ノルン+ノネット ヴァールコモンズ 感想

ノルンノネットヴァールコモンズ、Vita版のネタバレ感想です。もう主観100%です。



tw_natuhiko.jpg


夏彦様、一緒に星を見たいので攫ってくださいませ。



ノルンノネット一作目、楽しくプレイしたんですがどんな話たっだのか思い出そうとすると、七海ちゃんに記憶を消されたように内容がぼやっとしてくるゲームです。

様々な能力を持った若者達がノルンという飛行船で世界を救うために旅をする。団体行動ですから色々とロマンスやら仲違いなどドラマが盛りだくさん。みんな青春してます。そのうち反対勢力と接触したりして真実を悟り、世界の運命を決めなければいけない。時には結構のんきに過ごしてますけど彼らは重いものを背負わされてますよね。

時代設定はとても複雑。現代ぽい時代から大正時代にタイムスリップしていたと思ったら遠い未来まで来ちゃってましたってわかるんだけど、ノルンの中はなぜか現代のショッピングモールのようで摩訶不思議な空間です。食堂、銭湯、厨房、図書室、どこも普通です。夏彦さんのガンシップみたいなのは内装が未来っぽくしてるんだけどね。(でも外装は小学生がデザインしたのかな。夏彦さんがデザインしてない事を祈ってます。)

深く考えてしまうとツッコミ所が多いのですが、それは置いておいて9人と運命を共にするのがよろしいですよね。こんな壮大なストーリとの出会いは滅多にないと思いますから。SFはサイエンスフィクションなんだから。フィクション。サイエンスはいい加減でオーケーなのでございます。

女の子が3人いて相手が決まっているのが珍しいですね。3人とも可愛くて、男共が取り合うわけだわ。どの子も男性向けゲームの主役余裕で出来る、絶対。深琴と七海が普通の乙女ゲーム主人公と違ったタイプで新鮮でした。きついことを言う攻略キャラっていうのはよくあるけど、深琴さんみたいな強気な子、いつもだったら意地悪な同級生1、って役柄ですよ。でもこの性格だからこそ、夏彦、サクちゃん、一月との展開が私好みに仕上がってるんでございますよ。あーもう、早く素直になれぃ(ニヤニヤ)。

夏彦ルートで彼になびかないでいられる乙女っているんですか?記憶までなくしてくれちゃうんですよ、この冷たそうだけど実は優しい人が。誘拐、監禁、共闘、餌付け、同棲、怪我、記憶取り戻し。なんでもありです。韓流ドラマかってくらい色々ハプニングがあります。でもそれがいいんです。ノルンに乗りっぱなしじゃないから余計に新鮮に感じたのかな、夏彦ルート。とにかくナンバーワンの座は彼の物です。

サクちゃんルートも捨てがたいんですけどね。一筋縄ではない幼馴染ルート。グッときます。夢のシーンの深琴と一月を見ているサクちゃま、切なすぎます。死んでしまうバッドエンドも朔夜にとってはハッピーエンドでもあるんですよね。

七海ルートの暁人もかなりお気に入りです。嫌われてるところからスタートの素晴らしさを再発見。弟思いで料理上手でかなりポイント高いです。平士くんも優しくていいんだけどね。いい人どまりかな(私、何様のつもりなんだ)。七海、ロンはやめておこうね。

千里と駆もうーん、いいんだけど、こはるが相手だからほんわかしてて物足りないかな。正宗はノルンクエストで何回も登場しては100ポイント盗んでいったので評価ガタ落ちです。もっと楽に生きてくれ、そうしたら私もポイント稼げるから。

ノルンクエストってミニゲームっていうカテゴリーなのですかね。このランダムにポイントが与えられるゲームは中毒性があって危険ですぜ。何回やっても上達できないゲームってこんなにストレスたまるんですね。トロコンのためにOボタン連打して擦りへっちゃったらどうしてくれるんですか。実はトロコンしようと決めた時に初めてノルンクエストやろうと思ったんですけど、アイコンがどこにあるかわからないで困りました。たまたまインターネットエクスプローラーみたいなマークを指が触ったから見つけられたけど、その偶然がなかったら、まだどっかで何かをやり残してるからひし形アイコンが出ないんだと何回も周回してたと思う。危なかったわ。

