死神と少女 感想

こんばんは。 前回の記事に拍手ありがとうございます。やっと死神と少女終わりました。もう3月になっちゃった。このペースじゃ積みゲー全然減りません。

ところで全然ゲームに関係のない話なのですが先日ツイッターで話題になっていた蘇を作ってみました。牛乳をひたすら煮詰めて水分を蒸発させて作るチーズみたいな食品。ミルクのケーキみたいで美味しいと書いてあって興味が湧いたので、賞味期限1日すぎた牛乳を使って作りました。

お味は牛乳をレンジでチンして出来るタンパク質の膜を固めた様な感じ。あまりにも美味しくなくて『蘇 まずい』と検索して同じ意見の人を探してました。やっぱり共感したいよね。ハハハ。古い牛乳だから不味かったのかもしれない。でも新しい牛乳を犠牲にしてまた作ろうとは思わんけど。

無駄な時間を過ごしましたが時代物の乙女ゲームで醍醐でバレンタインデーのお菓子を作って渡したなどのイベントの際に蘇みたいな微妙な食べ物を攻略キャラに食べさせたんだろうな。。。と考察出来る様になりました。意外な収穫。皆さん蘇を作るんだったらバターを作った方が美味しいです。ガラスの瓶に入れて振って作るやつ。疲れるけどとても美味しく出来るよ。って、書いたけどよく考えて見たらバター作るのには生クリームじゃないと駄目だった!!忘れてたゴメン。バターじゃ脂肪分が少なくて永遠にシェイクしてもバター出来ないよね。。。。

さて死神と少女の話に戻るんですが、このゲーム、私にはプレイがとてもノロノロペースになってしまうゲームでした。私はストーリーに何かしらの目的があるゲームじゃないとダメみたい。例えば敵を倒すとか優勝を目指す、犯人を探すみたいなタイプの目的。死神と少女は蒼の正体を探るゲームかなと初めは思ったんだけどそこにたどり着くまで普通の毎日を過ごすのでとっても眠くなった。色々ハプニングが起きるんだけど、なんだか核心には遠い出来事って感じでだらだら会話が続いて寝落ちがすごかった。私にはこういう繊細なセンチメンタルジャーニー系のゲームは向いてないらしい。

このゲームのいい所は隅々までプレイすればほとんどの謎は解明される事ですね。続編やFDを待たずにちょっとしたサブキャラの真相まで教えてくれるのは親切でした。その点ではスッキリ出来た。まだわからない事も沢山あるけどね。

ではここからネタバレ感想です。私には掴み所がないゲームだったので感想がぼんやりしちゃってます。

続きを読む

次のゲームは死神と少女。

こんばんは。前回の記事に拍手やコメント、本当にありがとうございます。感想を書き終わったあとの私の楽しみといえば攻略キャラ人気投票の結果を見る事。今回も公式サイトに載ってる順位を見に行ってきたのですが私の好みとは全然違う結果で愕然としました。大衆受けするキャラを好きになっちゃったと思ってたのに全然違った。

もう一つの楽しみは乙女ゲーブロガーさんの感想を読み漁る事なので、楽しく読ませていただきました。そこで気になったのがツリーピースの話。私は今回本編のハッピーエンドしか回収しなかったのですがツリーピースというサイドストーリー?後日談がすごく良いらしい(゚д゚)。これは勿体無いことをした。時間がある時読もうと思います。

次のゲーム、本当はバスタフェにしたかったのですが今週は忙しくて夜更かし出来ないので泣く泣く我慢。死神と少女を代わりにプレイする事にしました。オトメイト崩しの悲願はすっかり忘れてました。ハハハ。死神と少女はタクヨですよね。最近タクヨはいい具合に崩せてます。スイクラもプレイしたばかりだし。あとは月影の鎖の続編だけ。


死神と少女 応援中!この先輩、ちょっとしか出てきてないけど、今の所素っ気なくて最高。



スイクラみたいに暗い感じなのかな?今の所は淡々としていてドロドロ感はありませんね。序章(?)は主人公にボイスついてたのにいつの間にか無くなってる?なんでだろ。楽できるかと思ったけどちゃんと画面を見なきゃいけないみたい。残念。

