遙かなる時空の中で3 Ultimate 感想 キャラランキングと総評  ネタバレあり

こんばんは。遙か3感想マラソンに付き合っていただけて嬉しいです。拍手やコメント、応援クリックなど本当にありがとうございます(*^_^*)。そしてすみません、今度こそ本当に遙か3最後の記事です(´・_・`)。ますます書きたいことだけ書きなぐってます🙊。


最後の画像は知盛様。ここから先はネタバレ感想です。
tw12.jpg 

続きを読む

遙かなる時空の中で 銀 知盛 泰衡感想 ネタバレあり

こんばんは。(*^_^*)。遙か3の記事に拍手や応援クリック本当にありがとうございます。コメントまでいただけてとっても嬉しいです(゚∀゚)。遙か感想、まだまだ続きます。

今回は銀、知盛、泰衡様。かなりクセのあるラインアップです。


泰衡様の絵の下からネタバレ感想スタートです。

tw01.jpg 

続きを読む

遙かなる時空の中で3 Ultimate 白龍 将臣 リズヴァーン感想 ネタバレあり

おはようございます(*^_^*)。ブログに遊びに来てくれてありがとうございます。遙か3の記事、第四弾。今回は白龍、将臣、リズ先生の三人のキャラ感想です。

三人とも一筋縄ではいかないルートでしたね。時空越えまくって彼らを幸せにしましたよ。



では影のある将臣くんの画像の下からがネタバレ感想です。私が選んだ遙か3の画像は横顔ばっかりですね。
tw02.jpg

続きを読む

遙かなる時空の中で3 Ultimate ヒノエ 九郎 景時感想 ネタバレあり

こんばんは。前回の感想記事に訪問や拍手、ありがとうございます。今回、民草はヒノエ、九郎義経、梶原景時の感想を書いてます。

ところで、今まで他のゲームでバカ、クズ、ゴミなどと呼ばれることに慣れてる私は遙か3の洗練された蔑みの言葉に感動しました。民草ってなんて雅やかな響きなんでしょう。民草。民草。教養がないので初めて聞きました。でもどうせならモブ貴族じゃなくて泰衡様や知盛に言われたかったな(重症)。


スチルだと美しさに磨きがかかる景時様の画像の下からがネタバレ感想です。
tw07.jpg

続きを読む

遙かなる時空の中で3 Ultimate 弁慶 敦盛 譲感想 ネタバレあり 

こんばんは(^-^)/。昨晩の記事に応援、拍手ありがとうございます。ネタバレなしの記事は布教用なんですが、どこまで書いていいのかわからなくて迷います。でも結局ダラダラ書いて長くなってしまう。

遙か3は攻略キャラがたくさんいるので感想を何回かに分ける事にしました。ここは最初に攻略した弁慶、敦盛、譲くんの感想です。残念ながらキャラを全員攻略するのに時間がかかってしまったのでこの子たちの記憶はもうすでに遠い昔の事の様です(゚д゚)。


ではここからネタバレ感想です。その前に、麗しい敦盛くんの絵をどうぞ。

tw08.jpg 


この三人は早い時点からずっと一緒に行動できるので、戦闘シーンでは大活躍でした。特に敦盛くんと弁慶様は大活躍でリズ先生と朔はずっとベンチウォーマー。トロコンの為に今は二人とも戦闘に参加してますが、リズ先生は特に仲間との絆がほぼゼロで大変です。


1番に攻略したのは弁慶。彼は私の好みの曲者タイプです(断言)。かくれんぼシーンなど弁慶様の好感度アップシーンは心臓に悪い。弁慶様素敵すぎだ。こういう余裕がある殿方との駆け引き楽しいです。コロッと騙されそうな神子様を朔が心配してる姿が目に浮かびます。

何考えてるかわからないし、腹黒そうだから終盤で神子を捕虜にして裏切る場面で本当に平家方についたのかと思いました。すっかり騙された(゚д゚)。船を燃やしちゃうシーンの弁慶もまさに軍師。格好いいです。この辺で初めて黒い弁慶の立ち絵が出て来た気がする。攻略キャラなのに悪人顔の立ち絵、珍しいです(それがいい)。

