ハイリゲンシュタットの歌 感想

こんばんは。前回の記事に拍手、クリックやコメントありがとうございます(゚∀゚)。本当に乙女ゲームと皆様のおかげで楽しい毎日を送る事が出来てます(*^_^*)。

今回はハイリゲンシュタットの歌の感想です。途中で飽きて、一昨年放置したドラクエIIIに浮気してしまったけど無事終わりました。ハイシュタのおかげでドラクエIIIも終わらせる事が出来たので感謝してます。ちなみに私のポリシーは乙女ゲームに飽きても出来るだけ他の乙女ゲームを始めない事です。それをしたら私は飽きた乙女ゲーに戻って来れなくなると思うから。でも昔放置した乙女ゲームや他のジャンルのゲームで一休みしてもオーケー(誰も聞いてない)。

ハイシュタは文化放送エクステンドさんの前作、サイドキックスとは全く違うタイプのゲームでした。期待がとてつもなく大きかったのでこのゲームには悪い事をしました。オトメイトさんだったらあまり期待しないから普通に楽しめたかもしれない(失礼)。

音楽家達の葛藤を乗り越える手助けをしながら相手が気になっていくシナリオ。私は音楽に詳しく無いので音楽家の苦悩とか専門的な事ばかり出てくるのかなと不安でしたが平気でした。家族愛などをテーマにしてるルートもあり、考えさせられます。殿方を攻略していくついでに徐々にこの町や攻略キャラ、自分自身の謎が解き明かされていきます。

音の喪失事件ってスランプに陥った音楽家の事を指してると思ってたら、そういう現実的な話じゃなくてファンタジーだった。独特な世界観。私には設定や展開が非現実的すぎて掴み所がないゲームという印象のまま終わりました。霧の中を進んでるみたいで、はっきりストーリーが見えない感じ?そしてふわふわしたまま終わっちゃった。

みんな宮廷衣装みたいなの着てるけど、設定は現代なんでしょうか。昭和っぽいダジャレがすごく多い。寒いギャグに最初の頃はゲンナリしてたんだけど、最後の方は慣れちゃってダジャレが出てこないと寂しくなりました。

私はアルシェ→ヴィッセ→ディー→ハルト→クラヴィアの順でプレイ。私はハルトを最後にした方が良かったかなとも思いました。公式のおすすめ順はあるんですかね。ここに書こうと思ってインターネット彷徨ったけど見つけられなかった。

システムは快適でエンド回収は今までプレイした乙女ゲームで一番簡単かも。親切設計でありがたかった。

サイドキックスっぽい作品を期待せずにこの作品だけを見てあげれば良かった(なんか攻略キャラのキザなセリフみたいだな)。そうすれば結構悪くないゲームだと思う。映画でもあるよね、同じ監督でも今回の作品は自分に合わないな〜って思う時。ハイシュタはそんなタイプのゲームでした。

ではここからネタバレ感想です。

続きを読む

次のゲームはハイリゲンシュタットの歌

こんばんは(゚∀゚)。前回の記事に遊びに来てくれてありがとうございます(*^_^*)。

さて、昨日は次のゲームを決めるためにパッケージ版をズラーっと並べて幸せな時間を過ごしました(゚∀゚)。すごく迷った。いや、普通迷うよね?迷わない?そういえば他のブロガーさん方はプレイプランを立ててらっしゃいますよね。私は決めておいても気が変わってしまうので長期のプランが立てないのです。

候補に上がったのは喧嘩番長乙女のFD、逢魔が刻、吉原彼岸花、クランクイン、そしてスチームプリズン。これらのパッケージを何回も手に取ったんですが結局ハイリゲンシュタットの歌に決めました。それにしても最近買ったのばかりプレイしたくなるのはダメですね。薄桜鬼シリーズは何ヶ月(何年?)放置されるのでしょうか。

ハイリゲンシュタットの歌は設定がヨーロッパっぽくて、音楽がテーマだしクリスマスにぴったりかなと思って選びました。この時期に鬱ゲーは避けたいなという思いもチョイスに影響してるんですが明るそうだけど暗かったりしてね。でも今の所はすごい和やか。会話がちょっと寒い気がします。このノリについていけるんだろうか。心配。

購入前に公式ウェブサイトのキャラクターページしかチェックしなかったので設定が想像と全く違って驚きました。パトカーが登場するからこれは現代の話なの?(゚д゚)すごく意外。いや、下調べしたプレイヤーはご存知でしたよね。リサーチ不足です。これから気をつけます。