主人公さんが淡白でまるでロボット。感情移入できなそうな感じです。私はバリバブルバリケードのヒバリちゃんくらいリアクションが大きい方が好きみたい。浮世離れしていて恋愛に興味なさそうな主人公がどういう感じで攻略キャラと仲良くなっていくのか興味あります。ん、なんだかオヤジっぽい思考。ハハハ。では死神の世界へ行ってまいります。


スイートクラウン 〜午前3時のオカシな道化師〜 感想

こんばんは。すっかりご無沙汰しちゃってましたがやっとスイクラ終わりました。

結構長いゲームだったな。。。私がどの攻略キャラも一周は自力でなにかしらのエンディングにたどり着かないと気が済まない人間なので余計クリアに時間が掛かってしまいました。調節するパラメーターが二つあると一気に難易度上がりますね。バランスが難しい。

あ、あともう一つ、スイクラには関係ないんですがリングフィットアドベンチャーを始めたので時間をそっちに取られてしまってるっていうのもあると思う。でも私はこのゲームを2、30分しか続けられないのでRPGの様にゲームの時間を全部費やさなくてもいいのがグッド(もっと運動を長く出来る様になりたいけど)。

ま、それはおいておいてスイクラ話に戻りますが全ルートの全エンディングをゲットしても何故かトロフィーがまだ40%で驚いてます(゚д゚)。こんなの初めて。そんなわけでトロフィーコンプは後回しにする事にして感想を書きに来ました。

このゲームはなんだかどんよりした曇り空のようなゲームでした。主人公の性格のせいかもしれないけどスカっとしないタイプのゲーム。とにかくうじうじしている時間が長い。でも真相はちゃんと明らかになるのでそちらの面でのモヤモヤはないかな。

攻略キャラの面々はよく乙女ゲームいるタイプって感じじゃなくて面白かったんだけど、残念ながら私の胸をキュンキュンさせるメンツは少なかったな。やっぱりほぼ全員が童顔だから?こういう謎が多いタイプのゲームは胸キュンイベントがおろそかになってしまうよね。それどころじゃないから。

思ってたよりも血しぶきが画面にバシャっとかかるシーンが多かったです。のんびりお茶をする乙女ゲーだと思ってプレイすると腰がぬけちゃいます。画面を手で覆いたくなる怖さですね。ハハハ。背景もホーンテッドマンションみたいだしほかにも沢山ビクッとさせる映像がありました。一人で夜プレイするのには向いてないかも。

攻略順、謎の少ない人からプレイするなら密原→久瀬か日ノ世(どちらが先でもよし)→古橋かな(白くしておきました)。攻略制限があってもいいかなと思うキャラが何人かいたな。でも始めに真相に近いキャラに当たって驚くのも面白いし本当に攻略順って悩ましい。

ではここからネタバレ感想です。






続きを読む

次のゲームは午前3時のお茶会。

こんにちは。前回の記事に拍手、コメントありがとうございます。なんともう12月。11月は1本も終わらせずに過ぎ去ってしまいました。積みゲーの勝利。12月はもう少し頑張りたい。せめて2本減らしたい。でも目標は低くがモットーなので1本にした方がいいかも。ハハハ。

次のゲームは最近買ったDL版のスイートクラウンにしました。オトメイト崩しを続けようと思ってたのにどうしてもプレイしたくなってしまった。

SWEET CLOWN ~午前三時のオカシな道化師~ (2015年7月発売予定) 応援中![ガート(CV:黒田崇矢)] この人の外見が一番好み。でもサブキャラだよね。いつもプレイ前に好きになるのはサブキャラだな。




能天気なバリバリの世界から一気におどろおどろしてる世界へ。私は耐えられるのだろうか。ちょっとしかプレイしてないのにもう怖くてしょうがない。

イラストレーターさんは月影の鎖と同じ人ですよね。かなり癖があるけど、このゲームの設定にはあってる気がする。幼い感じでメルヘンっぽいのにどことなくどよ〜んとしている絵柄(失礼)。独特だよね。色使いも暗いし。

攻略キャラの男性達、若くみえるのに声が低くてびっくり。小学生くらいにしか見えないけどティーンエージャーなのかな。

地味に困るのが私の名前覚えられない問題。喋ってる時のボックスに苗字しか表示されないのにお互いを下の名前で呼ぶのをやめてくれ。誰が誰に話してるのか全然わからない。。。