他ルートの弁慶殿は容赦ありません。感動的なシーンで感傷に浸っていても、次の戦場に行きましょうと冷静に告げられます。有能な参謀様ですが、乙女ゲームの雰囲気の時はもう少しゆっくり味わいたいっす。でも景時、将臣を完全に信頼していない所や、ボンボンの九郎をさりげなくサポートする彼は頼り甲斐があります。仕事が出来る男ってなんでこんなに魅力的なんだ。



敦盛くんは可愛いです。源狼GENROHで敦盛くんを攻略できなくて悲しかったから余計嬉しい。ニヤニヤ。鎖ぶら下げてるし、平家だから怨霊なのかなとちょっと思ったけど、まさかの中ボス。なるほど、だから森の中で倒れてたのかい。水虎をよく見ると鎖つけてるよ(゚д゚)全然気がつかなかった。でも怨霊設定なら源氏側につくのも納得できます。いやあ、本当によく練ってあるゲームだ。

敦盛くんは優しくするととても可愛い表情をしてくれます。ちょっと謙遜しすぎな所もあるけど、いい子です。熊野の本宮で手を繋いで入るシーンでの表情がたまりません。可愛すぎる(゚д゚)。そんな顔しちゃいけません(特に他人のルートで)。ちなみに彼の特技の横笛にはお世話になっております(現在進行形)。始めの頃はヒノエと景時の遁甲ばかり使ってたのになあ。



メガネ外すとすごい譲くん、幼馴染なのに先輩呼ばわりする律儀なタイプですね。始めは譲くんをサブキャラだと思ってました(地味だから。ゴメンよ譲くん)。でもこのサブキャラ結構顔いけるなと思ってたので一緒に過去を遡ってくれて嬉しかったです(公式サイトを見ろ、自分)。それにしても春日先輩、1周目から行動力ありすぎで現代を引きずってる譲くんは戸惑いを隠せません。常識人譲くんのツッコミがプレイヤーの心の声に思えました。攻略中は他キャラルートと比べるとお気の毒な片恋設定。譲くんが不憫でしょうがない。怒りの告白がなけりゃあのままずっと鈍感神子のままだったのかな。

先輩大好きすぎて、花を植えたり、ドリア作ってくれちゃうのが、申し訳ない。どれだけ尽くしてくれるんだ、君は(゚д゚)。朔にもバレバレです。ところで、私もチーズがない時代のドリア、食べてみたいです。

ところで、好感度を上げる選択肢って難しい時と、絶対コヤツはこっち方面で攻められるのが好きそうだなってのがすぐわかる時がありますよね。譲くんの場合は素直にお願いすると、『ずるいな先輩』って言いながら星がチャリンチャリン行くのがとっても可愛いです。ちょろいぞ後輩。

この三人の感想はこんな感じですかね。もっと思いついたら他のキャラの記事で書いちゃうかも。では次は残りの源氏軍キャラかな。

遙かなる時空の中で3Ultimate ネタバレなし 感想

こんばんは。お久しぶりです。ブログを更新してない間も訪問や拍手ありがとうございました(*^_^*)。

最後の更新から20日くらい経っちゃいました。やっと終わりました、遙か3。ただいま燃えカス状態です。トロコンはまだですが、これ以上ブログを放置すると億劫になっちゃいそうなので感想を書く事にしました。

ここでは極力ネタバレなしで書いてますが、公式サイトに載っている程度の情報は書いちゃってます。

tw05.jpg 

続きを読む

遙か3始めました

おはようございます。前回の記事に拍手そして応援ありがとうございます。いつも同じ事ばっかり冒頭に書いちゃってますが本当に嬉しく思ってます。

今日は次のゲームを始めましたって話だけを書きに来ました(゚∀゚)。内容のない話でございます。

今回はオススメしてくださったお方もいる事だし(ありがとうございます(*^_^*))、最近短めの乙女ゲームばかりだったので大作をプレイしたい気持ちが湧いて来て遙か3に決めました。

遙か3は発売直後のダウンロード版割引セールで買っておいたんですよ。(そういうキャンペーンあったよね?それともプレイステーションストアのセールかな。忘れた)。評判が良かったし遙か6と下天の華が好きな私には絶対合うと信じてリサーチ無しで購入。誰が攻略キャラかわからないでプレイするのって新鮮で最高ですね。サブキャラかなと思ったキャラが攻略キャラだとわかった時のニヤニヤは格別です(゚∀゚)。

