分の感想を書いてから先輩ブロガー様方のブログの感想を拝見させていただくのが習慣になりつつあります。

ヴェリテも感想を書いた後皆さんのブログにお邪魔したのですが色々な視点があってとても楽しいですよね。あまり気にならなかったキャラの良かった点などを読んでると、もう何周かプレイしたくなっちゃいます。忘れてた胸キュンシーンとかを思い出させてくれたり。深い考察は考えさせられるし。トロコン目指すついでにまたベルサイユへ行っちゃいますか。

次にプレイするゲームを思案中です。剣が君、7'scarlet、薔薇に隠されしヴェリテとシリアスな作品が続いたので今後は軽めのにしようかなと思いますが、あまり買っておいてないのよね。それとも現代モノをプレイするか、FDとか。皆さんはどうやって次にプレイするゲームを決めているんでしょう? 私は積んであるゲームの箱をニヤニヤしながら見比べて決めようと思います。乙女ゲーム始めてから確実に一人でニヤニヤしている時間が増えました。

薔薇に隠されしヴェリテ 感想

薔薇に隠されしヴェリテの感想へ迷い込んでしまいましたね、マドモアゼル。この感想はプレイしながら書いたので長くなっちゃってますのでごめんあそばせ。だらだら好き勝手書いてます。




まさかの国王陛下チョイス。


このゲームはマリーアントワネット付きの召使いの主人公がお輿入れに同行するところから始まります。時には身代わりの薬で影武者になりながらアントワネット様に尽くし健気に生きていく主人公を男性陣がほっとけなくなるんです。結構歴史に忠実な所もありヘヴィーなストーリーだなあと思いました(とは言っても私はベルばらの知識しか持っていなので勝手な決めつけなんですが)。

私はベルサイユのばらの漫画と昔お祖母様に連れて行かれて見た宝塚でこの時代の知識はピカイチだと思い込んでおりました。プレイしながらふんぞり返って、『このゲームに出てくる歴史的出来事、余はもう存じておる、フハハハハ!』と高笑いできると思っていましたが。。。
無知でした。参りました。申し訳ございません(土下座)。これからフランス革命の歴史を知りたい時はウィキペディアではなくヴェリテを参照させていただきます。プレイすると即ベルサイユ宮殿日本語ガイドになれるくらい豆知識が詰め込んであるゲームです。

共通ルートがオーストリアからスタートなのでとんでもない長さです。内容はしっかりしてるんで別に苦痛ってわけではないんですけどね。話が進んでもう十分一人と仲良くなったんじゃないかなと思った矢先に他の殿方がおちょっかいを出してきます。まあ、人気者でいるのは悪い気がしませんけど、そろそろ一人の殿方に決めたいと思う時がありましたわ、オホホホホ。

ずっと終わらなくて、ブログの更新が来年になっちゃうんじゃないかなと思うくらいのボリュームでした。プレイする時は覚悟を決めてください。



ではここからネタバレ感想でございますわよ。忠告はしましたわ。




☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆




全く興味のなかったルイ16世ルート。意外とよかったんですよこれが。ストーリーの中心人物だからかな。なんとかして助けてあげたいとやきもきします。だがしかし悲劇的展開を避けさせてあげたいのに当の本人が我関せずで参りました。陛下、このままではギロチン行きでございますよう!陛下、ほんわか癒し系担当はもういいですから自分が置かれている状況を認識してください。革命起きちゃってますよ。年の割に落ち着きすぎてる方です。

ルート中で2回ぐらいしか微笑んでくれない陛下は振り向かせたくなります。スチルも仏頂面ばかりじゃね?でも無愛想なのも慣れてくると可愛くなってきます。忘れがちだけど一応既婚者だし向こうもこっちも影武者立ててるし、何が何だかわからなくなることも多いルートでした。控えめな展開は陛下の育ちの良さの表れなんでしょうね。

ルイ16世ルートでのどんどん追い込まれていく国王一家と一緒に行動するのは辛かったです。逃亡中、私平民なんだからこいつら放っておいて逃げたいと何度思ったか。あーあーあーあ、ちんたら馬車の旅してたらやっぱり捕まっちまったよ(ガラスの仮面風白目)。

一人目を陛下にしたのでその後のどのルートでも陛下を救いたくなってしまって困りました。他のルートでも気遣ってくださるし、王妃様とうまくいっていないし。。。可哀想すぎです。