時時、色色とか人人とかに「々」←これを使わないのって何か意味があるのかな?すごく不思議なゲームです。

今の所わからない事だらけなので頭の中にハテナがいっぱい。早く怖いのを通り越してラブラブなイベントにたどり着きたいです。ではまた。

私立ベルばら学園 ~ベルサイユのばらRe*imagination~ 感想。

こんばんは。前回の記事に訪問や拍手、ありがとうございます。今日(日付変わっちゃったけど)無事、ベルばら学園終わりました。

ところでベルばらとは関係ない話なんですが、皆様はプレイ中ゲーム機をどうしてます?私は普段はベッドでゴロゴロ仰向けになり、両手でゲーム機を持ってプレイしてるんですが、食事中はテーブルに置いてオートモード(ノベルゲー限定)で両手をフリーにしてプレイしてます。

でもテーブルにゲーム機をフラットにテーブルに置くと画面が見にくいですよね。それで私はしょうがなく消しゴムを下に置いて斜めにしてました。摩擦力がある消しゴムはゲーム機の重さに負けず滑らないので周辺機器としては抜群。結構お気に入りアイテムでした。

こんな感じで消しゴムで満足していた私ですがスイッチ購入時にオフィシャルなスイッチスタンドを購入し、今回ベルばら学園と共にスタンドデビュー。消しゴムでは到達できなかった角度(ほぼ直角)も可能なので画面の字が読みやすくてとっても快適です。消しゴムも通常業務に専念する事が出来て幸せでしょう。

まあ、こんなくだらない周辺機器の話はやめにして、オトメイトの驚きの新作、ベルばら学園の話をしましょう。

ベルばら学園はオトメイトパーティーで発表された時、ベルばら好きな私でも心配になった企画でした。漫画を原作にするならもっと一般的なモダンな作品の方がいいんじゃないかなとハラハラ。不安もありましたがチャレンジャーなオトメイトさんに最後までついて行こうと決めた私は早めにベルばら学園を購入(まあ、楽しかった体験版に背中を押されたんですけどね)。

結局は買って大正解。泣いて笑ってキュンキュンして大忙しの2週間でした。

きちんと分岐した攻略キャラのルートでの恋愛を楽しむっていうよりはストーリーを楽しむゲームかな。主人公が攻略するルートの数と同じくらい他キャラカップリングルートがあるんで、そういうのが楽しめないタイプのプレイヤーには無理かも。

漫画を読んでいなくてもちゃんと楽しめそうだなと思いました。でも漫画を絶対読みたくなると思うんで覚悟してプレイしてください。

とにかく驚きの事件が多くて息をつく間もなかった。盛りすぎかって思うくらい色々起こりますが原作がしっかりしているからか主人公や他のキャラの人徳かはわかりませんが、全然気にならないで楽しめました。まさにベルばらマジック。

ベルばら学園は先入観を捨てて、体験版だけでもプレイしてもらいたいゲームです。とっても面白かったので。

ではここからネタバレ感想です。漫画のネタバレも入っちゃってると思うので、読んでない方は要注意です。

続きを読む

次のゲームはベルばら学園。

こんばんは。昨晩の記事に拍手やコメント本当にありがとうございます(*^_^*)。学園クラブってプレイした人あまりいないのかな?どうなんでしょう。やっぱり乙女ゲームと言えばオトメイトですかね。

体験版をプレイしてから待ちに待っていたベルばら学園。待機中におとなしく待っていられなかった私は学園クラブで手持ち無沙汰状態を乗り切る作戦を決行。案の定発売日までに終わる事が出来ませんでした(;_;)。ちゃんと皆さんの様にベルばら学園をすぐプレイ出来るようにスタンバイすればよかった。

そんなわけで数日出遅れてしまいましたが、やっとベルばら学園スタート地点に立つ事が出来ました。ワクワク。

私が今回ゲットしたのはダウンロード版。クリックしたらダウンロード時間が4時間って表示されてビックリ。あらかじめDLしておけばよかったなあと思ってたら一気に55分に短縮。最初の数字はなんだったんだ。驚いて損した。

berubara_banner7_2.pngダークホース明智君。ヴェリテのルイ16世は圏外からトップに躍り出る事が出来たのですが、こっちの陛下はどうなるのでしょう。すごくおとなしそう。
※「私立ベルばら学園 ~ベルサイユのばらRe*imagination~」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社に帰属します。


早くツイッターで皆さんの感想を読みたい。皆さんもう結構進んでますよね。攻略は結構スムーズなのかな?