このゲームは世界の危機をスパイスに三角関係やらロマンスを楽しむゲームですね。メインは恋愛。世界は二の次。二人の逃避行ハッピールートも何ルートかあることだし、世界の事は他の能力者に任せて幸せを掴んじゃいましょう。 






次は

はあ、7'scarletの感想書くのに必死で拍手とコメントのお礼忘れてました。無礼者で本当に申し訳ないです。とても嬉しくて、感謝の気持ちでいっぱいです。私の感想、かなり偏ってるので読んでいただけるのがありがたいです。

ところで次にプレイするゲームは薔薇に隠されしヴェリテにしました。180度方向転換をしようと思いまして。画面がキラキラしていて7'scarletの暗い画面に慣れていた私には眩しいです。ベルサイユのばらの世界に行ってまいります。オープニングの鏡の回廊や背景の宮殿がとても煌びやかですね。7'scarletの古紙に印刷されたような昭和っぽい背景も味があったし、背景は大事です。

それと以前プレイしたノルンノネットヴァールコモンズのトロコンをしようと思ってるんですけど、トロコンはプレイしている時にやらないとダメですね。ただの作業になってしまう。終わったら感想を書こうかな。






7'scarlet 感想

7'scarlet、 ネタバレ感想です。辛口気味です。
追記 タイトル間違えちゃってました。scarlet って一文字なんですね。すみません。





※「7'scarlet」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社およびトイボックス株式会社に帰属します。

マイドクター。彼の痛さはクセになりますね。ウンチク大魔王。



7'scarletは仕事から疲れて帰ってきて、癒されたい時にプレイするゲームじゃございません。

行方不明の兄探しの旅で訪れた寂れた温泉街での怪事件。私は知らずに火曜サスペンス劇場の世界に迷い込んでしまったのです。

表向きの名目は奥音里禁忌倶楽部のオフ会。バーベキューなどで親睦を深め、時には同行者の幼馴染を蔑ろにしながらお目当ての彼とアバンチュール。事件に巻き込まれながら両思いになっていきます。途中で怪しい黒子スタイルの住人や猫仮面の男、パンダの着ぐるみなどに遭遇。その時の音楽、効果音などは怖いムード満点で夏にゾクっとするのにはもってこいのゲームなのです。このゲームも一人で夜にやるのはお勧めできませんね。

とにかく二時間ドラマばりにスピーディーに話が進みます。さすが雰囲気が火サスです。全員の攻略キャラにいつイチコのこと好きになったのか問いただしたいですよ。そんなモノローグで語り続けるぐらいイチコ好きになる過程あったっけ?胸キュンシーンも真顔シーンに成り下がってしまって。。。私は悲しい。

何人かは子供時代から好きだったのだろうけどさ。それでは私にとっての醍醐味である手強い攻略キャラを振り向かせる楽しい苦行がほとんどないのです。その中でもよかったのは最初の頃さっぱりしてる建比良ドクターとオーナーのユズちゃんですかね。二人のほっぺがほんのりピンクになった時の達成感は悪くはなかった。ユズちゃんとイチコのボケとツッコミテンポいいですよね。こういう関係可愛いです。このゲームでは私、結構堅実な職業のお方が趣味に合うようです。アイドル様なんて恐れ多いっ。。遠くから眺めるだけで満足です。

恋愛描写シーンよりオフ会メンバーの推理シーンが面白かった。一人ずつ自分のアリバイや無実である理由を述べ、他のメンバーが論破する所。緊迫してて映画の様。ユキちゃんや建比良さんが冴えてます。メンバーの追い詰め方が容赦なくて、FBIで研修してきたかの様です。ユキちゃんは大人になったらプレイヤーが歯が立たない攻略キャラやラスボスになる素質十分です。

ルートによっては真相が明らかになりますが、真相ルート、ハナテルートまでは明らかになるのはミクロの世界です。どのサブキャラも思わせぶりではっきり真実を教えてくれないのでモヤモヤします。私の場合、あまり訳がわからぬまま最初の4キャラルート終了。半分以上進んでしまったのに訳が分からないという焦り。それも製作者様の計算通りなのでしょうか。