ちょっと始めはレトロなメニュー画面や粗い戦闘シーンに戸惑ったけどすぐにへっちゃらになりました。むしろそういうのは前のままでいいからどんどん他のゲームもvita移植して欲しい(゚∀゚)。

埃でアナログスティックがおかしくなるのを防ぐために寝る直前はプレイしないマイルールを作ったんですが遙か3で破ってしまいました。地図のパートをウロウロして戦闘してレベル上げするの好きなんでやめられません。ルビーパーティのミニゲームはちゃんとゲームとして機能しているからやりこみ好きにはたまりません。早く主人公を強くしたいよう。









遙かなる時空の中で6幻燈ロンド 感想

こんにちは!前回の記事や前に書いた記事への拍手ありがとうございます(*^_^*)。遊びに来ていただけるのがとても嬉しいです。

幻燈ロンド、やっと終わった!と言ってもエンディングを全部見ただけでトロコンまで程遠いのですけど、力尽きたんで感想を書くことにしました。幻燈ロンドは本編のキャラが好きでもう一回恋愛過程をやり直したい人にはぴったりな作品です。他のメーカーさんのFDのように攻略キャラの過去の話とか新しい発見があまり無くて、既出の設定の中でキャラが動く感じですかね。


それではここから幻燈ロンドのネタバレ感想です。遙かなる時空の中で6本編のネタバレも入ってるかもしれないのでご注意を。

続きを読む

遙かなる時空の中で6 感想

今回もネタバレ感想です。



rudo kun 200200_05



ルードくんかわいいな。



私にとっては初めての遙かシリーズでしたがすんなり世界に溶け込めました。

タイムスリップしてパラレルワールドを龍神の神子となって救う。壮大な物語です。今回の設定は大正時代。ハイカラで素敵な時代を経験できます。地名は今と同じなので銀ブラしたり、御茶ノ水に行ったりするのが結構楽しい。

シリーズ初心者の私と梓ちゃんのいきなり時空移動させられてわけがわかってない状態がうまくシンクロした結果、難なくプレイできました。龍神の神子など、このシリーズの他のゲームをプレイしている方々には理解力が及ばないんだろうけど、ゲームを楽しむには十分遙か6の中の説明で足りました。いつかシリーズの他のゲームも挑戦したくなりました。

はじめに攻略したのはルードくん。彼は若いのに頼りになりますよね。攻略キャラを家政婦として雇いたいと思う日が来るとは思いませんでした。おまけに紳士だし、健気だし、言うことなしです。衝撃の刺繍ハンカチも喜んでくれる、、、本気で嫌がられるかと思ったからあれ。梓さん、ルードハーネくんの名前のアルファベットのイニシャルは選択肢になかったのかな。RかLか迷った挙句のカタカナチョイスとか?または大正時代だし南蛮の綴りは読めないかなとか悩んだ挙句の選択?色々な考察をしてしまう魅惑のハンカチです。

もう一つ存在感がものすごいプロップと言ったら有馬隊長の勲章ですね。有馬ルートの終盤に登場する勲章はプレーヤを椅子から転げ落ちさせるパワーを持ってましたね。指輪だと思うでしょう!あんなシチュエーション思わせぶりに勲章を渡すな!せめてボルトかポンデリング、なんでもいいから輪っかのものをお願いします。梓じゃなくても泣くよ。でも勲章のおかげでエンディングがよりドラマチックになり遥か6で一番好きなエンディングになったかな。とにかく隊長の優しい笑顔にメロメロです(特にコロッケをあげた時)。あんな顔されたら毎日有馬アイコンをクリックしてコロッケ持って行きたくなるわい。

ルード、有馬隊長と同じくらい私が気に入ったのは里谷さんですね。劇中に登場する小説読みたいんですけど。素敵な文章を書きますね。落ち着いていて、それでいて情熱的でデモのリーダーになる行動派なので大人の魅力満載です。声もいい。