ダントンを陛下の次に攻略したんですが、順番間違えたかもしれない。高貴な殿方のあとだと平民のがさつさが目についてしまって。。。おっと、忘れてましたが私も平民の召使いでしたすみません。私、最初から積極的な人には興味が湧かず、オートでほとんど進ませてしまった。ごめんよダントンさん。結婚してくれって何回も言われるのにそっけなくされるダントンは可哀想だと思いますけどね。まさかリーゼちゃんも私と同じくマイナスからスタートの攻略キャラが趣味?(゚д゚) 通なお方だ。


ラファイエット侯爵様は鳥海さんの薄桜鬼斎藤一系ボイスを堪能するためのルートでしたよ。真面目で優しいキャラに合う声してらっしゃいますよね。このルートでは恋愛慣れしてない二人が徐々に仲良くなっていくのが微笑ましい。周りの人々も応援してくれます。ですがラファイエット侯はコウモリっぽく貴族サイドと平民サイドを行ったり来たりでお忙しくしており、リーゼも使用人人生を全うしようとするので敵対しちゃう事もあります。リーゼを大事にしているようで、たまに俺様についてこい発言もするので悩ましいルートでございました。


ロベスピエールは嫌味で素直じゃなくて参りました。もちろんそれでこそ攻略のしがいがあります。彼の場合好意が見え見えなんですけどね。革命家ならではの政治色が強いルートなのでセリフに辞書に載る赤い単語が連発、いつも仕事で忙しそうにしているのでこっちが疲れます。マクシミリアンさんのルートは議会シーン、裁判シーン多いです。逆転できない逆転裁判をプレイしている気分になれる。スチルで美しい横顔をガンガン見せてくれるのがロベスピエールさんです。


アントワネット様と言えばフェルゼン伯だと思い、彼はラストにチョイス(隠しはいるけどさ)。社交家で女なれしてるので主人公の事も脈がなさそうだと思ったらさっさと諦めて次に行こうとするのでこちらが焦りました。そのあとは純情ボーイになってしまうんですけど。最後まで陛下に忠実でベルギーへ逃亡する時も力になってくれる頼りになるお方でした。


ロゼール伯爵ルートはなんだったんだろう?他の方々のルートも結末しっかりしてたから全体の真相ルートって呼ぶにもしっくりこないし。彼自身の真相ルートの様なジョエルくんが主役を食っちゃってる様な不思議なルートです。この癖のあるゲームでも人一倍アクが強い外見の彼は私の好みではないので彼の真相もどうでもいいなとか思っちゃってイマイチ集中できませんでした。


ゲーム中、地味に気になるのはリーゼの雇用形態です。ハプスブルク家の都合でオーストリアに帰れないのに、入れ替わってない時にお給金いただけてないのでしょうか。宿や酒場で掃除して生活を支える彼女は不憫です。不慣れなフランス語使わなきゃいけないのに。。。

このゲームはフランス革命に振り回された方々が登場するので、ハッピーエンドルートでも他のキャラのお気の毒な展開が待ってることが多いですよね。これが辛く感じた人多いんじゃないかな。コンコルド広場のシーンにはドーンとギロチン置かれてますからね。効果音も痛そうです。

マップパートは予想通り苦痛でした。リーゼが優雅にゆっくり歩くのにイライラしましたがBダッシュできないのは王妃の身代わりをしてるから、と自分に言い聞かせ我慢。そのうち3週目くらいで設定で歩く速度を変えられることに気づき阿呆な自分にさらにイライラ。気分転換はお着替えをして頭に鳥籠を乗せたりすることですね。酔狂な格好で歩き回るのは癖になります。頭をガンガン盛り付けましょう。

あと、ミニゲームじゃないんですけど、結婚証書にサインするの毎回ノリノリでサインしました。染みがうまい具合に名前の上に落ちた方がいいよなあとか考えながら。真剣勝負です。

薔薇に隠されしヴェリテは万人向けではないので自信を持ってオススメする事はできませんが私は購入してよかったと思ってます。両陛下に尽くしつつ、フランス革命を生き延びましょう。私はフルコンを諦めて次のゲームへ逃亡いたします。

プロフィール

けーぴー

Author:けーぴー
乙女ゲームやめられません。
好き勝手にプレイ済みの乙女ゲームの感想書いてます。
ネタバレ感想ばかりです。

ブログ村

ブログ村参加してます。

カテゴリ

月別アーカイブ

01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11