あとタイトルも未だに謎。何がセブン? 何がスカーレット?それともセブンのカーレット?奥音里禁忌倶楽部のメンバーが7人で、イチコちゃんの目が赤いのと、赤い花が咲くと屍者が出るから?読解力なくてすみません。私がスキップ アンド オートしまくったからいけないんです。そして謎を解くためにゲームをやり直す気力も残念ながらナッシング。

ところで、色々なシーンで唐突に流れる鹿おどしのような音って何か意味があったんでしょうか?このゲームでの一番の謎かもしれない。

こんな私ですが一応トロコンまでたどり着きました。Tips埋めるのには一苦労でしたけど。やっと次のゲームに行ける。うれし涙が流れそうです。

動画は綺麗だし、登場人物がルートを終えるたびに増えていく凝ったタイトル画面などギミックは充実しています。でも私はそっちよりストーリーに力入れて欲しかったなあ。せっかく設定が面白いのに、あまり生かしきれてないような気がしました。

7'scarlet はボタンを押す回数が私史上最低でトロコン出来たゲームです。腱鞘炎でボタンを押したくない方、ボタンを押すのが面倒な方にオススメのゲームです。なんせゲームなのにボタンを極力押さなくなった真相ルートとハナテルートの方が面白いのですから。

それにしてもハナテよ、イチコに奥音里に来てほしくないなら、海外旅行に行くって嘘つくとか、イチコの記憶を消すとかもう少しうまいやり方があったんでないかい?結局すごい危ない目に合わせてるよ。 






燃え尽きたその後

今までの記事への拍手ありがとうございます!本当に嬉しいです。

まだ左京ショックから立ち直れてない。。。

剣が君for V 後日談読み終わりました。どのルートの後日談も結構長くて読み応えがありますね。

左京の奇魂の後日談はウルウルしました。最後にプレイしたからかもしれないけれど左京は私のお気に入りキャラ一番に躍り出ました。次点が縁と九十九丸です。九十九丸と縁の奇魂の後日談もいい!

剣が君で自分がどんなに悲恋が好きなのか思い知りました。

こんなに精神的に疲弊するゲームの後は何をプレイしようか悩みますよね。

時代物の後は現代物、シリアスの後は軽めの作品をプレイするのがマイルールなんですけど。ストックのゲームは両方に当てはまるのがなくて。Collar x Malice、絶対階級学園、明治東京恋伽などにしようかなと迷ったんですが、次にプレイするゲームは7’scarletに決めました。チョイスに成功したのかどうかはまだわからないなあ。。剣が君引きずってていまいち話に没頭できてない。

まだ少ししかプレイしてないけど事件が起こりそうな匂いがプンプンしてます(当たり前)
かまいたちの夜みたいですね。

そういえばかまいたちの夜、リメイク版が出る話ニュースで見たけどどうしようかな。あれ難しくて序盤でゲームオーバーしまくった思い出が。また挑戦しようとスマホ版を買ったんだけど、こちらはシルエットもなくて味気ないんだよね。このバージョンでも全然クリアしてないんだけどさ。シルエットがないよりはかわいい絵柄のほうが目の保養でいいかも? 






剣が君 for V 感想

今回はプレイしながら書いたのでかなり長くなりにけり。



いやあ、早くプレイしておけばよかった。このゲームはいい!

剣が君は前半は和風ボディガード、でもホィットニーは偽物、with6人のケビンコスナー(古すぎる。ごめん)。江戸に戻ってからは一人の彼との再会し、剣取り試合を中心に話が進みます。

どのルートも切なくて、胸が締め付けられっぱなしです。どうやったら6x4通りの切ない展開を思いつけるんでしょうか。

全員に4通りのエンディングがあって明快なグッド/バッドエンドがないところが独特ですね。そして攻略キャラ一人一人のグッドエンドとバッドエンドのバランスが異なっています。グッドエンドも全てがうまくいってるエンドと、ささやかな幸せエンドみたいになってて。救いがないエンドや解決しがたい問題から逃げてるっぽいエンドがあるのも良いと思いました。

バッドエンドによっては業界トップクラス(私の決め付け)があると思うのでそれでも平気、という人には是非プレイしていただきたいゲームです。



ではここからキャラ感想、ネタバレありの私的感想です。 














 