気になるキャラは鈴村ボイスのクラヴィア。優しそうだけど豹変するのを期待。ハハハ。

img_180x150_05.jpg

いつもは真ん中キャラに興味ないんですがハルトも良さそうだ。


第一印象はサイドキックスの様な作りのゲームを想像してたから見かけが普通でびっくり。アナログ感が漂う感じ?(失礼)。これは文化放送エクステンドさんだからと期待しすぎたかな。とにかく音と彼を探しに行ってまいります。

それにしてもタイトルのカタカナが長くてむつかしい。短くするとハイシュタだっけ?なんだかスポーツ物みたいだね。


サイドキックス 感想

こんにちは。前回の記事に訪問、拍手本当にありがとうございます(*^_^*)。今回はSide Kicks! (サイドキックス)の感想です。

とんでもなく面白かった。心臓にきた。実は共通パートでご贔屓キャラが見つけられないし、1周目があまりにさっぱりしてて放棄しそうになったのですが、最後までプレイしてよかった。

乙女ゲームってどのルートも同じ様な展開で、最後の方に回したルートに新鮮味も何も感じなくなってしまう事があるのですが、サイドキックスはそれの反対。進めれば進めるほど面白くなっていく、脅威の右肩上がりゲームでした。

内容はアメリカンな刑事物。予知夢という不思議な能力を持つ主人公が特別捜査課にスカウトされ、同じ様に能力を持つ仲間達と一緒に事件を解決していく。一話完結っぽい流れだけど、どの事件もキャラの過去や街を悩ます凶悪事件に関係あったりするので全体が少しずつ見えてくる感じがとてもよかったです。

乙女ゲームの攻略キャラにしては皆さん外見が個性的。攻略するのに興味が湧かず困ったのですが、徐々に攻略キャラに愛着が湧いて来たので大丈夫でした(何様発言)。

私の説明が下手だから難しいんだけど、最近プレイしたゲームの中ではダントツの一番。でも乙女ゲームのカテゴリでは上位に食い込むが一番ではないって感じ。うーん、それより乙女ゲームとはまた違ったものみたいな印象?恋愛要素がオマケっぽいから?でもそれがサイドキックスのいい所でしょう。恋愛的切なさは少なくても他要素で大満足なんで。

システムは快適、所々にテレビドラマの前回のおさらいみたいなのが入っていてスタイリッシュです。ムービーも本格的だしとても洒落てる。刑事映画にしてポップコーン片手に観たい感じのゲームです。激おすすめ。


ではここからネタバレ感想です。長い。言いたい放題。すみません。

続きを読む

次はサイドキックス

こんばんは。ポウラスタの長い記事に訪問、拍手ありがとうございます(*^_^*)。そういえば今日からオトパですね。出演する声優さんのリストなどを見て、行かないのにワクワクしてます。今回も皆様の感想読むのがとても楽しみ。いつか参戦したいと思ってます。

次のゲームの選択、今回は迷わずこれで。大正時代の使用人を卒業して現代の警察署へ。サイドキックス。Side Kicks!って書いた方がいいのかな?どっちの書き方がメジャーなんだろう。わかりません。

ペースが速くて置いてかれ気味ですが楽しい。プレイし始めたばかりなのにもう良作の予感が。映像が綺麗で動くし次世代の乙女ゲーって感じです。

ダイナーの雰囲気とかすごい好き。ニューヨークぽくていいね。あ、でも西海岸なのか。町の真ん中にある建物ってサグラダツリー?なんだか平壌の巨大ホテルみたいで気になる。。。この建物、ストーリーに関わってくるのかな。

私の場合キャラの名前がカタカナだと覚えるのに時間がかかっちゃうんですが、このゲームは皆さん名前が短いから楽チンだ。遊佐さんが悪役のゲーム最近プレイしたからヒバリが怪しく思えちゃう。いや、もうみんな怪しい。乙女ゲームをプレイし始めてからどんなキャラでも疑う事を学ぶようになったな。困った。

珍しく女上司がおばあさんではなく素敵女子。千富様の枯れた顔もいいけどヤシロさんの様なキャラは乙女ゲーに少ないから嬉しい。ニルアドの朱鷺宮さんが出世したらこうなる感じですかね。格好いいなあ。

ではこれから事件解決に向かって進めます。

プロフィール

けーぴー

Author:けーぴー
乙女ゲームやめられません。
好き勝手にプレイ済みの乙女ゲームの感想書いてます。
ネタバレ感想ばかりです。

ブログ村

ブログ村参加してます。

カテゴリ

月別アーカイブ

01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11