恋愛イベント発生のタイミングを教えてくれるシステムがあるにもかかわらず何回も有馬隊長ルートに入れなかったり意外と苦戦しました。結構時間に余裕がないキャラと余裕なキャラと差がある気がしました。私は結構ミニゲームの戦闘にはまってしまったので余計に時間がなくなったのかな?RPGなどが好きな私は札のレベル上げに本気になってたなあ。満遍なくみんなのレベルを上げたいんですよ。だから行動も平等にする。そうすると恋愛イベントが発生しない。でも札のレベル上げは引き継ぎたいから何回やったルートでも終わらせる。なので時間がかかる。楽しいからオッケーなんですけどね。

敵の札集めは私のトロコンにストップをかけてます。これってランダムで発生するのかな?全部集めたいけど、どの札がかけてるのがよくわからなくて。そのうち全部集めたいな。

ちょっと気になったのは梓が鬼サイドと仲良くなるパートと帝国軍と仲良くなるパートが違うゲームみたいに分断されてた事かな。ダリウスなんて帝国軍サイドに行ったら全然会ってくれないし。お屋敷を去ったのはダリウス様を嫌いになったからじゃないんだよー。両方に正義があるからどっちを選ぶにも抵抗があるのをうまくプレイヤーに感じさせます。

とってもよく出来たゲームで遙かシリーズ初心者でも安心して楽しめる作品でした。






下天の華 with 夢灯り 愛蔵版: 夢灯り 感想

今回は下天の華の続編、夢灯りのネタバレ好き勝手感想です。


jizo.jpg




一押しの下天の華の続きなので感想も突っ走ってしまうかもしれない。でもそんな時こそ地蔵に変化で平常心。

もう一度兄様、蘭丸や師匠に会えるなんて、最高です。ゲームも期待に応える面白さでした。

前作から連投の武将達のストーリーは家康様以外はスムーズに話が繋がっている気がしました。家康くんは女性苦手に戻ってしまってるので、若干デジャブ感ありますが、優しい笑顔に免じて許してあげちゃいましょう。彼の見せ場は前作と同じく終盤ですね。伊賀方についてくれると言い切る彼は眩しすぎて。。。お礼に今後他のゲームでも絶対幕府方についてあげようと思ってしまうぐらいの男気です。

蘭丸は今回は正体を知っているのでマイナスからスタートのような雰囲気。でもこちらだってお花はいっぱい持ってるし、お香で攻撃しますから。嫌ってる時も好いている時もわかりやすい小姓は可愛いです。

両兵衛はさらっと攻略してしまったな。半兵衛が黒幕だったのは全然読めなかったけど、前回に比べると盛り上がりが欠ける展開でした。でも半兵衛は頭脳派で一周目ではわからない小細工が二周目から露見するのが面白かった。相変わらず兄様が犯人わかっても放置プレイ。本当に一芝居打つのが好きな兄様で桔梗は困っております。兄様あざといし、相変わらず素敵でございますね。からかわれても嫌味を言われても気にしません。何回でも雇ってください。

今回私好みの展開になったのは師匠と意外にも信長様かな。師匠は師弟関係、信長様は身分と乗り越える障害に葛藤する描写が一番多かったから。あーーもうじれったい!でもこれを求めてた!ハッピーエンドに向かって悩みまくろう!信長ルートでは悩むのはほたるちゃんだけど。

ミニゲームの神経衰弱も始めは千里眼でチミチミ連鎖を稼いでたんですが、慣れたら絶対マッチングを成功するタイミングでくないを放ち、12連鎖とかを成功させていい気になってました。連鎖できた時はスカっとしますよね。気分は凄腕のくノ一です。何回も遊んで城下のお花を刈りつくしちゃったと思います。私は一作目のミニゲームより楽しめた。

私は髪の毛をいじる兄様をまた見られるだけでもこのゲームを買う価値ありと思っていたので、大満足です。それに地蔵になれるゲームなんて滅多にないのでそれだけでもセールズポイントに、、ならないか。






プロフィール

けーぴー

Author:けーぴー
乙女ゲームやめられません。
好き勝手にプレイ済みの乙女ゲームの感想書いてます。
ネタバレ感想ばかりです。

ブログ村参加してます。

カテゴリ

月別アーカイブ

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11