九十九丸は名前が難しい。九十九ってつづらって読むんですね。乙女ゲームは私の教養を深めてくれます。でもすぐ読み方を忘れてしまって、頭の中ではつくも丸とかクク丸とかつくね丸とか読んでました。ごめんよ九十九丸様。

九十九丸は素朴で優しくていつも気をつかってくださいます。時に殺伐とする花嫁行列での癒しじゃあ。それなのにマレビトを体内に秘めてらっしゃるから、闇落ち冷たいバージョンの九十九丸も味わえる。大人バージョンと優しい15歳バージョン、どちらも捨てがたい。

色々なサイトで好評の剣が君。好きな物を最後に食べる私はなんだかプレイするのが勿体なくなってずっと取っておいたんですよ。で、いつもの通りいろいろな乙女ゲーサイトを巡って暮らしてた私はどこかで誰かが他のゲームの攻略キャラを『九十九丸のように死んでると思った』っと書いてあるのを読んでしまって。あちゃーと思いましたがそんなことがあっても全然平気で九十九丸ルート楽しめました。

九十九丸の四つのエンディングは妙に現実的だなと思いました。もちろん具体的にはマレビトとか死人とかで現実的じゃないんだけど。剣への道では一番刀になれないし、黄色ルートでは侍の夢を捨てて料理屋の若旦那になってたり。私は勝手にハッピーエンドは一番刀になって、えらいお侍さんになって、それで二人は夫婦になってめでたしめでたしだと想像してたので一週目の彼のルートで面食らいました。ビタースウィートですよ。



は、うーん、他のルートでいい味出してた気がするなあ。一見強がっているけど優しくて面倒見いいよね。結構人種差別についてタックルしてるよなあ、彼のルートは。このゲームの鬼さん方は特別な力を持っているわけではなく、ただただ異種族として迫害されているようなので不条理な世界に憤りを感じるのもわかる気がします。螢の様に理性的に政府に抗議する機会を持つ努力をするか他の鬼の様に力ずくで権利を奪おうとしたり、螢のおばあさんの様に刀も持たずに悟りを開いたり。様々なのがルートに深みをもたらしてますね。



黒羽殿ルートは香夜ちゃん積極的です。庵によく尋ねに行きます。黒羽殿は美しくて参りますね。主人公の立場ないです。黒羽様ルートでは香夜さんが彼の癒しになってます。雰囲気がどんどん柔らかくなっていくのがとても丁寧に描かれてる気がしました。

ところで黒羽様、髪の毛の色、キャラを描き分けるためだと思ってたからハーフでびっくり。蛍と縁様も髪の毛日本人離れしてんですけど。みんな黒羽さんだけ綺麗な毛の色をしたとか言ってますよね。それにしても私は縁が剣聖大典太だと思ってたから拍子抜けしましたよ。確かに黒羽殿の腕は柳生三厳様が初めから一番腕がいいだのヒントくださってるっつうに。ちゃんと話聞け、儂。黒羽ルートの七重と香夜の自分の殿方の腕自慢、笑えました。幼い長七郎様に空気読ませて、気使わせて何してるんですかお姉様方。



様は期待全然してなかったのにいいじゃないですか!ダークホース縁!序章を振り返ると、三厳様が若君を探してるシーンのすぐ後に縁が神社で酔っ払ってる場面になるんですね。細かいなあ。これで縁=若様って解った人いたのかな?遊び人が実は将軍家の方だったなんて前章と後章とのイメージ違いすぎでしょ貴方。反則です。実は外見はお兄様の辰影様の方が好みで。縁さんを罵っていている時も素敵すぎです。病気がちで、横暴な辰影様を思い通りにしたいです。見目麗しいお父様も登場するし、信春様ルートは目の保養になります。縁さんはすごい苦しんでいて、プレイして辛い出来事の連続でした。



