花朧〜戦国伝乱奇〜 感想

おはようございます!花朧〜戦国伝乱奇〜が終わったので朝っぱらから感想書いてます。まずは前の記事にいいねクリックとコメント本当にありがとうございました(*^_^*)。母のブログは私の記事だけいいねが少なめでがっくりきております。妹に「自分の記事だといいねの数気になるよね!」と言われましたが本当にその通りです。また母に記事提供のリクエストをもらったら頑張ってみます。

では本題の花朧の感想へ。うーむ。良かった。意外に良かった。評判がイマイチっぽいのでちょっと買うのを躊躇してたんですけど購入して私には大正解でした。切ない展開多くて精神的に疲れたけど後悔はしていません。

ネタバレなしで感想を書いてこの作品の良さを伝えたいのですがネタバレなしは文章力がない私には難しい。。。でもこのゲームの良さを伝えたいので少しだけネタバレなし感想に挑戦するのでお付き合いくださいませ。

戦国時代に生まれた姫が自分の存在の意味を探すゲームって説明すればいいのかな。その過程で家臣や武将と助け合ったりしてるうちに仲良くなっていきます。

朧がプロットのメインになってるルートが多いこのゲーム、朧という妖怪の様な存在を受け入れられるかどうかで好き嫌いが分かれるかも。この要素のせいでファンタジー色強すぎになってるのかなと心配だったんですけど私には平気でした。自然に朧が話に練りこんであったし、沢山説明してくれるので置いてけぼりにはならず話についていけました。

お市は受け身って感じの主人公ではないし戦場に頻繁についていくのでそういう展開や主人公が嫌いな人にも合わないかも。彼女結構おてんばでたまにとんでもない行動を取る事がありますが世間知らずの姫って事でしょうがないかなと。そういうのがないと話が進まないしね。

内容が史実からかなりズレているので歴史好きの方はモヤモヤすると思います。お市が他の武将に嫁いでたらこうなってたのかなあと気軽に思える人は楽しめると思います。有名な武将との恋愛が楽しめるので戦国時代が好きという方にはオススメです。どのルートも全然違う展開になっていて飽きません。

なんだかオススメしてるんだかけなしてるんだかがわからない文章になってしまいました。これじゃあまずいのでここでネタバレなし感想は終わります。パーフェクトではないゲームですがちょっとでも面白そうと思った方にはプレイしてもらいたい作品です。





ではここからネタバレ感想です。

続きを読む

次は花朧で

こんばんは!まずは前の記事に拍手ありがとうございます!編集能力がなくてダラダラ長い文なのに呼んでもらえてとっても光栄です。

さて、最近時代物ばっかりだったので積んでおいたパッケージ版のピリオドキューブを次にプレイしようかなと思ってたんですけど、カード挿すのが面倒になってダウンロード版の花朧〜戦国伝乱奇〜をプレイする事にしました。まあ時代物が続いたって言っても時代が違うし、平気かな。

起動した時にロードするのが速いのがダウンロード版の良い所ですね。でもパッケージのイラスト見たりするのも好きだし(棚に並べて眺めるのも)、パッケージ版の方が安く買えることがあるのでどちらにするかいつも迷ってます。持ってるゲームは3/4位パッケージ版かな。

今の所、人間より化け狐の二匹とばかり話してる気がします。ディズニーのアニメに必ず出てくる話せる動物キャラ的ポジション?ジーニーみたいな?

愛きゃっちが全然ボワアアンと出てこないので表示オフにしちゃったのかなと思ってチェックしたけど、私が選択を失敗し続けてただけでした。ううむ、美しいお市がモテないまま終わらせてはいかんので好かれるように頑張っていきます。まさか百夜綴りみたいに三週間はかからない、よね。

プロフィール

けーぴー

Author:けーぴー
乙女ゲームやめられません。
好き勝手にプレイ済みの乙女ゲームの感想書いてます。
ネタバレ感想ばかりです。

ブログ村

ブログ村参加してます。

カテゴリ

月別アーカイブ

02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11