おまけなんてあったんだ。

また懲りずに十三支の話ですみません。

昨日プレイし終わったのに懲りずに今日も十三支のスチルを眺めてたら、急に

『「おまけ」が追加されました』

って表示が出ました。

メニュー画面に行ったら確かに「おまけ」がある!(゚д゚)。


すぐ開けて観ましたよ。フフフフ。

トロコンしてすぐではなく次の日に出現したのが謎ですが、ゲームを起動して良かった。下手したらずっと気がつかなかったかもしれない(゚д゚)。

ファイナルニヤニヤして来ました(゚∀゚)。

さて、次は何のゲームにしようかな。

jyuza_v_tw4.png 







十三支演義 偃月三国伝2 感想

こんばんは。前回の記事に訪問、拍手、クリックありがとうございます(*^_^*)。十三支演義 偃月三国伝2終わりました。勿体無くてゆっくりプレイしたかったけど面白くてスローダウン出来なかった。FDだか続編だかよくわからないけど、今作の方が糖度が高めですね。顔はにやけっぱなしだったと思います。どのキャラのスチルも攻撃力高いです。私なんて何回見たかわかりません。1より切ない展開が多かった気がしました。キュンキュンしっぱなし。

このゲーム、どのルートも赤壁の戦いがメインになるのかなと思ってたけど違いました。行き先も展開も全く違ったルートがあって金太郎飴じゃなかった。バラエティに富んだシナリオでした。キャラによってはとんでもない展開が待ってましたが、この世界は猫耳族がいるので摩訶不思議展開もありかなと思いました。

十三支演義 偃月三国伝はシリアスな時代物と仲間内のコメディーっぽい要素がうまく混じった良作でした。薄桜鬼、百花百狼が好きな人に向いてるゲームかな。あと三国恋戦記の対のゲームとして是非プレイして欲しいです。


ではここからネタバレ感想です。

続きを読む

次は猫耳パート2

こんにちは。昨日の記事に訪問、コメントありがとうございます(*^_^*)。ところで、日本はオリンピック盛り上がってるのかな?

私が住んでる国は全然オリンピックはあまり話題になってません。暑いから冬のオリンピックって言われても皆ピンと来ないのかも。でも一応開会式は放送してました。私は結局最後まで観てしまった。トンガとソプラノ歌手とドローンが一番よかった。2年後の東京の開会式はどんな感じになるんでしょうね。楽しみ。

さて、十三支演義 偃月三国伝2始めました。十三支演義は2本ゲームが入っていてお得です。


jyuza_v_tw12.png 

こんなところに松岡ボイスキャラが。嬉しいね。



一番最初ににプレイしようとしたルートに攻略制限がかかっていてガッカリしましたが新キャラもいい味出してるんで攻略が楽しみです。

プレイして30分くらいで早速主人公が馬鹿馬鹿言われてるんだけど、本当にその通りなので言ってもらえてスッキリします(主人公が好きな方すみません)。1では読めない行動をする事が多かったのですが今作でも突っ走るのかな?強い主人公は嫌いじゃないんですけどね。RPGでレベル上げをしたいタイプのキャラです。

これはF Dじゃなくて続編だから、一人をのぞいて各自のルートで起こった事はなかった事になってるのかな。って事は趙雲ルートのニヤニヤ展開は全て幻??(゚д゚)ああ、無情。そう言えば夏侯惇も眼帯してない気がする。













十三支演義 偃月三国伝1 感想

こんばんは。前回の記事に遊びに来てくれてありがとうございます(*^_^*)。十三支演義 偃月三国伝1終わりました。結構あっという間でした。面白かった。

基本ノベルゲーム。たまに戦闘に介入するかしないかの選択を迫られます。CollarxMaliceのトリガーシステムみたいな攻撃のタイミング合わせもあります。でも滅多に登場しないし、ゆっくりなのでボタン操作は簡単です。

桃園システムと言う、国限定のショートストーリー集があるんですが、これを読破するのに難儀しました。桃園ページが表示されても数話しか開けられず、主人公が他の国に移動したらもう前の場所のストーリーは開けない。一人のルートでしか行かない国もあるので攻略中に全部読めず面倒です。桃園でセーブ出来ないし困りました(出来たかもしれないけど私は方法がわからなかった)。こまめにセーブしましょう。

このゲーム史実に忠実かどうかは私は詳しくないので全然わかりませんが、劉備軍の扱いがすごいので史実に忠実だったら逆にびっくりします。まさかこんなに翻弄されてないよね。

いろいろな国が登場し、主人公が何回も移動するので自分が引っ越してる訳でもないのに忙しい気分になりました。モノローグの時にバックに地図でもあったらもっと理解できたかも。

麗しいサブキャラが沢山出てくるのがグッド。

立ち絵は文句なしによろしいです。スチルは立ち絵に全然似てない時がありました。

ではここからネタバレありです。いつもと同様、言いたい放題。

















続きを読む

次はネコミミ三国志

こんにちは。前回の記事や前に書いた物に拍手や応援クリック、コメントまで本当にありがとうございます(*^_^*)。ブログはやっぱり楽しいですね。とても嬉しいです。

幻燈ロンド無事トロコンしました。章選択で第3章と第4章を何回もプレイして強敵が出る場所ばかり行ってたら終わりました。札は全部集められなかったけど、もう続けたくないのでやめます。札コンプトロフィーがなくてよかった。

調子も良くなったので新しいゲーム始めました。選んだのは十三支演義 偃月三国伝。一番最近買ったゲームです。今年の目標は古い待機ゲームを消化する事でしたが、全くダメですね。やっぱり最近買ったゲームをプレイしたくなっちゃいます。目標を『今年中に最低一本は無視していた積みゲーをプレイする』に変えようと思います(ハードル下げすぎ)。これなら達成出来る、、はず。

十三支演義 偃月三国伝はネコミミ設定が好みじゃないのでずっと買わないでいたのですが、冷徹曹操様をどうしても攻略したくなり思い切ってダウンロード版をゲットしました。

jyuza_v_tw5.png 
1周目は曹操様。ニヤニヤ。



買ってよかった。ストーリーがよろしいと、ネコミミなんて気にならなくなるんですね。新発見だ。

高めの声の遊佐さん張遼、元気なボイスの鈴村趙雲(アンニュイ汀先生ボイスに慣れてるからビックリ)など良さげなキャラ勢ぞろいです。

十三支演義 偃月三国伝1は三国恋戦記よりちょいと前の時代ですね。私の中の三国志情報は映画レッドクリフと三国恋戦記からしかないので沢山キャラが出てきて混乱しながらも楽しんでます。キャラの名前の横にフリガナがあってよかった。ありがとうオトメイト。

ところで先ほどプレイ中に『ミンチにしてやる!』というセリフが出てきて驚きましたが、中国はヨーロッパと陸で繋がってるのでミンチと言う言葉も伝わって来たのでしょう。気にせず楽しんできます。




プロフィール

けーぴー

Author:けーぴー
乙女ゲームやめられません。
好き勝手にプレイ済みの乙女ゲームの感想書いてます。
ネタバレ感想ばかりです。

ブログ村

ブログ村参加してます。

カテゴリ

ブロとも申請フォーム