鈴懸くんはとても素直で自然体ですね。香夜だけでなく長持や馬の心配もしてくれて、花嫁行列の健康管理は万全です。このルートでは神威の気持ちの方が共感できてしまったかな。才能がある者への嫉妬。鈴懸がそれを全然理解してないのが余計腹立たしくて。自分も認められたいから小細工してしまう。それにしても鈴懸ルートは魔女の宅急便のような甘酸っぱいルートでございますね。もののけ姫要素もある盛りだくさんのルートです。木霊が見えない汚れきった私は若者の恋を見守るような気分でいました。鈴懸くんが文武両道の正統派ヒーローっぽいのが意外だった。



左京様はボソッと本音を言うのがツボでした。きつい性格と美しいお姿のミスマッチがたまりませんん。一番過去にとらわれている彼は不憫です。それにしても相合傘してるのにスチルないの?泣くよ!彼の桃色ルート、花嫁行列で締めるとは、製作者側様わかってらっしゃる!このエンドが一番の大団円じゃないっすかね。(螢殿もかなりいい線いってたけど。)私は左京を6人目にプレイしたので他の5人が吹っ飛ぶほどの切ない二つの剣エンドを最後に堪能いたしました。


ほとんどのルートで一番刀の存在が大きかったですね。九十九丸や螢達のルートは剣の道を極めたいという思いと一番刀への純粋な憧憬が中心の一番刀習得前のビフォーストーリ。対にあるのは黒羽や縁の一番刀になったあとの苦悩が中心になるアフターストーリー。一番刀になった時点でハッピーエンドじゃないって事をプレイヤーにもよくわかるようにしてますね。一番刀にしがらみや重責も付いてくるのを黒羽や縁のルートで見せつけられ、盲目的に剣の道を究めたがる九十九丸や螢が無邪気に見えると同時に危うく感じてしまう。うーん深いです。

もう好き勝手に感想書いてみました。12月発売の百夜綴りが楽しみだなあ。今から後日談読みに行ってきます。






華ヤカ哉、我ガ一族 モダンノスタルジィ 感想


宮の杜家のおぼっちゃま方のお世話をさせていただいた使用人の私めが、ネタバレ感想を書かせていただきます。


susumu_180-150.jpg


※「華ヤカ哉、我ガ一族 モダンノスタルジィ」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社および株式会社イチカラムに帰属します。 

進様です。この優しいお顔に騙されるととんでもないことになります。

宮の杜家の新人使用人はるが家督騒動に巻き込まれながら6人の息子達と親睦を深めつつ、お目当てのぼっちゃまの当主への道のりを助ける勝利の女神物語です。朝のテレビ小説と華麗なる一族が混ざっちゃいましたよ、って感じです。

6人の兄弟達が強烈なこのゲーム、心してかからないとめげますね。特に序盤はほとんどの坊っちゃまがシンデレラのお姉様方のような振る舞いをし、はるを追い出す気満々で攻撃してきます。

ここでの落とし穴は、優しい三男、四男、五男様でございます。気性の激しい方々が苦手なプレイヤーが騙されてこちらの方々のルートに進むと、とんでもない苦行が待っているのです。特に進様のジキルとハイドっぷりは現実の優しい男性をも信じられなくなる凄まじさです。始めにひどい扱いを受ける正、勇、雅ルートがイージーモードに思えます。進様は私の趣味にあったご気性でして、、、楽しめました。(大きい声じゃあ言えないが)。お見合い話ぶっ壊しに来た時の進様、悪役っぽい顔に惚れ惚れします。

勇様ルートも良いルートでしたね。信じる道へまっすぐに進む勇様。女なれしているようなしてないような可愛いお方です。エンディングで切なさ最高潮。すれ違いが胸にグッとくるルートでした。それにしても結構兄弟仲悪くないですよね。皆が勇を助けてくれるのが微笑ましいです。別荘のシーンもほのぼのしていていいですよね。

正様は一番苦労症で母上にも恵まれずかわいそうでした。なんだかんだで一番度胸がない気がしたし。。。それが長男ぽくてリアルでした。キリッとした銀行員のお姿は私の好みです。眼鏡を外すとさらにグッド。

私はお使いモードが面倒で辛かったです。見つけられない物とか場所があったりして。まだ終わってません。1日の行動を決めるモードもあまり意味がないかなあ、と思いつつ、自分のパラメータが向上するのをニヤニヤ見てました。