私は発売日からすぐにゲームするのって初めてなんでそれも嬉しいですね。攻略サイト様なしでベルばら学園乗り切れるのだろうか。。。とりあえずオスカル様の世界へ行って参ります。

ベルばら学園体験版 感想

こんばんは。昨晩の記事に、訪問や拍手ありがとうございます。世界中の乙女ゲーマーさんもベルばら学園の体験版、プレイはお済みでしょうか。私はあっという間に終えてしまいました。そして今、感想を書きにブログへ戻って来ております。

ベルばら学園、一言で感想をまとめるなら「やっぱり買う」(感想になってない)。

さらに一行でこのゲームを表現するなら「このゲーム、ベルサイユのばらだと思ったらガラスの仮面」です(説明が昭和)。

とにかく面白くて一気にプレイしてしまったので、本体が売りに出されるのが楽しみです(なんかバラ売りのプラモデルみたいな言い方になっちゃったな)。

演劇部のお話なので熱血部活系ストーリーっぽく、コルダやプリンスオブストライドを彷彿とさせるんですが、このまま熱血路線を進み続けるのかはわからないですね。ベルばらモチーフのキャラクター、あくどいのかなと心配したのですが結構現代劇にすんなりと溶け込んでるし、素敵なキャラ達ばかりでいい感じでした。

主人公はおっちょこちょい系で憎めないタイプ。おバカでお荷物系かもしれないけど今の所は頑張り屋で他のキャラに任せっぱなしって感じではないのでグッドでした。

ベルサイユのばらを知ってる人なら、ああこの人が悪くなって行くのかな。。。ニヤニヤ、という楽しみ方が出来るし、知らなきゃ知らないで普通に学園物の乙女ゲームとして楽しめると思います。歴史的人物が登場する乙女ゲームを歴史を知らなくても楽しめるのと同じ感じ。まあ、私の個人的な意見ですけどね。

何より話のテンポが良くて、内容がわかりやすい。自信を持って体験版を配信したんだろうなあと思える出来でした。

褒めすぎて期待度を上げちゃうのも良くないのでとにかくスイッチを持っている方は体験版だけでもプレイしてみてくださいませ。

それではここからネタバレ感想です。プレイ時間が数時間の体験版なのでネタバレも何もないと思うんだけど、一応スペースを開けておくんでネタバレしたくない人はここからは読まないで下さいね。

続きを読む

積み崩し、ちょっとタンマで体験入学。

こんばんは。前回の記事へ訪問や拍手本当にありがとうございます。好き勝手書いた対アリFDの感想読んでもらえて恐縮です。

さて次のゲーム、本当は積みゲーを減らすべきなんですが、お友達からベルばら学園の体験版が出る情報を教えてくれたので、そちらをプレイしてみる事にしました。

何と言っても、こんなマニアックな題材、私くらいしか買わないんじゃないかと思うので、全力でサポートしたい所存であります。

ベルばらは以前ヴェリテブログでも書いたと思うんですが漫画を小学の頃から何十回も読んでるし、宝塚で慣れ親しんでいるのでまさに私の得意分野(唐突に自慢げ)。プチトリアノンもジェローデルもディアンヌもテニスコートの誓いもポリニャック夫人でも何でも覚えてるので聞いてください(脳みその無駄遣い)。とは言っても残念ながらヴェリテの製作陣の博識加減に比べたらペーペーですがちょっとは力になれると思います(誰も頼んでない)。

まあとにかく、ベルばらがテーマの乙女ゲームをプレイ出来るなんて感無量です。ところで私が観てた頃の宝塚って天海さんや真矢みきさんがまだ2番手の頃の大昔なので最近はどんな感じなんでしょう。


berubara_banner3_2.pngアンドレが眼鏡キャラ(゚д゚)。現代に置き換えたら知的キャラって言うよりはアルバイト三昧の貧乏学生って感じだったので意外です。
※「私立ベルばら学園 ~ベルサイユのばらRe*imagination~」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社に帰属します。


個人的には学園物でなく、オスカルが主人公のベルばらそのもののゲームで良かったのになと思うんですが、著作権とか色々あったのかな?それとも漫画では1人の殿方と結ばれるから複数のキャラのルートを作るのがしのびないとか?でも歴史物でそんなの平気でやっちゃってますよね。オスカルがフェルゼンを振り向かせるルートなんて燃えそうじゃないですか。ニヤニヤ。

