黒蝶のサイケデリカ 感想

ネタバレないように注意してるんですけど、気がつかずに書いてるかもしれないので、ご注意を。





※「黒蝶のサイケデリカ」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社に帰属します。


このゲーム暗いですね、画面が。でもストーリーにピッタリな絵だと思います。常に黒がベースで鮮やかな色彩が浮かび上がってステンドグラスみたいです。

始めはチンプンカンプンで(当たり前だけど)。出口がないお化け屋敷の様で、ホーンテッドマンションでもビビる私は夜にプレイするのが怖いぐらいでした。逃げたくても逃げられない感じが上手く表現されてました。

始めは脱出ゲームなのかなと思ったら、皆様重い物抱えてらっしゃる。。。


乙女ゲームってより謎解きゲームのような感覚で私は進めてました。ミステリー要素のある映画を観ている感じ。徐々に真実が明らかになっていくのがスッキリします。

チャートがあって履歴がよくわかって親切でした。行きたいルートじゃない方向に進んでいってるのがすぐわかるんで。ショートストーリーも一つ一つ別にアイコンがあるのでもう一回観たい時に便利です。

このゲームで松岡禎丞さんボイスにノックアウトされました。 どうやったらあんな可愛い声が出せるの?ダミボイスの私には不可解でございまする。ボイスのおかげでお気に入りも紋白くんです。石川ボイスも鳥さんも捨てがたいんですけどね。

紅百合ちゃん=自分っていうのはあまりなかったな。黒蝶のサイケデリカは乙女ゲームだと思ってプレイすると期待外れかもしれないけど、このジャンルをやったことがない人にも勧められそうなゲームです。私は楽しめました。 






プロフィール

けーぴー

Author:けーぴー
乙女ゲームやめられません。
好き勝手にプレイ済みの乙女ゲームの感想書いてます。
ネタバレ感想ばかりです。

ブログ村

ブログ村参加してます。

カテゴリ

月別アーカイブ

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11