少々はるさんが大正時代の使用人にあるまじき行動をしますが、ゲームって事でね、しょうがない。これくらい突拍子もない主人公じゃないと御曹司とのロマンスなんかスタートしませんよ。私が千富だったらこんな子即クビですよ。

大正時代の富裕層の設定のおかげで煌びやかなパーティーのシーンなどがあるのが素敵ですね。本当に華やかな一族でございます。背景など私の思っている大正時代そのものって感じで楽しめました。

心を折らずに進められれば素敵なエンディングが待っているので、ご兄弟の狼藉にめげずにプレイしましょう。 






戦場の円舞曲 感想

ネタバレありの感想です。今回はツッコミばかりで辛口になってしまうかも。すみません


waltz_180x150_tifalet.jpg



※「戦場の円舞曲」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社に帰属します。


戦場の円舞曲はアマゾンなどで評判がいいのと絵が綺麗なので買いました。

この作品は故郷を滅ぼされた少女が伝説の魔剣に選ばれる物語です。監視されるような形で軍師官学校に編入させられ国同士の争いに巻き込まれながら成長するビッグスケールのゲームです。

あらすじを読むとスケールの大きさにビビるんですが、いざ始まるとごく普通な学園ライフが待っているという、プレーヤーを戸惑わせるスタートを切ります。ハリウッド映画のような土砂降りで有刺鉄線の下を匍匐前進するような兵隊トレーニングを想像していた私はほのぼのした雰囲気に面食らってしまったのであります。多分そんな馬鹿な想像をしていなかったら買い食いデートなどももう少しときめく事が出来たのかと。いざ隣国との戦いになった時に国家がこの学校の生徒の力を頼りすぎなのも気になったな。ベテラン兵士の下で動くんじゃなくて学生だけの軍で行動してる感じ。なんか従軍してる時も遠足みたいだし。危機感がないっぽい?

私は一週目の共通パートを集中せずにこなしてしまってから話にのめり込めない地獄に入ってしまいましたね。こうなると二週目でも筋がいまいちつかめてないままになってしまいますから。それでいて既読スキップは発動させちゃうからもう表面的にしか理解出来なくなって。あーもったいない事をした。戦場の円舞曲を好きになれなかったのは自業自得です。一週目の共通パートを雑に扱わないというのが私にとっての教訓になりました。

一番いいと思ったキャラはティファレトでした。私はティファレトの浮世離れした雰囲気に持っていかれました。死にたいとか言ってる人を助けたくなっちゃうんですよ。面倒な奴ほど世話やきたくなってしまって。こまった性分です。彼も結局王族だったんですよね。これは読めなかったな。

アベルは見かけが好みですが、最後のいきなり敵国の王になるって所が衝撃でした。それで家臣が納得するんかい?って思っちゃって。

あと意外とラスティンが胸キュンシーンを提供したなあ。グイグイくるんですよ。

でもユリアナ、コレットなど魅力的な女性陣がいらっしゃるのに攻略キャラがランを好きになるっていうのがいまいち理解できなかったな。ユリアナかっこいいし、親切だし、コレットは可愛いし。私が男だったら向こうを選ぶのになあって思ってしまった。

このゲームは西洋の寄宿舎ライフを味わいながら攻略キャラ同士の剣試合を見てドキドキするのにもってこいのゲームでした。






三国恋戦記〜オトメの兵法!〜 感想

三国恋戦記のネタバレ感想です。


三国恋戦記~オトメの兵法!~

三国志の時代にタイムスリップした山田花ちゃんがなぜか諸葛孔明さんの弟子ということになり、魔法の本の力を借りて軍師として活躍するゲームです。図書館のシーンの選択肢によって他のキャラの弟子になるのかなと思ったけど、毎回孔明でした。これって雲長くん以外のルートで影響する何かがあるんだろうか?

