忍び、恋うつつ 〜雪月花恋絵巻〜 感想

ブログ始めてまだ一週間ほどなんですが、読み返すと私の文章とんでもなく暴力的ですね。ちょっとトーンダウンして行ってみたいと思います。ではネタバレありの感想、今回はこの作品です。Vita版プレイしました。


m2.jpg


※「忍び、恋うつつ ― 雪月花恋絵巻 ―」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社に帰属します。

忍者を目指す主人公とメロメロの術に怯える男子生徒達の成長ストーリってとこですかね。

胡散臭いメロメロの術もちゃんと裏付けがあって私は普通に納得してプレイしました。鍛錬も話にちゃんと練りこんであって取って付けた感じしなかった。

気になるって言ったら副理事長さんが何で始めにあった時にカエデさんをさらって金術のための血を採らないのかなあ、とか、先生のバレバレの変装とかでしたね。でもストーリーに期待してなかったので、他のシリアスが売りの作品より矛盾が気にならなかったな。学校が時代を感じさせない現代っぽさなのも、始めは違和感あったけどどうでもよくなりました。

最初にやったルートは蔵人で(見かけが好みで一番いいと思ったのを先にプレイしちゃうタイプなんで)捗ったんだけどそのあとの鎌清と咲助が少々退屈になり、大介、我来也で盛り返して、最後は先生でこの世界に没頭しました。カエデさんの謙虚さ故の相手の態度に対しての誤解から生まれるすれ違いがたまらんかったっす。胸が苦しくなりまくり。そういうシーンに出てくる曲がまたいい演出してくれてます。

我来也くんの事は全然わからなくて、終盤はおおおお!!!!って驚きの連続。みそっかす仲間の二人が図書室で過ごしてるのかわいすぎです。謎の南蛮かぶれもなぜか気にならないんです。

我来也くん直後にプレイした先生ルートは反対に生まれ変わりなのかなとか勘ぐってばかりの割にはあっさりそのままの正体だったな。先生もカエデのハートズタボロにしますよね。優しいんだけど突き放すって、大好きな設定やめてください。

Vita新規組は忠人意外は楽しめたな。忠人ルートは蔵人が可哀想で。。。秀虎様の男前ボイスを堪能させてもらい、半蔵くんにハラハラさせていただきました。荷車組には笑わせてもらいましたが私はゲームだけでもいいから楽をしたいと日頃思っているので、自分が荷車に乗りたかったです。カエデさん、苦労性だわ。。。

私にとってはトキメキを補充するのにこのゲームのスチルを見たり音楽を聴いたりしてます。メロメロの術にかけられた後の相手の動揺を見るのが癖になりますわ。

細かい所を気しない人にはオススメの胸キュンゲームです。 






プロフィール

けーぴー

Author:けーぴー
乙女ゲームやめられません。
好き勝手にプレイ済みの乙女ゲームの感想書いてます。
ネタバレ感想ばかりです。

ブログ村

ブログ村参加してます。

カテゴリ

月別アーカイブ

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11