衛藤晶というアランキャラが今一番気になります。どれくらいストーリーを引っ掻き回してくれるんでしょうか、この問題児は。眉毛の濃さも最高です。


スイッチで乙女ゲームをプレイするのは初なので嬉しいです。私もついに時代の波に乗ったな。フフフ。

ではベルローズ学園へ体験入学、行って来ます。





忍び、恋うつつ〜甘蜜花絵巻〜 ネタバレ感想

こんばんは。前回の記事に拍手やクリック、コメントありがとうございます。遙か6攻略中の皆様は静謐を無事に回収できたでしょうか。私は本日無事に忍恋FD終わらせる事が出来ました。このまま行けば平成が終わる前にもう1、2本はコンプ出来るかな。フフフ(急に強気)。

このFDは頭を使わずニコニコ、ニヤニヤ出来る良いゲームでした。前作で色々しでかしたキャラに対しての処罰が軽い気がするけど、ゲームだからまあいいか。忍恋の世界は優しい世界です。

FDは修練院2年か3年からスタートします。私はオリジナルメンバーの同級生ルートを一気にプレイして同じ様な展開ばかりで飽きちゃったので、先輩キャラや、真田先生、服部君、豊臣君ルートを間に挟むとちょうどいい感じに退屈せずにプレイできるんじゃないかな。

とにかく、忍恋FDは私にとって理想のFD。FDの見本になって欲しいくらいの作品ですね。共通ルートの延長戦のシナリオは最低限。各キャラのエンド後は激甘。どのキャラも性格の設定が本編からぶれいない。ちゃんとハッピーエンドのその後の描写もしてくれる。薄っぺらい内容だけど丁寧に作ってある(褒めてるんだか謎)。本編が好きな方は楽しめる作品だと思います。

ではここからキャラ別感想です。攻略した順番になってます。ネタバレもガンガン書いてます。



続きを読む

次のゲームは忍恋FD。

こんにちは。前回の殺し屋記事(無意味に物騒)に訪問や拍手、ありがとうございます。自分の感想を書いた後、恒例のネタバレ感想巡りに行って参りました。色々な意見があって面白かったな。楽しめたって書いてあるブログも結構あったのでホッとしました(ブロッコリーの社員でもないのに謎の心配をする私)。

次のゲームは短いと教えてもらった忍び、恋うつつ甘蜜花絵巻をセレクト。イチャイチャゲームを最近プレイしてないのでそっち方向にパラメーター振り切ってるゲームをプレイするのが楽しみ。何も考えないでプレイ出来るゲームもたまにはいいですね。

m2.jpg 蔵人、先生と穴山先輩が忍恋のお気に入りメンバーです。統一感のなさはこの際気にしないでください。
※「忍び、恋うつつ ― 雪月花恋絵巻 ―」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社に帰属します。



結構このゲームのメニュー画面でカーソルを動かす時の和風の効果音好きなんですよ。オトメイトの全ゲームで使って欲しいくらい。凄いスカッとする音だと思いません?永遠にメニュー画面でカチャカチャしていたくなります。

忍恋のサントラも結構気に入ってます。本編のラブラブシーンの曲(音楽鑑賞で調べたら「百花繚乱」って曲でした)がすごく好きだったので同じ曲が使われていて嬉しい。あああ、本編の切ないシーン思い出すわ。

先生と屋形船に乗って好きって告白された直後に「なんてね」って言われて胸が苦しくなった事もありました。今思い出すと先生はひどい大人だった。今回も大人気ない先生に振り回されるのでしょうか。。。ニヤニヤ。

蔵人ルートから始めて30分くらい経つのですがしょっぱなから激甘で笑ってしまった。そしてもうすでに先生が登場する度に選ばなかった後ろめたさで肩身が狭い。。。ごめんなさい、真田先生(;_;)。

コドリアがルパンゲーなら忍恋は先生ゲー。なので先生は最後に取っておきたいのですが、先生の眼力に耐えられるかな。いや、無理でしょう。でも出来るだけ耐えて見せます。では行ってきます。ニンニン。

プロフィール

けーぴー

Author:けーぴー
乙女ゲームやめられません。
好き勝手にプレイ済みの乙女ゲームの感想書いてます。
ネタバレ感想ばかりです。

ブログ村

ブログ村参加してます。

カテゴリ

月別アーカイブ

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11