主人公の山田花って名前誰のチョイスなんだろう。デフォルトすぎて一周回って潔い。でも名前呼んでくれないから変えちゃったけど。

このゲーム、絵がいまいち好みじゃないのでどうかなと思ったんですが、いざやり始めたら面白くてやめられなくなりました。軍師としてそれぞれの軍を勝利に導くのがワクワクするんですよ。みんなの役に立てるのが嬉しい!普段乙女ゲームは守られるか、一緒に物理的に戦う事が多いので参謀になるのは新鮮です。軍議に出席する時幾度か技量を試されます。軍議クイズ、私は映画レッドクリフを見た時に得た三国志トリビアだけで乗り切りました。ありがとう金城武様。

攻略キャラが多いので好きなルートも多いです。強いて言えば子龍くんルートと師匠ルートが私の中で一、二を争ってますかね。子龍くんルートでの師匠もいい味出してます。師匠ルートでのエンドロールには ううぅ、これで終わっちゃうの?って涙が出ちゃいましたよ。師匠と一緒にいたいのに、なんで本ペラペラしちゃうの!エンドロール中のモノローグみたいなので初めて師匠の行動の裏の考えがわかるんですよね。うまい演出です。エンドロールはどのルートも秀悦でスキップしなかったのはこのゲームくらい。子龍くんのもエンドロールのスタートが映画みたいで格好良かったです。

仲謀軍の公瑾様はスチルの美しさに参りました。普段のルックスがイマイチだから余計にね(失礼)。矢を集めてる時の彼は素敵でございます。公瑾様は一周目プレイ中に目指してないのにいつの間にかルート突入。あとで皆様の感想を読んでフラグクラッシャーとはこうゆうものかと学びました。花に誘われるミツバチのごとく、飛んで火に入る夏の虫、公瑾に引っかかる乙女たちです。

このゲームは色々なタイプの攻略キャラのルートがあるので自分の好みのタイプを探すのにいいんじゃないかな。乙女ゲーム初心者にも優しいゲームだと思います。

月影の鎖 ー錯乱パラノイアー 感想

ブログに拍手下さった方ありがとうございます!ブログの読者をしていた時はわからなかったんですけどすごい嬉しいですね。

今回もネタバレあり、言いたい放題の感想です。

月影の鎖 応援中!


月影の鎖 ー錯乱パラノイアーは小料理屋の女将をしている幸薄い未亡人のようなめぐみさんの奮闘記です。

このゲームのチャームポイントは乙女ゲームにあるまじき依存エンドですかね。普段他のゲームでは色々行動し、主人公たちはハッピーエンド目指して戦っていることが多いのですが依存エンドのめぐみさんは丸投げです。攻略キャラに頼って、物事が改善するのを待つ。私なんか楽したい質なのでこういうのウエルカムです。めぐみさんたらルートによっては家にこもりっぱなしですから。

このゲームの夢がない背景って乙女ゲームでは特殊ですよね。こんな不景気な村に住んでいて、おまけにそこにとどまる主人公なんて。。。島から抜け出れば色々な事が解決しそうだけど、彼女は逃げたくないんですよね。そこだけは前向き。

このゲームをしていると起きたいけど起きられない悪夢を見ている気分になれます。悪夢の中だと現実のように物事に対応できなくて何もかもがうまくいかないじゃないですか。ゲーム全体がそんな感じですね。嫌なことがあって、それにうまく対応できず、さらに状況が悪化する。何でも裏目に出てしまって、村八分にあって。あーつらい。でも里也くんが助けてくれるんだから我慢しますよね。

攻略キャラ一押しは里也くんです。年下キャラの外見ですが中身は違うんです。紳士で努力家で優しくて頼りになります。すごい親身になってくれる。こんなダメな女助けてくれてありがとうございます。里也くんルート拠点が花柳街に移ります。金魚のモチーフや片思いしている芸妓などが話を盛り上げてくれてさらによし。

神楽坂さんも良かったなあ。カリスマ性があってミステリアスで。包帯巻くの任せてください。

椎名くんは横顔のスチルの時の眼鏡が気になっちゃって。。。なんかゴーグルみたいに顔のカーブにぴったりくっついてるみたいでさ。

唐突ですが最終的に私が一番共感したのは市長さんかな。財政危機で、八方塞がり。色々解決策を考えるんだけどどれにも反対派がいて。政治家の苦悩を垣間見れる社会派乙女ゲームでもあるんすよ、月影の鎖は。この市長さんを助けて村を救うシミュレーションミニゲームとかやってみたいわ。どの産業を押すか決めて、市民の不満を最小にとどめて、バランス感覚求められます。最強の市長を目指そうぜ、、てさ。すみません。ニッチすぎます。






遙かなる時空の中で6 感想

今回もネタバレ感想です。



rudo kun 200200_05



ルードくんかわいいな。



私にとっては初めての遙かシリーズでしたがすんなり世界に溶け込めました。

タイムスリップしてパラレルワールドを龍神の神子となって救う。壮大な物語です。今回の設定は大正時代。ハイカラで素敵な時代を経験できます。地名は今と同じなので銀ブラしたり、御茶ノ水に行ったりするのが結構楽しい。

シリーズ初心者の私と梓ちゃんのいきなり時空移動させられてわけがわかってない状態がうまくシンクロした結果、難なくプレイできました。龍神の神子など、このシリーズの他のゲームをプレイしている方々には理解力が及ばないんだろうけど、ゲームを楽しむには十分遙か6の中の説明で足りました。いつかシリーズの他のゲームも挑戦したくなりました。

はじめに攻略したのはルードくん。彼は若いのに頼りになりますよね。攻略キャラを家政婦として雇いたいと思う日が来るとは思いませんでした。おまけに紳士だし、健気だし、言うことなしです。衝撃の刺繍ハンカチも喜んでくれる、、、本気で嫌がられるかと思ったからあれ。梓さん、ルードハーネくんの名前のアルファベットのイニシャルは選択肢になかったのかな。RかLか迷った挙句のカタカナチョイスとか?または大正時代だし南蛮の綴りは読めないかなとか悩んだ挙句の選択?色々な考察をしてしまう魅惑のハンカチです。

もう一つ存在感がものすごいプロップと言ったら有馬隊長の勲章ですね。有馬ルートの終盤に登場する勲章はプレーヤを椅子から転げ落ちさせるパワーを持ってましたね。指輪だと思うでしょう!あんなシチュエーション思わせぶりに勲章を渡すな!せめてボルトかポンデリング、なんでもいいから輪っかのものをお願いします。梓じゃなくても泣くよ。でも勲章のおかげでエンディングがよりドラマチックになり遥か6で一番好きなエンディングになったかな。とにかく隊長の優しい笑顔にメロメロです(特にコロッケをあげた時)。あんな顔されたら毎日有馬アイコンをクリックしてコロッケ持って行きたくなるわい。

ルード、有馬隊長と同じくらい私が気に入ったのは里谷さんですね。劇中に登場する小説読みたいんですけど。素敵な文章を書きますね。落ち着いていて、それでいて情熱的でデモのリーダーになる行動派なので大人の魅力満載です。声もいい。

恋愛イベント発生のタイミングを教えてくれるシステムがあるにもかかわらず何回も有馬隊長ルートに入れなかったり意外と苦戦しました。結構時間に余裕がないキャラと余裕なキャラと差がある気がしました。私は結構ミニゲームの戦闘にはまってしまったので余計に時間がなくなったのかな?RPGなどが好きな私は札のレベル上げに本気になってたなあ。満遍なくみんなのレベルを上げたいんですよ。だから行動も平等にする。そうすると恋愛イベントが発生しない。でも札のレベル上げは引き継ぎたいから何回やったルートでも終わらせる。なので時間がかかる。楽しいからオッケーなんですけどね。

敵の札集めは私のトロコンにストップをかけてます。これってランダムで発生するのかな?全部集めたいけど、どの札がかけてるのがよくわからなくて。そのうち全部集めたいな。

ちょっと気になったのは梓が鬼サイドと仲良くなるパートと帝国軍と仲良くなるパートが違うゲームみたいに分断されてた事かな。ダリウスなんて帝国軍サイドに行ったら全然会ってくれないし。お屋敷を去ったのはダリウス様を嫌いになったからじゃないんだよー。両方に正義があるからどっちを選ぶにも抵抗があるのをうまくプレイヤーに感じさせます。

とってもよく出来たゲームで遙かシリーズ初心者でも安心して楽しめる作品でした。






プロフィール

けーぴー

Author:けーぴー
乙女ゲームやめられません。
好き勝手にプレイ済みの乙女ゲームの感想書いてます。
ネタバレ感想ばかりです。

ブログ村

ブログ村参加してます。

カテゴリ

ブロとも申請フォーム